VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

元日テレ宮崎宣子さん・40代で再婚「1回目と同じ式場でした」

日本テレビアナウンサーを経て現在はフリーアナウンサー、経営者としても活躍中の宮崎宣子さん。昨年には44歳で出産して育児に奮闘中です。ご自身は34歳で離婚を経験して、41歳で再婚。今だから振り返れる離婚したときの心境や、宮崎さんの結婚観までお話を伺いました。

2度目の結婚式も初婚と同じホテルで

──2度目の結婚生活はいかがでしょうか? ちなみに結婚式は1回目と同じウェスティンホテル東京で挙げられたとか。

そうなんです(笑)。最初の結婚と同じ会場は避けたいと思う人が多いと思うのですが、今の夫はそういうことを全然気にしないタイプで。むしろ、私の会社がウェスティンホテルさんとお取引きがあるという縁もあり、「せっかくなら恩返ししたほうがいいんじゃない?」「会いたい人を呼んで楽しく過ごそうよ」と促してくれました。当日はなかなか会えなくなっていた大学時代の友人や日テレ時代の先輩、後輩をはじめ、国内外からたくさんのゲストが来てくださったのでまるで同窓会のよう。みなさんのあたたかい気持ちがうれしく、思い出に残る一日になりました。

 

──現在のパートナーはどんな方ですか?

夫でもあり、親友のような存在でもあります。年齢差があるせいか、お互いに変なプライドがなくて。あと、彼は海外での生活が長かったので、「男性はこうあるべき、女性はこうあるべき」という感覚や決めつけがまったくないですね。帰宅したら、当たり前のように子どもの世話をして、お風呂を洗って、カレーなど料理を作ってくれます。できるほうがやればいい、という感じなので、気がラクですね。

 

初婚のときは“理想の家庭”を演じて空回りしたことも

──前回の結婚と比べると、気持ちの面などで違いはありますか?

そうですね、前回の結婚のときは若かったなと思います。私は「結婚とはこういうもの」という理想にこだわっていたような気がします。今振り返ると、相手に対してこんな伝え方や接し方をしておけばよかったって、思うことも多くあります。当時は本当にまだ若くて未熟で、大事なことに気づけませんでした。

──VERY読者にも、つい意地を張り合ってしまう30代夫婦が多いと思います。何か声をかけるとしたら?

いろいろな立場の方がいらっしゃると思うので一概には言えないのですが、私自身の場合は離婚を経験したことが結果として自分の成長につながっていると思います。自分の至らない部分やダメな部分から目をそらさずとことん向き合った時期があったから、今があると思っています。離婚は人生のなかでももっともキツい経験のひとつでしたが、今となっては元夫に対して感謝しかないです。初婚では相手に対する感謝や尊敬をもつ余裕がなく、そこが未熟だったなと。今の夫とは、感謝の気持ちなどお互いの思いをなるべく言葉にして伝えるようにしています。

初婚のときは、自分の弱さを見せられないことが何より自分を苦しめていた気もしていて。当時、元夫はすでに家を出ていて別居状態なのに、友だちが新居に来たときに夫婦で撮った写真を大あわてで飾ったりして言い出せませんでした。「素敵な新婚生活だね!」と褒められ「もう半分壊れているのに……」と余計に苦しんでいましたね。地方に住む親からも「親戚に離婚した人なんていないんだから」と言われたことも。当時は悩んで、愛犬が「もう疲れた!」と途中で立ち止まるほど夜中に何時間も散歩していました。でも、たくさん悩んだ結果ついに離婚してボロボロになったとき、友人や家族をはじめいろんな人たちが手を差し伸べて私を支えてくれました。今までのように自分を取り繕わずに、弱さや恥ずかしい部分までさらけ出したことで、気持ちがラクになったんです。結婚や離婚について「こうあるべき」という考えを捨てられたことは、プラスでしかないと思います。

 

結婚は“生もの”。大事に扱わないと傷んでしまう

──宮崎さんにとって、結婚とはどんなものですか?

結婚=幸せとは限らないって、まわりの人には言っています。経験を通して結婚は“生もの”だと思うようになりました。人間関係においてもちょっとした不用意な発言で瞬時に信用を失うこともあるじゃないですか。結婚して仲が良くても、その後絶縁状態になることもある。家族であっても二人の関係がどういう状態に変化するかわからないから、相手のことを大切に扱わないといけないと思うんです。結婚=永遠に続くたしかなものでは全くなくて、二人がどんなふうに関係を育んでいくか次第だなと。一番近くにいる人だからこそ大事にしなくてはいけない。そんなことに、2回目にして気づかされています。

 

──お子さんが20歳になったら、一緒にしてみたい夢はありますか?

息子が20歳のとき、私は64歳か……。ちょっと恥ずかしいんですけれど、今の夫と出会ったのがLAのセスナ機の搭乗体験だったんです。子どもが大きくなったら、3人でもう一度あのセスナに乗れたらいいなって思います。

あと、いつか息子と一緒に経営の話ができるようになれば楽しいだろうなって思いますね。会社を子どもに継いでほしいといった思いはまったくないのですが、逆に色々と教えて欲しいなと。大学院でも若い学生から学んでいるように、将来子どもといろんな話をしながら、年下の男友達のように食事をするのが夢です!

PROFILE

宮崎宣子(みやざき・のぶこ)

 


フリーアナウンサー。1979年生まれ、宮崎県出身。2012年に日本テレビを退社後、フリーアナウンサーとして活躍。現在、早稲田大学大学院経営管理研究科に在学中。オーガニックハーブによるボディケアブランド「EMARA(エマラ)」代表として、経営者とハーバルセラピストの顔ももつ。2021年に再婚し、昨年10月に第1子を出産。(@miyazaki_nobuko

撮影/秋山博紀 ヘア・メーク/高良まどか 取材・文/亀井ゆりこ

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)