VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ぐっち夫婦 すぐできてお酒も進むおつまみ「厚揚げたこ焼き」!

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて料理で解決できる!」75

 

SNSの総フォロワー数が100万を超える仲良し夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufu。YouTubeのチャンネル登録数も10万人を突破し、臨場感たっぷりの動画で、楽しく、わかりやすく、たくさんのレシピを発信中。
そんなふたりがVERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載です!

みなさん夏休み、本当にお疲れ様でした。みんなでプシュッと乾杯したい気持ちです。

今回は、そんな日のシュワっとした飲み物によく合う、あの粉ものおつまみ。そう、たこ焼きのヘルシーアレンジレシピです。たこ焼きって簡単そうで案外準備も焼くのも、後片付けも大変。そもそもたこ焼き器がおうちにない人も多いのでは? まだ残暑厳しい9月に鉄板に向かうのは結構辛いですよね。
このレシピなら、小麦粉を大豆におき変えられて、調理は鉄板ではなくトースターにおまかせ。準備も後片付けも簡単なので夕食の逸品や夜食にもおすすめです!

 

 

<今月のお悩み>

平日の夜、子どもが寝た後、夫と今日あったことを話しながらゆっくりお酒を飲むのが私たち夫婦のルーティンです。何かつまめるものを…と思いつつ、チーズとかナッツとかをそのまま食べちゃうのでちょっとだけ罪悪感。準備時間は極力短くて、ちょっとヘルシーで、お酒が進むおつまみ、ないですか?ちなみに夫はビール派、私はハイボール派です。

(37歳、7歳男の子ママ)

 

<今回の解決レシピ>

味は完全にたこ焼き!
グルテンフリーで

カロリーもダウンの
罪悪感なしヘルシーおつまみ

【材料(作りやすい分量)】

厚揚げ…2枚

ボイルタコ…100g

紅生姜…20g

ソース…適量

青のり…適量

マヨネーズ…適量

かつお節…4g

 

【作り方】

①厚揚げは一口大に切る。タコは粗みじん切りにする。紅生姜は刻む。

 

②トースターのプレートにホイルをひき、厚揚げ、タコをのせ、トースターでこんがりするまで焼く。

 

③こんがり焼けたら、紅生姜、ソース、青のり、マヨネーズ、かつお節をかける。

 

【POINT】

たこ焼き風おつまみは、厚揚げで作ってカロリーダウン。材料を切ったら、のせて焼いてトッピングするだけなので、すぐに食べられますよ♪ ササッと作って、夫婦の時間を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

<解決するのは…>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単にできちゃう栄養満点のレシピを次々発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方! なかよし夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ごはんがすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。

ついに!ぐっちさんが念願のクラフトビールの監修を!クラフトビール屋さんで働いていた経験を生かし、タカラスタンダードとコラボして、ペールエールとフルーツビールと黒ビールという個性豊かな3種を発売! 破棄されるはずだった規格外のお米やイチゴなども使用し、環境にも配慮した商品です。数量限定ECサイトのみでの販売ですのでぜひ二人のInstagram経由でチェックしてみてください! 今回のレシピにはペールエールの「スポルテッド ビーチ」が合いそうです♪

<今回のゆるっとアンサー>

晩酌の時間を確保するためにも

おつまみを作る時間はサクッとね♪

切って乗せるだけで味はもう

たこ焼きそのものです!

 

 

夫:SHINOさんは出産後でまだ飲めないけど、前は週末に二人でよく飲んでいたよね。

 

妻:いろいろ話しながら飲んでたね。そんなときにササッと作れるおつまみがあるといいよね。

 

夫:今回は厚揚げを使ったたこ焼き風のおつまみ! 厚揚げに刻んだタコをのせて焼いたら、紅生姜やソースをかけるだけだからすぐできるよ。

 

妻:味はまさにたこ焼きだよね! でも厚揚げを使っているから、たこ焼きよりはヘルシーに食べられるね。

 

夫:ビールやハイボールと合わせたい!

 

妻:いいね! お子さんのおかずにも喜ばれそうだね。

 

 

<ライターワタナベが作ってみた!>

「好きな食べ物は?」と聞かれたら、「たこ焼き!」と答えて、はや30年。幼いころのお祭りの屋台のたこ焼きに始まり、友人とのタコパ、就活で泣きながら駆け込んだフードコート、上京して”たこ焼きBAR”とやらで食べた若き日のほろ苦い思い出、大阪で食べたカリカリトロトロに感動した日‥‥‥たこ焼きひとつでたくさんの思い出がよみがえってくるほどの、たこ焼き好きです。でも最近はなかなか食べる機会が減ってしまっていて。これなら家でも気軽に熱々のたこ焼きの味を楽しめるので、冷凍たこ焼きや、コンビニのたこ焼きをやめて、こっちにシフトしよう!と思いました。厚揚げの表面が揚げたこ焼きのようなカリッとした食感になり、やめられないですよ♡

 

この企画を担当しているライター・ワタナベは8歳女の子・6歳と2歳の男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、5人暮らし。夏休みは終わったけれど、まだまだ夏は終わりません。9月に入ってからも、川辺へ出かける私たち。長女と長男は網で小魚を獲ることにハマり、2時間ほどで20匹もの魚を獲るまでの腕前に! その日は帰って唐揚げにして食卓に。息子はYouTubeの真似をして「命に感謝!」と言って手を合わせて食べていました(笑)

撮影/須藤敬一 取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)