VERY January 2023

VERY

January 2023

2022年12月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ぐっち夫婦 朝ごはんを幸せにする「ふわふわ納豆オムレツ」

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて料理で解決できる!」㊺

 

SNSの総フォロワー数が100万を超えるなかよし夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufuが、VERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載。

第45回目は、案外子どもたちも大好きな、“納豆”の変化球レシピが登場。朝食は納豆ごはんに決まっている!という声もよく聞きますが、今日はそこにひと手間くわえて、オムレツご飯に。休日の朝食や、在宅ワークのひとりご飯、なんなら夕食にだって活躍しそうな大満足レシピです。

 

<今月のお悩み>

頼れる納豆朝食だけど

たまにはアレンジレシピで

おいしい朝食に

変身させたい!

新生活の朝が大変!トーストか納豆卵かけごはんの2パターンだけで過ごしています。基本はこれでいいと思っているのですが、少し余裕のある休日は、ちょっと美味しい朝食が食べたいなと思うようになりました。なにかおすすめのアレンジレシピがあったら教えてください。(39歳・10歳男の子、4歳女の子ママ)

 

<今回の解決レシピ>

納豆卵かけごはんの具を

焼くだけで味一変!

簡単納豆オムレツの完成

【材料(4人分)】

納豆…2パック

卵…3個

カニカマ…2本

長ネギ…1/3本(子ども用には無しでも可)

あたたかいごはん…4膳分

油…小さじ1

【A】

添付のたれ…納豆2パック分

めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ1

塩…少々

 

【作り方】

①納豆を混ぜる。長ネギは斜め薄切りにし、水に5分ほどさらして、キッチンペーパーで水けを取る。カニカマは手でさく。

 

➁ボウルに卵を割り溶き、①、【A】を加えて混ぜ合わせる。

 

③小さめのフライパンに油をひいて中火で熱し、➁を流し入れて混ぜる。

 

➃底面が焼けてきたら、弱火にしてふたをする。好みの加減になるまで火を入れる。

 

【POINT】

納豆卵かけご飯に少しだけ手をかけた「納豆オムレツ丼」。納豆入り卵のふわとろ食感に、長ネギのシャキシャキ食感がアクセント。簡単に作れて、ご飯がたくさん食べられる一品です。小さいお子さん用には長ネギを除いても◎。

<解決するのは…>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単にできちゃう栄養満点のレシピを次々発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方!仲良し夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ご飯がすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。

ぐっち夫婦のInstagramのフィードには、清涼感のあるメニューや夏野菜がたくさん登場しはじめました。メニューや食材から夏がすぐそこまできていることを感じます。先日は生のズッキーニと生ハムにシンプルな調味料を和えただけのシンプルなサラダが登場。素材の良さを生かすっていいですよね。(しかも簡単!)冷たい麺類や薬味たっぷりのおかずを真似して、これからやってくるじめじめ梅雨や暑い夏を、美味しく乗り切りましょう!

<今回のゆるっとアンサー>
納豆になにかプラスするだけ

アレンジから一歩抜け出し

焼いてみるのも美味!

カニカマで彩りも◎

 

夫:朝ごはんはゆっくり作る時間がないから大変だよね。

 

妻:そうだね。それでもおいしくて体にいいものを食べて、元気に出かけたいよね。

 

夫:今回は納豆! 和風朝食の定番だね。

 

妻:のせるだけの納豆ごはんもいいけれど、卵でとじるだけでも特別感が出るよね。

 

夫:ネギとカニカマも入れて、栄養も彩りもアップするね。

 

妻:まとめて焼いてサーブするだけだから、作るのは楽ちん。少し時間がある日の朝に作ってみてほしいな。

 

<ライターワタナベが作ってみた!>

きゅうりやキムチ、オクラに海藻、さまざまな素材を納豆に足してきましたが、焼いたことはなかったです! 納豆の粘りが卵と合わさって、まろやかになったうえに、オムレツもふんわりと仕上がった気がします。ネギを水にさらしたことで、卵にしっかり火を通さなくても辛くなく、シャキシャキとしたちょうどよいアクセントになってご飯がすすむ! どこかで食べたことのある味と食感…と、記憶をたどると、“親子丼”だった! もう立派な丼メニューです。在宅ワークの納豆ごはんもちょっと味気ないな…という日にもぴったり。

セパレートタイプのフライパンで、お弁当のウインナーや、卵焼きを作りながら同時に作ったので、焼く手間も全然かからず、一瞬で焼き上がりました!

この企画を担当しているライター・ワタナベは7歳女の子・5歳と1歳の男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、5人暮らし。

新生活にも少しだけ慣れ、連休も過ぎ、ようやく通常運転ができるようになってきたと思ったら、もうサマースクールの予約が満席という情報に、ゾッとしているワーママです。

子どもたちもマスク生活から少しずつ解放され、盆踊りや夏祭りのポスターも見かけるようになりました。いつもなら当たり前の光景がとっても尊い。2年間の夏を取り返すかのように今年は思い切りプールや海で楽しみたいと思います!ぐっち夫婦と一緒にダイエットしようかな?!

 

取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明

▶こちらもチェック!

【運動会の「映えおにぎり」5選!】定番を簡単アップデート!食べ応えも◎

ぐっち夫婦 お弁当箱ごとチンしてタコライス弁当!

この記事もおすすめ

MAGAZINE

January 2023

January 2023

2022年12月7日発売

890円(税込)