VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

人気スタイリスト・金子綾さん“8年ぶりの出産”で変化したオシャレとは?

8年ぶりに出産をしたスタイリストの金子 綾さん。久しぶりのマタニティライフでは、ママのファッションや子育てグッズなど、取り巻く環境の進化に驚いたと言います。そんな金子さんの産後ファッションと最新子育てグッズについて聞きました!

こちらの記事も読まれています

▶︎【大人のためのJewelry Tips2】大ぶりジュエリーの重ね術

長女も夫も、もちろん私にとっても待望の赤ちゃん。今はとにかく長女には〝心〟を、赤ちゃんには〝目〟を向けながら過ごしています。私はフリーランスなので育休などの制度はないですが、34歳で長女を生んでからの30代後半、目まぐるしい勢いで仕事をしながらも、いずれもうひとり、とは思っていました。次女を妊娠するまでの7年間は、自分がこれからも働き続けるための土台を作る時間にできたかなと。夫婦共働きのVERY世代のママだって、例えば2人目を生む前にパパが子育てを共にしやすい会社に転職するとか、自分自身が会社員かフリーランスか考えるタイミングにしてみるなど、年の差きょうだいだと自分のキャリアデザインがしやすい面もあるのでは、と私は感じました。あと7年ぶりで驚いたのはSNSや子育てグッズなど、ママを取り巻く環境の進化! ママ友が本当にいないので(笑)、インスタで情報をひろったり、逆にフォロワーさんから子育てに関する質問がくるのも嬉しいですね。抱っこ紐は特に、長女のときより形状もブランドも選択肢が増えていて、子連れのオシャレの可能性にワクワクしているところです♡

ひさびさの産後ママファッションをSnap!

スカートは妊娠中に購入

仕事の時はオシャレのしどき
ニットや繊細素材ヒールブーツも解禁

仕事の時はオシャレの制限なく、着たいものを好きなように着ています。このLOEFFのスカートは産後に着ることを楽しみに妊娠中に購入したものです。

Knit / DRAWER
Skirt / LOEFF
Bag / CHANEL
Bag / THE ROW
Shoes / Maison Margiela
Earings / COUDRE

抱っこの日もモノトーン

赤ちゃんといる時は
肌触りも良く、洗えるカットソー一択

赤ちゃん抱っこの時はほぼカットソーしか着ていません。冬なら下にタートルニットを入れて、その上にカットソーを。ゼブラのバッグはディレクションしてるCOUDREで作ったパパも持てるママバッグ。軽くて畳めるのでかさばりません。

Turtleneck Sweater /Deuxieme Classe
Cut and sewn / LOEFF
Pants / Levi's (vintage)
Bag / Hermès
Tote Bag / COUDRE
Shoes / Maison Margiela
Earrings / COUDRE

ベビーグッズは第1子の時の教訓を踏まえて
厳選して更新!

おむつや着替えなど、リビングで使うお世話セットをまとめて入れるワゴンはIKEAで。ほっこりした赤ちゃんグッズを入れてもインテリアになじむように黒。

抱っこ紐はコニー。かぶるだけだから着脱しやすいし、つけっぱなしで作業できるのも便利。新生児から大活躍です。

Rinēの吸水ブラとショーツも買ってよかったものの一つ。こまめに母乳パッドを替える余裕のない時、ショーツは産褥期の終わり頃はこれで乗り切れました。

長女は他の色を使っていましたが、ツインが可愛いなと黒をお揃いで新調したストッケのチェア。

金子 綾さんの歳の差きょうだいママになった経緯や思いがこの一冊に!

妊婦本。自分らしくいつもどおり

金子綾・著(¥1,870・光文社刊)
VERYのカバーや特集をはじめ数々の女性誌で活躍し、圧倒的な人気を誇るスタイリスト・金子 綾さんの初のマタニティスタイルブックが4月20日、VERYから発売に! 41歳で2人目を妊娠、そして42歳で出産。マタニティ期のファッションや、頼りにしていたアイテム紹介をはじめ更新した育児グッズや自宅も公開!出産までの気持ちをつづったエッセイも必読です。

▶︎Amazonで購入

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy company〉 撮影ディレクション/杉浦由佳子 ヘア・メーク/加藤志穂〈PEACE MONKEY〉 取材・文/栗生果奈 編集/鈴木恵子
*VERY2022年5月号「年の差きょうだいでママも家族もハッピーを再発見♡」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載のシャネルのバッグは金子さんの私物です。ブティックへのお問合わせはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

FEATURE