VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

[料理代行、宅配クリーニングetc.]ママが“詰んだ”時、助けてくれるライフハック6選

家事に育児に仕事に…、突発的でトラブル満載なママ生活は、一歩間違うと「詰み」とも隣り合わせ。そんなとき救ってくれた心のお守りたちをチームVERYからご紹介します!

こちらの記事も読まれています

▶︎みんなの「買ってよかった家電」食卓編9選

\これで私のHPを回復!/

「もう、詰みそう…」
なとき頼りになったもの

 

家事が詰んだ!

1 カジタクの料理代行サービス

仕事のスケジュールが立て込み、家事が詰むことが予想されるときにあらかじめ作り置きをしてくれるカジタクに頼んで、おかずの作り置きをたくさん作っていただきました。冷凍できるもの多めでお願いしたら、時間がないときでもお米さえあれば手作りご飯が食べられる安心感がありました。(モデル 辻元 舞さん)

衛生調理の研修を受けたスタッフが来てくれる。スポットプラン1回¥13,420〜、定期プラン月1回¥9,900(2時間〜、別途交通費¥1,056)/カジタク

2 CaSyの料理代行サービス

双子妊娠中に切迫流産・早産になってしまい急に安静を言い渡されたときはCaSyの家事代行がとても助かりました。まだ夫の家事能力がついておらず、ご飯の準備がとても大変そうなのを見て作り置きを頼みました。事前にメニューも相談できるうえ、3時間で2人分なら1週間分くらいは作ってくれ、オプションで買物代行もお願いできました。私の周りの自宅安静友達にはみんなに紹介しています。(pippiz代表 石原佳乃さん)

スポット利用1回¥8,250、定期プラン週1回あたり¥7,227(ともに3時間・別途交通費¥700)/CaSy

3 Oisixのミールキット

送迎のはしごに追われる月曜日。仕事終わりに次男の幼稚園お迎えからの幼児教室、時間差で長男をプログラミング教室に送迎。やっと帰宅した19時過ぎにHP0でも、オイシックスのミールキット〝Kit Oisix〟なら材料や調味料を用意する手間がないから作れます!(ライター 里見友梨子さん)保育園後、子連れでスーパーという「あれ買って! これ欲しい」対応しながらの買物というストレス時間を過ごし、夕食作りをするのはきつすぎ&外食も最近は厳しいため、オイシックスのミールキットに頼りきり。作り方が簡単で手順も書いてあるので料理初心者パパにも任せられます!(ライター 上原奈緒さん)

VERYとのコラボサラダでも話題。材料はすべて切ってあり調味料も付属。キッズOKのものや火を使わない一品も。Kit Oisix2人分¥980※税抜き価格/Oisix

4 つくりおき.jpの週3食プラン

大人2名子ども2名の4人前3日分の主食、副菜を決まった曜日に届けてくれるサービス(週5食プランもあり)。余裕があればスープや味噌汁を作りますが、ご飯を炊いてワンプレートにするだけで夕食が完成するのが本当ありがたい。買物時間も節約できてフードロスもないし、5分で準備できます。(編集 H)

管理栄養士監修の4人分の主菜と副菜が毎週決まった曜日&時間に届く。登録はLINEで簡単。週3食プラン¥8,424、週5食プラン¥13,824/つくりおき.jp

5 the kindestの離乳食

余裕がなくていっぱいいっぱい、手作り離乳食のストックも切らしている…そんなときは、『離乳食は作らなくてもいいんです。』の著書、小児科医の工藤紀子先生監修の離乳食パウチのストックに頼っていました。栄養素も考慮されており、娘もよく食べるし、気負いなくレトルトに頼れました!(ライター 黒﨑梨緒さん)

ぱくぱく詰め合わせセット(10パウチ)¥7,539/the kindest

6 リネットのプレミアムサービス

多忙なとき、洗濯物をたたむのとアイロンが本当にストレス。それを一気にアウトソースすることで時間的にも気分的にも解放されたのが、アプリで頼める宅配クリーニングのリネット。早朝・深夜は1時間刻みでピックアップに来てくれて、最短で翌日自宅まで届けてくれる。オシャレ着洗い系を思い切ってぜーんぶここにお願いすることにしたら、本当に快適。きちんとしたい日、ぴんっとした服が着られるだけで幸せな気持ちに。アプリで宅配予約や進行確認、オプションメニュー選択もできて秀逸なサービス。(ライター 関城玲子さん)

プレミアム会員月会費¥429で¥1,900以上送料無料、無料染み抜きなど。23区など一部地域は翌日届くサービスや早朝深夜の預かりお届けも対応。ブラウス¥550、プリーツスカート¥1,030など/リネット

.

撮影/五十嵐 洋 取材・文/有馬美穂 編集/羽城麻子
*VERY2021年10月号「「もう、詰みそう…」なとき頼りになったもの」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE