VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ぐっち夫婦 火を使わない・レンジでできる「夏休みの豪華お昼ごはん」

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて料理で解決できる!」㉖

 

インスタフォロワー数が76万を超える仲良し夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufuが、VERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載。第26回目は、夏休みの毎日毎日続くランチ作りに疲労困憊中のママから、そうめんを茹でるのすら暑くて辛い……という声を聞いて、ぐっち夫婦は「作る側も涼しい」メニューを提案してくれました! お昼からちょっと豪華な気分も味わえて家族のテンションも上がるみんながハッピーな食卓の完成です♡

<今月のお悩み>

夏休みのお昼ご飯作りが拷問!

そうめんを茹でる暑さすらツラいから

涼しくて簡単、だけど家族も喜ぶ

メニューが知りたい!

暑い日のお昼ごはんが拷問です。しかも夏休みは毎日……在宅ワーク中のパパの分まで用意しなくてはいけません。料理しているうちからもう汗が止まらなくって。

家族は涼しくなれるそうめんを喜んでくれますが、作る側にとっては茹でるあの時間だって辛くって。そうめんに天ぷら、なんてリクエストされたらもう地獄!

火を使わずに、夏のお昼を乗り切る「私も涼しい」メニューはありませんか?(40歳 11歳女の子・7歳男の子ママ)

 

<今回の解決レシピ>

お刺身パックとめんつゆで

お手軽「海鮮丼」の完成です!

薬味や夏野菜をたっぷり添えたら

彩りも豊かで食欲をそそる!

【材料(2人分)】

あたたかいごはん…600g

刺身パック…1パック

オクラ…5~6本

大葉…2~3枚

刻み海苔…適量

白いりごま…小さじ1

すし酢…大さじ3

めんつゆ(2倍濃縮)…大さじ3

 

【作り方】

①袋などに、お刺身、めんつゆを入れて漬ける。

(30分ほど冷蔵庫で置いておく)

 

②オクラは塩茹でし、小口切りにする。大葉は千切りにする。(オクラは冷凍を使っても〇)

 

③あたたかいごはんに、すし酢を加えて混ぜ合わせる。

 

④器に③を盛り、ごま、海苔をかけ、①、②をのせる。

(大人用にはわさびを添えて。お好みで卵黄を落としても◎)

【POINT】

市販のお刺身パックを使って漬け丼にすれば、家族みんなが喜ぶごちそうに!

漬けてのせるだけなので簡単に作れます。今回はオクラを茹でて小口切りにしましたが、冷凍オクラを使えばさらに楽ちん!ツナマヨや卵を足して、さらにボリュームアップさせても◎です!

<解決するのは>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単にできちゃう栄養満点のレシピを次々と発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方! 仲良し夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ご飯がすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。

ぐっち夫婦のインスタで時々登場するデザート。食後の楽しみになりそうな、旬のフルーツ桃を使ったコンポートや、食卓のドリンクに出てきたらテンションが上がりそうな、自家製レモンスカッシュなど、食事を邪魔しないものが多くて、甘いものが得意じゃない人も試したくなるレシピがいっぱいです。その他、ホットケーキミックスを使ったアレンジメニューも多くて、夏休みの子どもと一緒に作るおやつにも最適ですよ♪

<今回のゆるっとアンサー>

漬けダレはめんつゆにおまかせ!

調味料を煮切る工程をカットして

お刺身の盛り合わせの彩りで

簡単に豪華な漬け丼の完成です

 

妻:夏はキッチンに立つのが本当に大変だよね。ただでさえ暑いのに、火を使ったらもう汗が止まらない!

 

夫:そうだよね!お昼ごはんは特に短時間でササッと作りたいよね。

 

妻:簡単なお昼ごはんといえばやっぱり丼はどうかな?

 

夫:お刺身で漬け丼はどう? お刺身のパックを使えば漬けておくだけで簡単だし、さっぱり食べられるよね。

 

妻:漬け丼にすれば、お刺身の量がちょっと少なくても、みんな満足できるよね。お酒を煮きったりする手間も省いて、今回はめんつゆだけで漬けこもう!

 

 

<ライターワタナベが作ってみた!>

買い出しのときからワクワク♪

子どもって案外お刺身好きですよね!

歓声が上がる楽しいランチができました♡

 

食卓に1品足したいときは、お刺身パック!と思っていましたが、ひと手間加えたら、こんなに美味しい、メインになる海鮮丼ができちゃうなんて、考えたことがなかったので、これはうれしいアイデアでした! 新鮮なお刺身パックなら、大葉や大根のツマ、海藻もなどもそのまま活用できちゃいそうですね。

野菜や卵など、ボリュームアップ術を使えば、お刺身1パックで豪華に見えるし、なによりテンションが上がります☆ 我が家のランチはどうしても麺が多くなって、タンパク質が少なめになりがちなのも悩みのタネでしたが、子たちの食欲もUP、「明日もこれがいい!」という声まで聞こえてうれしい限り♡

我が家の定番手抜きランチのローテーションメニューのひとつに入れたいと思います!

この企画を担当しているライター・ワタナベは5歳女の子・3歳と0歳の男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、5人暮らし。夏休みは緊急事態宣言で夏季保育も、イベントもなくなり、0歳児と2人の幼稚園児、在宅ワークの夫がいるカオスな家の中で、手抜き料理に磨きがかかる私と、外食もできずに食事に満足できない夫の週末料理の腕がどんどん上がっている一家です。私はまだまだ「簡単美味しい」「時短」「洗い物最小限」を追求します!

取材・文/渡邉里衛 編集/井上智明

▶こちらもチェック!

ぐっち夫婦「火も包丁も使わない」超簡単「肉も野菜もとれるおかず」

ぐっち夫婦 ダイエットに筋トレに「パサつかない鶏むね肉おかず」

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)