VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

前田敦子さん「子どものためにも踏ん張れない靴は履かなくなった」

10年前の東日本大震災は、不測の事態にも子どもを守れるようにとヒールをやめたり、会社に置き靴をしたり、ママたちの足元への意識を大きく変えるきっかけにもなりました。母となった今こそぺたんこ靴が欠かせない、という3人に、その想いを取材。今回は、前田敦子さんです。

前田敦子さん × GUCCIのローファー

オールインワン¥39,000(ミックスド ビジネス フォー RHC/RHC ロンハーマン)ピアス¥6,800 ブレスレット¥8,000 ネックレス¥275,000(サンメイア/ロンハーマン)リング右手人差し指¥8,000(フィリップ オーディベール/ビームス ハウス 丸の内)リング右手中指¥13,500(ルイーズ ダマス/マドモアゼル ロペ)プリンスタウンレザースリッパ¥92,000(グッチ/グッチ ジャパン)

 

「素足で履くのが好きなのでスリッパやかかとを踏んで履ける靴は大好物。グッチのスリッパはラクできちんと感も出せるので信頼する一足です。」

 

手を使わずに履ける靴が必須、なんて
お母さんになるまで思いつかなかった!


2歳になったばかりの息子はお出かけが大好き。玄関で靴を履かせたら、「早く出かけたい!」という気持ちが溢れた息子に急かされるので、自分の靴は、とにかく早く履けることが大事。丁寧に履かないと、と思う繊細な靴は時間がかかるので、スリッパタイプか、すぽっと履ける靴が重宝しています。まさか靴を履く数秒を追求する日が来るなんて想像もしていませんでした。

元々、仕事の時以外はほとんどヒールを履きませんでしたが、母になって、子どもの命を守るためにも、踏ん張れない靴はますます履かなくなりましたね。ただでさえ、よく転ぶのでぺたんこ以外考えられない(笑)。

スニーカーはある程度履き込めば自分の足に合う形になって、紐を外さなくても履けるようになります。最近通い出した保育園の送迎はスニーカー一択! このZARAのスニーカーは絶対に使える真っ白+パイソンの遊び心があるところが気に入ってオンラインで購入。グッチのスリッパは使い勝手が良くてリピート2足目。1足目はつま先もかかともボロボロになるまで履いて、最後はベランダ用にするほど愛用しました。手を使わずにすぐ履けると言えばこれからはビーサンの季節! 玄関には季節ごとのぺたんこ靴が常にスタンバイ状態です。

 

前田敦子さん × ZARAの白スニーカー

ツイードベスト¥34,000(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)シャツ¥17,000〈ミジョン パーク〉レザーパンツ¥25,000〈イロット〉(ともにザ・ウォール ショールーム)ピアス¥170,000〈サンメイア〉ネックレス¥350,000〈ミズキ〉(ともにロンハーマン)スニーカー/スタイリスト私物

 

「中がふわふわで履き心地が良く靴擦れ知らず。ZARAのスニーカーって優秀! 旬のデザインなので、履き潰すくらいそのシーズンにヘビロテ予定。」

 

【PROFILE】
俳優
前田敦子さん
AKB48卒業後は女優業を中心に映画、ドラマ、舞台にと幅広く活躍。

 

撮影/花盛友里 スタイリング/安藤真由美〈super continental〉 ヘア・メーク/高橋里帆〈Happy Star〉 取材・文/栗生果奈 撮影協力/伊波那津子 編集/太田彩子
*VERY2021年6月号「【大特集】決定!「ぺたんこ」上手な私たちの夏の足元大賞 PART2|母の覚悟と、それぞれのぺたんこ物語」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE