VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

桐谷美玲さん「夫とのお出かけ時は、スカートを楽しみたい」

VERY6月号に初登場してくださった、女優・タレントの桐谷美玲さん。昨年7月に第一子となる男の子を出産してママに。30代という節目を迎えた美玲さんですが、プライベートのお洋服がいつもオシャレと評判。今回は、本誌面ではスペースの都合で掲載し切れなかったインタビューをお届けします!

―― お子さんが生まれて、いかがですか?

以前はお休みの日なら12時間ぐらい寝てしまうこともあったけど、今は無理(笑)。朝になれば息子に強制的に起こされます。結構、夜泣きもある方で今でも4時間くらいで起こされるんですが、でも本当に好き嫌いなく食いしん坊でよく食べてくれるから、育児の悩みは少ない方なのかもしれませんね。

 

―― 出産後は、モデルのお仕事を中心にしているそうですね。

元々ファッションが大好きなので、たくさんのお洋服に触れられるモデルのお仕事を、今は楽しんでいますね。

 

―― お子様が生まれて、ファッションの変化はありましたか?

妊娠や子どもを理由に、あれも無理、これも無理って諦めたくないなって思っていて。だから、よだれが多かった時期も、自宅でおしゃれ着洗いで洗っちゃえばいいや! と気にしないようにしていました。さすがに易々とは家で洗えない一張羅を汚されちゃったときはヘコみますが、それもクリーニングに出せばいいんだ! って開き直ります。ただ、授乳中はワンピースを避けたり、スニーカーが増えたりと物理的なことはありました。

 

―― 実はVERYのこの号の大特集はペタンコがテーマなんです!

元々、中途半端なヒールより、高ヒールかペタンコのどちらか極端な方が好きで、出産後そのペタンコの登場回数が増えた感じですね。最近では、ビューティフルピープルやZARAのスニーカー、プラダのローファーを購入しました。今欲しいのはスポサン。可愛いペタンコが多くて、助かりますよね。まだ1歳になっていないから、これからいろいろ変わってくるのかな。公園遊びも始まるだろうし、特に男の子は歩き始めたら、追いかけたり大変そう!

 

撮影風景shot

―― 桐谷さんの変わらず好きなもの、そして今取り入れたいトレンドやアイテムはありますか?

先日、自宅のクローゼットを整理したんです。そうしたら、自分でもびっくりするくらい白と黒の服しかなくて! 色別に並べてみたのですが、白と黒がドーンドーンとあって、色物がチョロッと……。プライベートでは、モノトーンコーデが私のベースになってくると思います。でもこの春は、きれいな色を差したり、少し甘めの服もポイントで入れていきないなと思っています。

 

―― VERYでも乳幼児ママにモノトーンコーデは人気です。理由はベビーカーや抱っこ紐など、お出かけ時に必然的に携帯するようになるアイテムのふんわり感を、スタイリッシュに締めてくれるからのようで。

そうなんですね! そういう視点は今までなかったけど、確かに。

 

―― スエットアイテムも大好きだとか?

はい。部屋着っぽくだらしなくならないように、ちょっとモードに着るスエットコーデが好きですね。細身のスエットパンツに+ヒールのコーデは大好きな組み合わせ。トップスは逆で、バフッと大きめのフーディに着られる感じも好きです。

 

―― 子どもナシでお出かけすることはありますか?

たまにですが、両親に子どもを預けて、夫とショッピングや映画館に行ったり、レストランに行きます。そんなときは、ジュエリーをたくさん付けたり、普段パンツスタイルが多いからスカートも楽しみたいですね。先日、友人の結婚式に出席したんですよ。お仕事の衣装では着ることをあっても、昨年来そういうちゃんと着飾って出かけることって本当に少なくなっていて。でも久しぶりにお出かけ用のオシャレをしてみて、あーやっぱり楽しいなぁと思いました。

 

―― ジュエリーは今どんなものが気分ですか?

最近は、普段使いするなら華奢なジュエリーより、カッコいい存在感ある方が好きですね。

 

―― モノトーンの話もそうですが、世間の桐谷さんのイメージと違って、シンプルでマニッシュなものがお好きなんですね。

もちろん甘めの服もいいなと思うことがありますが、甘い一辺倒、可愛い一辺倒にならないようにしていますね。なんだか恥ずかしくって(笑)。

 

撮影風景shot

―― 普段ショッピングはよく行かれるんですか?

子どもが生まれてからは、もっぱらオンラインで買うことが多いですね。子どもが寝たあとにゆっくりと。

 

―― ファッションの話からは反れますが、やっぱり自分時間はなくなりました?

そうですね。コロナの影響もありますが、友人との外食は減って、家で食べることが多くなりました。子どもが寝たあとは、夫とネットフリックスを観たり。最近ハマっているのはアニメの『呪術廻戦』。鬼滅ブームに乗り遅れたので、このアニメは積極的に見ています(笑)

 

―― 最後にVERY読者にメッセージをいただけますか?

VERYは私もたびたび読んでいます。きれいでおしゃれなママさんがたくさん載っていますよね。子どもがいると何かと制限を受けることもありますが、私もオシャレを楽しんでいきたいです。

桐谷美玲さん登場企画の全編は本誌でチェックを♡

VERYの公式Instagram(@veryweb.jp)では、撮影オフ動画も公開予定!お楽しみ〜

 

▶︎あわせて読みたい

VERY2021年6月号発売!大特集は「決定!『ぺたんこ』上手な私たちの夏の足元大賞」

VERY6月号登場・前田敦子さんWEBオリジナルインタビュー「 ママだって仕事は大事!胸を張って復帰したい」

 

撮影/酒井貴生〈aosora〉 ヘア・メーク/paku☆chan〈Three PEACE〉 スタイリング/石関靖子 モデル/桐谷美玲 取材・文/嶺村真由子 編集/井上智明

【衣装クレジット】肩に掛けたトップス¥16,500(ロエフ/ロエフ 六本木店)スウェットパンツ¥17,600(LE PHIL/LE PHIL NEWoMan 新宿店)ピアス¥27,500(MODERN WEAVING/ショールーム セッション) バッグ¥319,000シューズ¥108,900(ともにサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン)

この記事もおすすめ

FEATURE