上野千鶴子さんに聞いた、VERY世代の「女の子だからお受験させる」発言の背景

2019.10.15

時々耳にする、VERY読者さんの発言が編集部で話題になりました。
「うちは女の子だから小学校受験をさせようと思って」。
ん? 女の子だから? 受験するもしないも選択肢。
なのに、つい、女の子「だから」と口をついてしまうことってありませんか?
「受験勉強でガツガツ勉強するより、のびのびと育ってほしいから、付属小学校を受験させた」。
「娘には『稼ぐ力』より『ある程度の学歴、学力』があって、『柔軟性や許容力』のようなものを身に付けてほしい」。
「女の子は、東大に入れなくても名の通ったランクの大学に入れれば御の字だと思っている自分がいる」。
「心のどこかで、女の子なら、バリキャリになるより良縁に恵まれる方がいいと思っている。」
これらはすべて、実際に都内在住ママたちから聞いた話。
VERY世代がついそう考えてしまうのはなぜなのか? 社会学者・上野千鶴子さんにお話を伺いました。

「“仕事してほしいけど、
女の幸せもつかんでほしい”
それを両方背負ったVERY世代は、
娘にこんな重荷は味わわせたくない。
そう伝わってきたわ。」

2019/10/uenochizuko02.jpg

――「うちは女の子だから小学校受験をさせようと思って」。自身は学生時代に勉強を頑張っていたり、いま、仕事をバリバリやっていたり、“男女の平等”に人一倍敏感なはずのママたちからも、自分の子どものこととなると「男の子だから」「女の子だから」というフレーズが発せられることが気になります。

 このアンケート回答を読んでいると、娘にも学歴は必要としながらも「女の子は勝ち抜く力より、情操教育に重きを置きたい」、男性に負けずバリバリ働く女性をかっこいいと認めつつ、「自分の娘にはそこまでは求めない」というママが多いようね。きっとあなたたち世代は恵まれている分、大変な世代なのね。疲れてしまっている感じが伝わってくる。

――「恵まれている分、大変な世代」とはどういうことでしょうか?

 あなたたちの母親が若い頃は、女が働こうとしたら「結婚は無理」、結婚したら「仕事を続けるのは無理」ってどちらかは自動的に免除されたのよ。でも今、あなたたちへの期待は二重負担。母親たち世代は、娘に「男性と同じように働いてほしい」「でも女の幸せもつかんでほしい」「片方だけじゃ一人前じゃない」って。だから、疲れたあなたたちは、自分の娘たちには「こんなに疲れる人生は、送らなくてもいいのではないか」と思っているのじゃないかしら。
古い価値観というより、世代が一巡してまわってきたツケね。「女向きの人生」、それは頑張らなくてもいい人生。でもきっと息子にはそんなこと言わないわよね。

―― たしかに私たちの母親の時代とは大きく違いますよね。

 あなたたちの母親の世代(現在65歳前後) の女子の大学進学率は約8%だったの(*参考統計①)。その一方、結婚適齢期での既婚率は非常に高くて(*参考統計②)、無業率も高い。既婚女性が働く受け皿が社会になかったのね。企業が受け入れてくれるのは結婚までの腰掛けか子育て後のパートのおばさん。もしこの人が男性と同じように働いていたら、夫より活躍したかもしれないという力量のある主婦を山ほど見てきたわ。ところが、社会が変わり、雇用機会均等法ができた。ならばと、母の果たされなかった望みが、娘への期待となって肩にのしかかった。まずは教育投資をして、学歴をつけさせた。女も企業に入れる時代になったしね。そして元気な祖母たちが孫の教育にしゃしゃり出てくるようになったのも、また現代の特徴ね。

  • 参考統計1

    参考統計1

  • 参考統計2

    参考統計2

次のページ>>>
「結婚が盤石だと思っているあなたたちが不思議だわ」

PICK UP

  • 2019.11.06

    VERY2019年12月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.10.29

    VERY読者限定「ブシュロン」 ホリデースペシャルイベント開…

  • 2019.11.07

    ジュエリーみたいに〝Tiffany Watch〟

  • 2019.11.07

    ジュエリーを超えた楽しみ方を教えてくれました〝COCO CR…

  • 2019.11.07

    うれしい!たのしい!大好き♡COACHのお出かけBAG

  • 2019.11.07

    おうちで家事しながらママの「毎日コート」、見つかります!

FEATURE

PICK UP

  • 2019.11.06

    VERY2019年12月号、発売!

  • 2019.11.06

    【全文掲載】滝沢眞規子さんVERYを卒業「今までと、これから…

  • 2019.10.29

    VERY読者限定「ブシュロン」 ホリデースペシャルイベント開…

  • 2019.11.07

    ジュエリーみたいに〝Tiffany Watch〟

  • 2019.11.07

    ジュエリーを超えた楽しみ方を教えてくれました〝COCO CR…

  • 2019.11.07

    うれしい!たのしい!大好き♡COACHのお出かけBAG

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE