VERY January 2023

VERY

January 2023

2022年12月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

「BoTトーク」が話題! 最新 子ども用「見守りGPS」おすすめTOP 5

携帯電話やスマートフォンは学校で禁止されている人も多く、子どもたちの通学の見守り手段のひとつとして「見守りGPS」を利用しているという人が増えてきました。そこで、VERYでは、読者さんに「見守りGPS」&「キッズ携帯」の現状についてのアンケートを実施。約650名さまからのアンケート結果(2022年6月3日現在)をまとめてみました。

「見守りGPS」&「キッズ携帯」使っていますか?

 

Q.1   「見守りGPS」「キッズ用携帯」どちらを使っていますか? 

「見守りGPS」を使用しているご家庭が「キッズ携帯」よりも少しだけ上回っていました。

 

Q.2   子どもが何歳の時から使用していますか?

6、7歳以降に持たせた、とお答えの方が80%以上。小学校入学を機に、という人が多いようです。

 

Q.3   スマートフォンは子どもがいくつになったら持たせる予定ですか?(持たせましたか?)

スマートフォンを持たせるタイミングは、中学生からがいちばん多く、中学校入学が大きなきっかけになるようでした。

 

VERY読者に人気の「見守りGPS」 ベスト5はこれ

アンケートにお答えくださった読者さんたちが実際ご使用になっている、「見守りGPS」の人気の機種と価格なども調査してみました! そろそろ「見守りGPS」を、という方、ぜひ参考にしてみてください。

GPS BoT

発売中の見守りGPSで唯一、子どもが普段行かない場所に行くと自動で保護者のスマホへ通知。自宅や学校、習い事など、よく行く場所を自動で学び、その場所を登録すると、到着・出発を自動でお知らせ。 最新の現在地はもちろん、一日の移動履歴をわかりやすく線で表示してくれます。
本体価格¥5,280  月額料金¥528/月

 

みてねみまもりGPS

発売中の見守りGPSの中でいちばんの長持ちバッテリー! 省電力モードに変更すれば、1回の充電で最大2カ月使用可能。1日の歩数や移動履歴も保存できます。
本体価格¥5,280  月額料金¥528/月

 

みもりGPS

保護者から子どもへ音声を録音・送信できる機能搭載!危険エリア情報&不審者情報と連携して危ない場所では音声で子どもの安全を守ります。
本体価格 ¥8,580  月額料金¥748/月

 

ミマモルメGPSサービス

登下校ミマモルメ(※1)との併用でさらに安心。登下校ミマモルメの「ICタグ」と一緒に「GPS端末」を携帯することで、セーフティゾーンである学校への出入りをより確実に見守り可能です。
本体価格¥6,380  月額料金¥528/月

※1 登下校ミマモルメの詳細
有料サービス(登下校ミマモルメ、まちなかミマモルメ、改札ミマモルメ)を1つ以上ご契約すれば、GPS端末をご購入できます(一部学校を除く)。

 

まもサーチ

過去90日前まで、子どもが通った経路の検索が可能。まもサーチ本体のボタンを3秒間長押しすると子どもから保護者へ居場所を通知します。
本体価格¥5,980  月額料金¥528/月、もしくは年額 ¥5,500

※ すべて編集部調べ。契約内容に関しては、キャンペーンなどによって変動することもあるので、詳細は、各サイトにてご確認ください。

 

ちなみに、使っている「キッズ携帯」を聞いたところ、docomo、ソフトバンク、auがほとんど! 支払いや互換性を考え、親のキャリアに合わせている人が多いようでした。

 

VERY読者人気No.1の「見守りGPS」にトーク機能がプラス!

数あるGPSの中でも読者やチームVERYの間でも話題&人気だったのが「GPS BoT」。なんとこの春、音声メッセージが送り合える機能が付いた「BoTトーク」が新登場し、さらに便利になったのをご存知ですか? 予約待ちになるほど人気という噂を聞きつけ、その魅力も調べてきました。

従来のGPS機能だけでなく、保護者と子どもの間で音声メッセージの送受信をする機能がプラス!

 

もちろん高精度GPS機能も健在

自宅や学校、習い事などよく行く場所を「通知スポット」として登録すると、到着・出発をプッシュ通知! さらにAIが子どもの生活パターンを学習し、普段行かないところに行くと保護者のスマホに自動でお知らせしてくれます。

 

最新「BoTトーク」はここがいい!

 

 GPS機能はそのままに、コミュニケーションが取れる!

BoTトーク」は、親と子ども両方からのコミュニケーションが簡単に取り合えるように進化。

子どもが「BoTトーク」に録音すると、保護者のスマホのチャット画面にメッセージが。またメッセージを子どもが再生するとスマホ画面に既読が付くので「ちゃんと聞いているかしら?」という不安もなし。複数登録できるので、祖父母などみんなで見守ることができます。

 

✔︎ 操作も簡単なシンプル機能

保護者は、スマホのアプリ画面に音声を録音します。

子どもは「BoTトーク」の中央にあるボタンを長押しすると録音、クリックすると親からのメッセージを聞くことができます。

 

✔︎ 音声は送り放題! 定額料金で安心

なんと音声メッセージの送受信は制限なし。企画側の、課金制だと「お金がかかるから……」と声を送ることをためらう気持ちが生まれ、コミュニケーション機能の意味がないという考えから、定額制が実現したそう。

 

「BoTトーク」を早速買ったママたちの声

“子ども用のGPSを使うのは初めてで、4月末から「BoTトーク」を使用。この4月から娘が小学生になり、親の同伴なくお友達同士で出かける事になった時などを想定し、GPSの購入を検討し始めました。その中で「BoTトーク」を選んだ理由は、居場所を確認できる安心感だけでなく、声でメッセージを送り合えると便利そうと思ったから。使い始めてまだ数週間程で、居場所を確認するGPSとしての機能は活用できていますが、学校まで徒歩10分と近いため、トークは使う機会はほとんどありません(笑)。でも何かトラブルが起きた時にトーク機能が活用できるという安心感があります。また、娘はランドセルに入れているとメッセージに気づかないこともあるため、近日発売予定という、首からぶら下げられるアクセサリーの購入を考えています。”
岡本ともこさん(46歳)ひなさん(7歳)

“現在小学3年生の長男が入学のタイミングから、旧世代の「GPS BoT」を使用しており、次男が小学校入学した、今年の4月から「BoTトーク」を使用し始めました。次男は体力がなく、帰宅時の電車で寝過ごしてしまうことを想定し、こちらから呼びかけられるものをと思い、購入を決めました。寝てしまった場合は(地下鉄内は電車の音に負けてしまい)全く耳に届かないようですが、『今日は僕寝てないよ』というメッセージを届けてくれて安心したり、『電車で座らないでね』という念押しをしたり、届けたい声が送れるのはいいなと思っています。また、いつもとは違う待ち合わせなど、朝伝えても忘れてしまいそうな時の再確認などに役立っています。私も早く別売りストラップが欲しいのと、BoT側の着信音の音量調節ができるといいなと思います。”
鈴木礼佳さん(8歳) 士温くん(6歳)

 

「BoTトーク」の知りたいことQ&A

Q.1 費用はどれくらいかかるの?

A.1 本体価格¥7,480 月額料金¥748
音声メッセージ送受信の制限もなく、複数人で見守っても追加費用なし。

 

Q.2 一回どれくらいの長さのトークが送れるの?

A.2 音声メッセージの一回の録音時間は、1秒~40秒。

 

Q.3「GPS BoT」からの乗り換えサービスはあるの?

A.3 6月の時点でまだないのが残念ですが、現在GPS BoT」の愛用者に向けたキャンペーンを企画しているそう。

 

Q.4 バッテリーの持ちは?

A.4 モードの切り替えにもよりますが、1度の充電(3〜4時間)で、大体4日~10日。でもバッテリーの持ちがいいと、ここぞ!という時に充電切れということも。曜日を決めるなどして、こまめに充電するのがオススメ。

「BoTトーク」詳しくはこちら

 

こんなにも進化した「見守りGPS」。スマホはまだ早いというご家庭でも、子どもたちの安全を見守るひとつの手段として、スダンダードになる日も近そうです。

 

取材・文/沼田珠実

この記事もおすすめ

MAGAZINE

January 2023

January 2023

2022年12月7日発売

890円(税込)