VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

パパッと作れる!サバ缶を使ったブランチ麺レシピ

栄養価も高く、保存も利いて、時短にもなる、とサバ缶の注目度が高まってから久しいですが、改めていざというときに大助かりと感じる今日この頃。今回は料理を愛する3名に「パパッと作るブランチ麺」をテーマにとっておきサバ缶レシピを伺いました。美味しいだけでなく、簡単にできてちょっと洒落た一品に注目です!

料理家 しらいのりこさん
サバ缶冷や汁麺

「火を使わず、うどんのレンチンのみで完成するので夏にぴったりのレシピ。冷や汁風のたれはそうめんやご飯にかけても美味しいですよ」。冷や汁もサバ缶を使えばすり鉢いらずで簡単! ちょっと疲れたときにも食べたくなる、ほっとなごむ味わいです。

◉材料・2人分

サバの水煮缶……1/2缶(80g)
うどん(冷凍)……2玉
味噌……大さじ2
きゅうり(薄い輪切り)……1本
長ねぎ(みじん切り)……10㎝(40g)
みょうが(輪切り)……2本
大葉……4枚
白すりごま……適量

◉作り方

1 冷凍うどんは表示時間に合わせて電子レンジでもどす。
2 サバ缶、味噌、長ねぎをよく混ぜ、水1カップ(分量外)でのばし、塩少々でもんで水気をしぼったきゅうりを加える。
3 器にうどんを入れ2をかけ、みょうが、手でちぎった大葉を散らし、白すりごまをかける。

 

料理家 小堀紀代美さん
サバ缶とトマトの
イタリアンうどん

「和風のイメージが強いサバ缶を、ケイパーやレモンで爽やかな洋風にアレンジ。暖かくなるこれからの季節に、手間をかけずに美味しくいただけます。うどんを和えたボウルに葉ものを入れて、残っている調味料を絡めるようにすると味がまとまります」

◉材料・2人分

サバの水煮缶……1缶
うどん(冷凍)……2玉
ミニトマト(半分に切る)……6個
ベビーリーフ、クレソンなど……各適量

A
オリーブオイル……大さじ1
レモン果汁……大さじ1
ケイパー酢漬け……大さじ1/2

塩……小さじ1/4
レモン(くし切り)……1/8個

◉作り方

1 うどんは袋の表示どおりに茹でて冷水でぬめりをとり、ざるにあげてしっかりと水気を切る。ボウルにAとともに入れて混ぜる。
2 器に1を盛り付け、1のボウルにベビーリーフを入れて塩とオリーブオイル(分量外少)を加えて絡める。
3 ミニトマト、サバ缶、2のベビーリーフをうどんと一緒に盛り付け、黒こしょう(分量外)を少々ふる。レモンを搾りサバを崩しながらいただく。

 

「マルサラ飲食店」 春井春乃さん
どっさりパセリで
爽やかサバ缶パスタ

「パセリをとにかく細かく刻むこと。このひと手間で、ぐっと香りが良くなります」。ペコリーノロマーノのまろやかなコクがサバといいバランス。隠し味のピーナツバターがチーズの風味を後押ししてくれます。レモンをきゅっと搾ると風味もぐっと豊かに!

◉材料・2人分

サバの水煮缶……1缶
パスタ……200g
パセリ(茎を外し細かく刻む)……25g(約1パック分)
ピーナツバター(無糖)……大さじ1
※練りごまで代用可
ペコリーノロマーノ(すりおろす)……10g
※粉チーズで代用可
オリーブオイル……大さじ2
にんにく(みじん切り)……1かけ
レモン(くし切り)……1/8個(お好みで)

◉作り方

1 フライパンににんにく、オリーブオイルを入れ弱火にかけ、香りが出るまで炒める。
2 サバ缶を汁ごと入れて、骨を細かくするように崩す。ピーナツバターとペコリーノロマーノ、パセリを入れる。
3 パスタを別鍋で茹で、茹で上がったら2に入れて混ぜる。
4 器に盛り、レモンを添えお好みでペコリーノロマーノ(分量外)を削ってかける。

 

◉紹介してくれた料理家・愛好家はこちら!

 

料理家 しらいのりこさん
夫とともに炊飯系フードユニット「ごはん同盟」を主宰。『糖質オフでくじけたあなたへ お米を食べる!ダイエット』(KADOKAWA刊)が発売中。

 

料理家 小堀紀代美さん
カフェ「LIKE LIKE KITCHEN」を経て、現在は同名の料理教室を主宰。旅で出会った味をヒントにした独自のレシピには多くのファンが。

 

「マルサラ飲食店」
春井春乃さん
ケータリングやお弁当が大人気。夜は居酒屋も経営。インスタグラムは@hal_haruno(春井さん)@marsala_inshokuten(マルサラ飲食店)。

 

あわせて読みたい

▶︎休日のランチにぴったり!子どもも喜ぶサバ缶レシピ3選

▶︎10分以内できゅうりレシピ!夏バテ対策に「きゅうりと豚の梅炒め」

.

撮影/川上輝明〈bean〉 スタイリング・調理/片山愛沙子 取材・文/佐々木陽子 編集/磯野文子
*VERY2021年6月号「\料理家・愛好家競演/サバ缶でブランチしよう!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

FEATURE