VERY STORE
VERY March 2020

VERY

March 2020

2020年2月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

枝豆の炊き込みご飯

春は豆類が旬。最近は春先から出回っている枝豆を主役にしました。「枝豆の殻」でご飯に風味を染み込ませることでシンプルな味なのに、滋味深い味わいに。枝豆と梅干しの組み合わせも最高!

2018/05/VERY_201805_369-000.jpg

<材料>
米……3合 昆布&かつお一番だし……570cc 白しょうゆ……大さじ2 梅干し(白干し)……中玉3個 枝豆……約300g

<作り方>
枝豆を硬めに茹で、殻をむく。殻は捨てずにとっておく。
鍋に研いだ米、だし、白しょうゆを入れ30分~1時間おく。
梅干し(種ごと)、枝豆の殻をのせ、中強火で約12分炊く。炊き上がったら、すぐに鍋の蓋を取りご飯の上に枝豆の実をのせ、再び蓋をして10分ほど蒸らす。
一旦蓋を開けて殻と梅干しの種を取り除き、しゃもじで切るようにほぐす。再度蓋をして5分ほど蒸らす。

※炊飯用の土鍋を使用したレシピです。だしの量や炊く時間はお使いの鍋に合わせて適宜調整してください。

「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負!」

仕事後にママ友たちとのおうち外交ごはん。十分に準備する時間はないけど、何か手をかけた料理でもてなしたい。そこで提案したいのが、具材の組み合わせアイデアでみんなをアッと喜ばせられる「炊き込みご飯」。事前に少し仕込みをしておけば、当日は鍋で炊くだけ! 教えてくれたのは、人気のケータリング「たまごはん©︎」さん。

料理/濱守球維 撮影/三村健二 取材・文/藤井そのこ 撮影協力/UTUWA 構成/渋澤しょうこ

※VERY 2018年5月号「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負! 『たまごはん©︎』さんのおうち外交〝炊き込みご飯〟」より。

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

FEATURE

この記事もおすすめ