アサリの炊き込みご飯

2018.06.02

口の中が至福になる〝うま味成分尽くし〟ご飯。アサリとチキンスープのダブルだしが美味のもと。パセリの香りとナッツの食感もいい仕事をします。仕上げにレモンを加えても。

2018/05/VERY_201805_368-006.jpg

<材料>
米……3合 チキンスープ……700cc 塩……小さじ1 しょうゆ……大さじ1/2 アサリ……300g ブラウンマッシュルーム(くし形4等分に切る)……10~12個 アーモンド(砕いておく)……適量 パセリ(みじん切り)……3束 バター……5g

<作り方>
火にかけたチキンスープに砂出しをしたアサリを入れる。沸騰してアサリの口が開いたら、塩、しょうゆで味を調え冷ます。ザルで濾してスープとアサリの身に分けておく。
鍋に研いだ米と、❶のスープ700ccを注ぐ。30分~1時間おいてから中強火で約12分炊く。
その間にフライパンにバターを溶かし、ブラウンマッシュルームを炒める。
炊き上がった❷に、❸と殻から外したアサリの身を混ぜ込み、蓋をして約10分蒸らす。
※見栄えをよくするなら、殻つきのアサリを少し残しておいて仕上げにトッピングにする。
砕いたアーモンド、みじん切りにしたパセリを散らす。
※鋳物ホウロウ鍋を使用したレシピです。チキンスープの量や炊く時間はお使いの鍋に合わせて適宜調整してください。

「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負!」

仕事後にママ友たちとのおうち外交ごはん。十分に準備する時間はないけど、何か手をかけた料理でもてなしたい。そこで提案したいのが、具材の組み合わせアイデアでみんなをアッと喜ばせられる「炊き込みご飯」。事前に少し仕込みをしておけば、当日は鍋で炊くだけ! 教えてくれたのは、人気のケータリング「たまごはん©︎」さん。

料理/濱守球維 撮影/三村健二 取材・文/藤井そのこ 撮影協力/UTUWA 構成/渋澤しょうこ

※VERY 2018年5月号「平日夜のおもてなしはこれ一品で勝負! 『たまごはん©︎』さんのおうち外交〝炊き込みご飯〟」より。

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

PICK UP

  • 2019.08.06

    VERY2019年9月号、発売!

  • 2019.08.06

    今買い足して秋も着る!“重ねる”前提のAラインワンピース

  • 2019.08.06

    人気ブランドのこの“カジュアル名品”で秋のオシャレを更新!

  • 2019.07.19

    滝沢眞規子さんと〝ファミリーラグビー宣言〟してきました!

  • 2019.08.07

    サンフラワーオイルでヘアケア!うるおうツヤ髪で印象感UP

  • 2019.08.07

    見た目印象をひと塗りで変える「強気リップ」

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

PICK UP

  • 2019.08.06

    VERY2019年9月号、発売!

  • 2019.08.06

    今買い足して秋も着る!“重ねる”前提のAラインワンピース

  • 2019.08.06

    人気ブランドのこの“カジュアル名品”で秋のオシャレを更新!

  • 2019.07.19

    滝沢眞規子さんと〝ファミリーラグビー宣言〟してきました!

  • 2019.08.07

    サンフラワーオイルでヘアケア!うるおうツヤ髪で印象感UP

  • 2019.08.07

    見た目印象をひと塗りで変える「強気リップ」

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE