【鍋バリエ】プデチゲ

2018.02.25

ホームパーティより一段カジュアル、真冬のおうち外交に「鍋」はもってこい。とはいえ、いつもよりは多少オシャレで美味しくしたいから、おうちごはんの達人arikoさんの知恵を拝借! 今回は、市販のキムチ鍋の素にひと手間かけてカスタマイズする「プデチゲ」をご紹介します。

 

 

2018/02/VERY_201802_211-1-000.jpg

【材料】
豚バラ肉薄切り……300g キムチ……1パック 市販のキムチ鍋の素……1パック だし汁……1~2カップ 胡麻油……適量 ウィンナーソーセージ……2パック アサリ……適量 長ねぎ……1本 エノキダケ……1束 しめじ……1/2株 ニラ……適量 カブ……2個 全卵……1~2個 インスタントラーメン……1袋分

【作り方】
鍋に胡麻油を熱し、ひと口大に切った豚肉とキムチを炒める。

キムチ鍋の素とだし汁を注いで沸騰させる。

食べやすく切った野菜類を加えて軟らかくなるまで煮る。

アサリとソーセージ、インスタントラーメンの麺を加え、麺が軟らかくなったら卵を割り入れる。仕上げに胡麻油をたらす。

 

ariko’s 鍋語録

「市販の鍋の素をあなどることなかれ。鍋語録 カスタマイズでますます美味しくなる」

市販のキムチ鍋の素は、 手軽に本格的な味わいを楽しめるのがうれしい。そこにひと手間かけて我が家流にカスタマイズして楽しみます。 胡麻油で豚バラ肉とキムチを炒めてから、キムチ鍋の素にだしも加えます。煮詰まってしまうので、だしで調節し、物によってはめんつゆで 味を補うのがポイント。 肉を先に炒めるとぐんとコクのある味わいになります。具材は 何を入れてもOK。ただし、ウィンナーとインスタント麺と卵は必須。ぽんと落とした卵が食欲をそそり、 見た目もお腹も大満足!

撮影/結城剛太 スタイリング/鈴木裕子 撮影協力/木立尚子 文/志摩有子 取材・構成/磯野文子

※VERY 2018年2月号「真冬のおうち外交にもってこい! 美鍋の秘訣を教えます『arikoさんの美味しい〝鍋語録〟』」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

PICK UP

  • 2019.08.06

    VERY2019年9月号、発売!

  • 2019.08.06

    今買い足して秋も着る!“重ねる”前提のAラインワンピース

  • 2019.08.06

    人気ブランドのこの“カジュアル名品”で秋のオシャレを更新!

  • 2019.07.19

    滝沢眞規子さんと〝ファミリーラグビー宣言〟してきました!

  • 2019.08.07

    サンフラワーオイルでヘアケア!うるおうツヤ髪で印象感UP

  • 2019.08.07

    見た目印象をひと塗りで変える「強気リップ」

  • 2019.06.13

    VERYはファミリーラグビー=ファミラグを応援します!

  • 2019.02.22

    子連れいくならパラリンピック宣言!

PICK UP

  • 2019.08.06

    VERY2019年9月号、発売!

  • 2019.08.06

    今買い足して秋も着る!“重ねる”前提のAラインワンピース

  • 2019.08.06

    人気ブランドのこの“カジュアル名品”で秋のオシャレを更新!

  • 2019.07.19

    滝沢眞規子さんと〝ファミリーラグビー宣言〟してきました!

  • 2019.08.07

    サンフラワーオイルでヘアケア!うるおうツヤ髪で印象感UP

  • 2019.08.07

    見た目印象をひと塗りで変える「強気リップ」

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE