やみつき!おうちフライドポテト【基本の5ステップ編】

2018.02.10

大人も子どもも大好きな〝フライドポテト〟。外食や冷凍もおいしいけど、お家でじゃがいもから作ってみたら味も気分もとびきり贅沢♥ 手作りのコツを教えてもらいました!今回は、基本の下ごしらえ&揚げ方をご紹介します。

◉教えてくださったのは、丸山久美さん!

「おいしく仕上げるポイントは2つ。①しっかりと水分を飛ばす。②二度揚げ。このセオリーを守れば、外側はカリッと中はホクホク。お店みたいなポテトに仕上がります!」

14年間スペインに在住していた経験を活かし、現在は自宅でスペイン料理教室も主宰。著書、『本当に美味しいフライドポテトの教科書』が発売中。

外サクサク・中ホクホクにするための5ステップ

 

【1】水にさらす

じゃがいもをボウルに入れ、水に15分程つけた後、サッと洗い流す。でんぷんが取れ、ベトつかず、揚げた時にカリッと仕上がる。細いシューストリングは水につけず、洗い流すだけでOK。

2018/02/VERY_201712_396-004.jpg

【2】乾かす

水にさらしておいたじゃがいもをキッチンクロスなどの上に並べ、水気を切る。乾かすことで表面に膜ができ、サクッとする効果も。揚げる前に、もう一度軽くふき取って油はね防止にも。

2018/02/VERY_201712_396-005.jpg

【3】低温で揚げる

まずは低温で一度揚げ。火を止めたまま、鍋にポテトがかぶる程度に油を入れ、120℃(細かい泡が鍋全体に広がる状態)になるまで約3分揚げる。先生のオススメはくどくならない米油。

2018/02/VERY_201712_396-006.jpg

【4】粗熱をとる

水分が飛ぶことで鍋の中の泡が大きくなりポテトが見えるくらいになったら一度網に取り上げ、水分を蒸発させるために5分程休ませる。残り2分の時点で鍋の温度を180℃まで上げておく。

2018/02/VERY_201712_396-007.jpg

【5】高温で揚げる

すでに中には火が入っているので、表面をカリッと仕上げるため180℃の油にポテトを再度入れて約3分揚げる。こんがりとしたきつね色になったら網に取り、油を切ったら完成!

2018/02/VERY_201712_396-008-1.jpg

撮影/山田英博 フードスタイリング/竹中紘子 取材・文/石川 恵 撮影協力/UTUWA

※VERY 2017年12月号「『ママの作ったポテトのほうがおいしい』と言わせたい!おうちで簡単!やみつきフライドポテト」より。
※掲載中の情報は、誌面掲載時のものです。

KEYWORDS

PICK UP

  • 2018.08.06

    VERY9月号、8月7日発売!

  • 2018.07.02

    9月23・24日は、VERYFES.2018@二子玉川へ

  • 2018.08.07

    うるおいに満ちた、輝く目もとは〝夜〟作られる!

  • 2018.08.06

    タキマキさんがあなたをコーディネートします!参加者募集!

  • 2018.08.06

    [募集]スタイリストの池田敬さんと東原亜希さんがパパの服をコ…

  • 2018.08.09

    【Premium VERY限定】テーブルが即盛り上がる!最新…

  • 2018.08.06

    今、女っぽい人ほどショートヘア

  • 2018.08.06

    トレンド上手より季節上手なママになりたい

FEATURE

PICK UP

  • 2018.08.06

    VERY9月号、8月7日発売!

  • 2018.07.02

    9月23・24日は、VERYFES.2018@二子玉川へ

  • 2018.08.07

    うるおいに満ちた、輝く目もとは〝夜〟作られる!

  • 2018.08.06

    タキマキさんがあなたをコーディネートします!参加者募集!

  • 2018.08.06

    [募集]スタイリストの池田敬さんと東原亜希さんがパパの服をコ…

  • 2018.08.09

    【Premium VERY限定】テーブルが即盛り上がる!最新…

BLOG

PAGE TOP
株式会社 光文社 Copyright 2017 Kobunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
CLOSE