VERY November 2020
VERY NAVY

VERY

November 2020

2020年10月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ナンプラーでお店の味に!簡単たまごスープレシピ

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて料理で解決できる!」⑨

 

インスタフォロワー数が66万人を超える仲良し夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufuが、VERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載。第9回は、ナンプラーの使い道に関するお悩みです。タイ料理を作りたくて目的買いしたナンプラー。それ以外の使い道がわからなくて、ずっと置きっぱなし……心当たりがある人も多いのでは?普段使いできる簡単レシピを教えてもらいました!

 

<今月のお悩み>

ナンプラー、タイカレー以外の使い道が見つからない!

 

夏にタイカレーを「よし!作るぞ!!」と意気込んで買ってきたナンプラー。ひと夏たって使ったのはその時だけ……このままだと調味料棚で永遠に日の目を見ることはなさそうな予感です。さすがにもったいないのでナンプラーをできるだけいっぱい使うレシピってありませんか? (38歳・4歳女の子ママ)

 

<今回の解決レシピ>

子どもも大好き

卵ふんわり

鶏ささみとわかめの

ナンプラースープ

 

 

 

 

 

【材料2~3人分】

 

 

鶏ささみ…2本

わかめ(戻し)…30g

卵…1個

水…600ml

ナンプラー…大さじ1

鶏がらスープの素…大さじ1

酒…大さじ1/2

塩・こしょう…各少々

 

 

【作り方】

 

 

①鶏ささみは筋を取り、小さめの一口大に切り、塩こしょうと酒で下味をつける。わかめは一口大にし、卵は溶いておく。

 

 

②鍋に水を入れて沸かし、鶏がらスープの素、ナンプラーを入れ、あたためる。

 

 

③ささみ、わかめを入れ、ひと煮立ちしたら卵を回し入れ、卵が浮いてきたら火を止める。

 

 

④塩・こしょうで味を調え、器に盛る。

 

 

【POINT】

スープにナンプラーを入れることで、香り豊かに味わい深い仕上がりになりますよ!

<解決するのは…>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単に出来ちゃう栄養満点のレシピを次々発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方!仲良し夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ご飯がすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。インスタフォロワー数は60万人を突破!youtubeも人気で、食材を切る音やジューッとお肉を焼く音で、“見てると料理したくなる!”“お腹が空く!”という声が続々。仲良く料理をするお二人のかけ合いも癒し効果抜群です♡

<今回のゆるっとアンサー>

手軽なスープにサクッとIN!

いつものわかめスープも

また違った味わいで

クセになります!

 

 

夫:なるほど。ナンプラーってハードル高いように感じるけれど意外と万能なんだよね!

 

妻:そうね、しょうゆみたいな感覚で使えるものな気がする。

 

夫:肉野菜炒めの味付けに回しかけたり、これでねぎだれを作ってもおいしいんだよね。唐揚げにのせたりして。

 

妻:そうね。あとスープにも使える!!

 

夫:たしかに。スープなら使用頻度多く使えるし、具材を選ばないからね。

 

妻:これから寒くなる時期にもいいね。ということで、ナンプラーを使ったスープをご紹介します!

<ライターワタナベが作ってみた!>

完成まで5分未満!

お味噌汁を作るくらい簡単で

お店の味になるから

ナンプラーが身近になりそうな予感♪

「実は我が家でも、中華料理や韓国料理の日によく登場する子どもたちも大好きなわかめと卵のスープ。でも、失礼ながら、大さじ1杯も⁈ 逆にナンプラーのクセで、子どもが食べなかったらどうしよう……なんて余計な心配は一瞬で吹き飛びました!ささみが入ることでたんぱく質も摂れて満足度も上がるし、何より、美味しかった!!タイ料理で感じるナンプラーの味よりクセはなく、深みが増して、ただただお店の味に近づいたという印象。SHINOさんの言う通り、“これはおしょうゆ使いできる!”と大発見でした!これからの季節、スープやお鍋の隠し味に、どんどん活用したいと思います。ちなみにぐっち夫婦に教わった“乾燥の海藻ミックス”を常備して、今回も使用♪  スープにお味噌汁にサラダに大活躍で、彩りも良くなるのでおすすめです!」

この企画を担当しているライター・ワタナベは5歳女の子・3歳男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まいの4人暮らし。自分が担当した記事が武田砂鉄さんのエッセイに取り上げられ、大感激!

取材・文/渡邉里衛

FEATURE

この記事もおすすめ