VERY STORE
VERY October 2020
VERY NAVY

VERY

October 2020

2020年9月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

具材3つで簡単&旨味たっぷり「にんじんカレー」でパワー補給!

厳しい夏が過ぎ、残暑で疲れがたまっている時期ではないでしょうか?薬膳では疲労の状態を「気」の不足と捉え、すべての生理機能のためのエネルギーとして考えられています。疲れた体には「気」を補う食材として肉や魚、芋類、米などがおすすめ!今回のおうち薬膳レシピは〈すりおろしにんじん〉がポイント、野菜が苦手な子どもにも最適なんです。身近な食材で疲れやすい身体にパワー補給しましょう。

 


具材3つで簡単!
旨味たっぷり「にんじんカレー」

 

◉材料(3〜4人分)

・鶏もも肉 1枚

・玉ねぎ 1個(240g)

・にんじん 1本(150g)

・カレールー 70g

・中濃ソース 小さじ1

・しょうゆ 小さじ1/2

・サラダ油 大さじ2

 

◉作り方

①玉ねぎは1.5センチ大にざく切りにする。にんじんは皮を剥きすりおろす。鶏もも肉は一口大に切る。カレールーはブロックタイプの場合、粗く刻んでおく。

 

②フライパンにサラダ油を熱し、強めの中火で玉ねぎを炒める。ときどき焦げないように混ぜながら、全体に焼き色がついてきたら片側に寄せ、鶏肉を加える。鶏肉の表面の色が変わったら、水100ml(分量外)を加えて全体を馴染ませる。

 

③にんじん、水400ml(分量外)を加え、沸いたら蓋をして弱めの中火で5分煮る。火を止めてカレールーを加え、溶けたら再び火をつけ2~3分煮る。しょうゆ、中濃ソースで味を調える。

 

◉レシピのポイント

・にんじんはすりおろすことで、臭みがなくなり甘味が全体に広がります。

・炒め玉ねぎに先に少量の水を加えなじませることで、出てきた旨味が全体に行き渡ります。

 

◉今回のキー食材

・にんじん、鶏肉…消化機能アップ、エネルギー補給

にんじんはこの他、PCやスマホによる目の疲れの改善、血も作るので貧血や美肌にもおすすめ!

 

◉疲れを感じたら…
「気の不足」はこんな
症状でチェックできる!

 

《気不足のチェックポイント》

☑︎疲れやすい

☑︎やる気が出ない

☑︎風邪をひきやすい

☑︎声がおなかから出にくい、発声が億劫

☑︎おなかを下しやすい、あるいは便秘気味

☑︎冷え性

☑︎汗が出やすくとまりにくい

 

気を補う食材を普段から取り入れて、疲れやすい季節を乗り切りましょう!

◉齋藤菜々子プロフィール
料理家・国際中医薬膳師。IT企業で営業を経験後、料理家のアシスタントを務め独立。日本中医学院にて中医学を学び国際中医薬膳師を取得。「今日からできるおうち薬膳」をモットーに、身近な食材のみを使ったつくりやすいレシピにこだわり、家庭で毎日実践できる薬膳を提案している。東京・自由が丘にて料理教室を主宰。教室情報はInstagram@nanako.yakuzenにて。

FEATURE

この記事もおすすめ