VERY August 2024

VERY

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

初夏の母行事はブラウスより、きちんと見え「ポロニット」が万能!

園や学校の参観日や面談、懇親会などが多い初夏のこの時期。甘めのブラウスに黒パンツのモノトーンコーデは母行事の定番ですが、ややマンネリ気味という人も。おすすめは、半袖ポロニット。ブラウスよりシワになりにくくお手入れはラクなのに襟とニット素材できちんと見えするので、ゆるパンツと合わせれば園行事にもぴったりです。

ネイビー×黒で知的に


撮影/川﨑一貴(Ajoite)

襟とボタンが程よいアクセントになり、ネイビーや黒のコーディネートも地味になりません。ブラウスのようにシワを気にしなくていいので、イージーケアで済むのもうれしい。トップスはギャルリー・ヴィー、パンツはトゥデイフルのもの。

 

セットアップ風に着るのもおすすめ


撮影/金谷章平

上質な素材感のポロニットは、あえてボトムスにインしないスタイルも素敵。セットアップや上下似た素材にすると、リラクシーかつきちんと感のあるオシャレになります。トップスとパンツはオーラリー、バッグはラ スカイア、サンダルはピッピシックのもの。

 

ブラウスよりもハンサムな白黒コーデ


撮影/川﨑一貴(Ajoite)

リブ素材のポロニットは、さりげないかわいさが好印象。ウエストインして着るとメリハリが出てバランスアップも期待できそう。トップスはスローン、パンツはグラフペーパー、バッグはヴァジック、ローファーはファビオ ルスコーニのもの。

 

黒×ベージュでオシャレ度UP


撮影/川﨑一貴(Ajoite)

黒のポロニットをインすれば太めのチノパンもエレガントに。夏らしい明るめの配色が増えてくる時期に、あえてシックな黒×ベージュがオシャレです。トップスはエンフォルド、パンツはネイヴ、バッグはバグマティ、サンダルはペリーコのもの。

 

デニム合わせもキレイめにまとまる


撮影/川﨑一貴〈Ajoite〉

ポロニットのきちんと感があればデニムで行事に行ける園も多そう。ベルトやジュエリーで華やかさを足したり、足元もパンプスや白スニーカーでキレイめを意識するのがおすすめです。トップスはエイトン、デニムはアッパーハイツ、ベルトはア ヴァケーション、バッグはヴァジックのもの。

いつものブラウスをポロニットに変えるだけで、今年らしいきちんとコーデに。一枚あると重宝しそうなアイテムです。

文/井上さや
※商品の情報は誌面掲載時のものです。販売が終了している場合がありますのでご了承ください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

August 2024

August 2024

2024年7月5日発売

930円(税込)