VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

きれいめ帰省に【ニットワンピ&スカート】がちょうどいい!<コーデ7選>

帰省や年始のご挨拶はきちんと見えるだけでなく、さっと動けることも大切。実家で浮かないおすすめコーディネートをご紹介します。

 

ピタピタ感ももたつきもないタックスカートがちょうどいい!

タイトスカートは視線が気になり、ふんわりスカートは立ったり座ったりに適さなそう。スッキリシルエットながらラインを拾わないタックスカートが使えます。

 撮影/須藤敬一

シンプルニットに合わせるだけでコーデが完成します。スカートはシー、タートルはグリーンレーベルリラクシングのもの。

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

艶感のある素材なので、他が黒のシンプルアイテムでも十分華やかに。スカートはシー、ニットとシャツはル フィルのもの。

撮影/川崎一貴〈MOUSTACHE〉

動きやすそうなベロア素材。タイトめなシルエットですが、動きのあるデザインでいやらしさなし。スカートはMICA & DEAL、ニットはマカフィーのもの。

 

ニットワンピースならドッキングorレイヤードで立体感を出す

数年前まで冬帰省服の定番だったニットワンピース。今年は進化して登場しています。異素材のドッキングやワンピとニットのレイヤードなど、のっぺり見えないオシャレデザインに注目です。

撮影/渡辺謙太郎

異素材ミックスのドッキングワンピは、全てニットのワンピースよりも立体感が出て今っぽく着られます。ワンピースはスタイルミキサーのもの。

撮影/渡辺謙太郎

ノースリニットワンピと短丈ニットのセット。レイヤードすることで、体型カバーにもなります。ワンピースはGUのもの。

撮影/渡辺謙太郎

ローゲージニットワンピに同素材のニットケープをオン。ケープ人気の今年ならではのスタイルです。ワンピースとケープはともにサクラのもの。

撮影/渡辺謙太郎

滑らかな風合いでキレイ見えするタートルニットワンピに同素材のケープを。家ではワンピ、お出かけにはケープを羽織って着回せます。ワンピースとニットケープはともにソージュのもの。

 

いかがでしたか?荷冬の帰省服はクリアしなければならないポイントが多すぎて考えるのもひと苦労。ご紹介したコーディネートの中から、ピンとくるものが見つかれば幸いです。

構成・文/井上さや

*掲載中の情報は過去誌面をもとに再構成したものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)