VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

残暑のオシャレ欲を満たす【ロングスカート】6選!今年っぽいデザインと合わせ方

どうしても動きやすさ重視でパンツばかりを選びがちなママですが、それでも2023年はスカートがはきたい!そんな声が増えています。一点投入でおしゃれしたい願望を満たしてくれるドラマティックな装飾のスカートをご紹介します。

大ヒットのバルーンも進化して登場
2023年は断然スカートが人気です

Demi-Luxe BEAMS

スカート¥25,300(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)

バルーンスカートでイレギュラータックのデザインが新鮮。シンプルにTシャツ合わせはもちろん、こんな風に今年らしい短か丈シャツを合わせて、グッドガール風に着ても可愛い。スミクロの色味で夏でも涼やか。
スカート¥25,300(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス 新宿)シャツ¥25,300(ザ ハンサム/UTS PR)バッグ¥16,500(ジェイダブリュー ペイ/ル フィル ニュウマン 新宿店)ローファー¥10,780(ル タロン/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)

PRESS’S COMMENT

今季は断然パンツよりスカートが人気。表情感のある素材や特徴的なシルエットなど、ドラマティックなスカートのダークカラーに予約が目立ちます。バルーンのデザインは前回入荷から大人気だったものをアップデート。イレギュラーなタック使いで、程よいエッジさが特徴。ウエストゴムやポケットなど機能性も◎。

【FROM】プレス 目黒越子さん

今季はスカートが大豊作!
人気No.1はラメスカートです

Mila Owen

スカート¥13,200(ミラ オーウェン/Mila Owen ルミネ新宿2店)

地厚すぎないニット素材なら、夏の終わりから大活躍間違いなし。女らしいマーメイドシルエットだから、あえてすっきりクリーンなタンクトップでヘルシーさをプラス。髪の毛もキュッとコンパクトにまとめることでバランスがよく見えます。ラメも自然に馴染むカーキの色味も絶妙。
スカート¥13,200(ミラ オーウェン/Mila Owen ルミネ新宿2店)タンクトップ¥9,900(RHC/RHC ロンハーマン)バッグ¥42,900(オソイ)サンダル¥41,800(ロランス/ザ・グランドインク)

PRESS’S COMMENT

今季はさまざまな素材、柄、シルエットのスカートを展開し2022年より大幅に型数も増加。スカートの中で展示会での個人オーダー1位だったのがラメスカート。程よいラメ感のニットカット素材に、膝上までストレートで裾に向かって広がるセミマーメイドシルエットは着膨れ感も皆無。後ろスリットで足捌きも◎。

【FROM】プレス 松岡陽美さん

カジュアルに着られるスパンコールに
スタッフのかぶり買い多発中!

JOURNAL STANDARD relume

スカート¥16,500(トラッゾ ドンナ/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店)

マットな質感のスパンコールはコーデに馴染みやすい。タイトシルエットだからオーバートップスとも好相性。
スカート¥16,500(トラッゾ ドンナ/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店)ノースリーブ¥13,200(シルキースムース/ル フィル ニュウマン 新宿店)バッグ¥38,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)サングラス¥47,410(オリバーピープルズ/ルックスジャパン カスタマーサービス)シューズ¥10,780(ル タロン/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)

PRESS’S COMMENT

ミディ丈スカートが例年より増加しているこの秋。スタッフ間の支持を集めているのは、トレンド感のあるこの一枚。ミラー感の少ないセミマットなスパンコール、細すぎず、それでいてスッキリ見えるIラインシルエットも絶妙。足捌きのよさを考えたバックスリットやウエストゴムなど、コンフォートさも上手です。

【FROM】プレス 市川綾子さん

装飾度の高いデザインほど
オーダーが集中しています!

TSURU By MARIKO OIKAWA

スカート¥48,400(ツル バイ マリコ オイカワ)

スカート自体にボリュームがある分、トップスはコンパクトにまとめるのがスッキリ見えてスタイルアップの秘訣。フェザーチュールで甘さがあるから、スクエアカットのリブタンクでボリューム感にメリハリをつけたのがポイント。足元をトングサンダルでよりリラクシーな雰囲気を足して。
スカート¥48,400(ツル バイ マリコ オイカワ)タンクトップ¥20,900(カオス/カオス丸の内)バッグ¥83,600(マーレット/サザビーリーグ)サンダル¥30,800(ヨーク/UTS PR)

PRESS’S COMMENT

この秋は刺繍やリボン、パール付きなど装飾があるフレアシルエットのスカートがバリエ豊富に。展示会でも人気を集めました。好評だったこちらはフェザーチュール素材。サイドの切り替えでボリューム感のあるふんわりシルエットで、一枚でとっても華やか。ゴムウエスト仕様で着脱がストレスフリーです。

【FROM】プレス 福成彩香さん

より大胆でドラマティックな
バリエーションが増えています

CLANE

スカート¥30,800(クラネ/クラネデザイン株式会社)

ともすると甘くなりがちな、ふんわりとした白のチュールスカート。それには少しカジュアルなゆるっと黒Tでメリハリをつけて甘さを引き算。小物も黒と白に揃えることで、大人のモノトーンスタイルに。お団子ヘアとメガネでよりカジュアルに。
スカート¥30,800(クラネ/クラネデザイン株式会社)ノースリーブ¥17,600(サクラ/インターリブ)バッグ¥20,900(エイトン/エイトン 青山)メガネ¥36,300(プロポ/プロポデザイン)シューズ¥35,200(ピッピシック/ベイジュ)

PRESS’S COMMENT

ボリューム感にこだわって、繊細なチュールを4層重ねた人気スカート。内側と外側をハリ感の異なるチュールを使用することで、表は柔らかな印象に見えながら、ふんわりとしたシルエットをキープ。ベルトループやジップをつけるなどウエスト周りのデザインは端正に、ただ甘いだけじゃないマニッシュさも。

【FROM】CLANEプレス担当

レース人気が本格的に復活。
辛口に更新されているのがポイント!

ESTNATION

スカート¥28,600(エストネーション)

プクプクとした立体感とプリーツがアクセントになった黒のレーススカートには、黒のコンパクトロンTで潔くワントーンコーディネートに。ベーシックなロンTも短か丈のものを選ぶだけで一気に今年らしい雰囲気がアップ。異素材を重ねたオールブラックコーデにカーキバッグでさりげなくカラーを投入したのもポイント。
スカート¥28,600(エストネーション)ロンT¥12,100(ニコラ ジェンソン/リノウン)バッグ¥28,600(ジラ/ロンハーマン)サンダル¥64,900(ネブローニ)

PRESS’S COMMENT

定番のレーススカートシリーズも例年以上に注目が高まっています。これはザックリとして膨らみのある表面感に仕上げたレースを用いており、リッチ感も際立つ一枚に。プリーツだけどややタイトめシルエットと左側のスリットで甘いだけじゃない、ちょっぴりマスキュリンかつ女らしい印象もプラス。

【FROM】プレス 水谷優芽さん

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(モデル)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/岩田槙子 ヘア・メーク/廣瀬浩介 モデル/辻元 舞 取材・文/塚田有紀子 編集/翁長瑠璃子
*VERY2023年9月号「夏から秋への移行ってスカートが一番じゃないですか?」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)