FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

この秋は【キラキラ服】に注目!カジュアル派にこそおすすめアイテム<6選>

今年の秋はキラキラアイテムが豊作! 「キラキラ」と聞くと、派手さや甘さが気になりますが、ベーシックカラーのラメニットならカジュアルやハンサムにこそしっくり似合います。今回は、ニットとスカートをピックアップ。「甘ブラウスは着ないけれど、華やかさも欲しい」という人におすすめです。

 

ニットにパンツのシンプルコーデも
キラキラなだけでオシャレ

ここ数年は盛り服ブームだったこともあり、シンプル過ぎることに不安を覚えることもありますが、キラキラ素材がそんな心配を払拭してくれます。パンツに合わせるだけで今っぽく華のあるオシャレに。

紺ニット ビューティー&ユース
撮影/渡辺謙太郎

キラキラ×襟付きという絶妙バランス。真面目と遊びが見事に融合しています。ニットはエイチ ビューティー&ユースのもの。

Vネック キラキラニット
撮影/渡辺謙太郎

鎖骨がしっかりと見える大人っぽいカッティング。単色だとシックすぎる気もしますが、キラキラなら可愛げもありトライしやすそう。ニットはエストネーション、デニムはUNIFIED Unlimitedのもの。

スパンコール カーディガン
撮影/水野美隆

スパンコールが散りばめられたカーディガン。コンパクト丈なので、これくらいのインパクトがあっても◎。カーディガンはカレンソロジーのもの。

タートルニット デニム

タートルとキャミのアンサンブルが珍しい。薄タートル一枚だと心許ない人も、これなら安心して着られます。キャミニットとタートルニットはともにカナコ サカイ、デニムはスタニング ルアーのもの。

 

シンプルカットソーに
キラキラスカートでコーデが完成

盛りスカートも、「ふんわり・ひらひら」より、「キラキラ」が新鮮!スカートが目立つぶん、トップスは極力控えめに、カジュアルダウンさせるのがいいバランスです。まだ暑いうちはタンクトップやTシャツ、寒くなってきたらロンTやスウェット合わせにシフトします。

グレースカート 黒バッグ
撮影/川崎一貴

シルバーのモール素材のタイトスカート。スッキリ着られるシルエットで、バランスが取りやすそう。ロンTやスポサンでカジュアルに着崩すのが正解です。スカートはヴェニットのもの。

白ラメニット マーメイドスカート
撮影/川崎一貴

ラメニットのセミマーメイドスカート。厚すぎないニットなので、夏の終わり頃から着られます。トップスは軽めに、タンクトップやTシャツがおすすめ。スカートはミラ オーウェン、タンクトップはRHCのもの。

黒タンクトップ 黒キャップ
撮影/川崎一貴

ゴールドの織り柄で存在感のあるスカート。タンクトップとキャップでラフに着るのが◎。スカートはデパリエ、トップスはエンフォルドのもの。

 

いかがでしたか?グレーやベージュやネイビーといったシックなカラーのラメアイテムなら、大人っぽく上品に着られます。ランチ会など、ちょっとおめかししたいシーンにも活躍しそうなので、1枚持っておくと便利かもしれません。

構成・文/井上さや

*掲載中の情報は過去誌面をもとに再構成したものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

May 2024

May 2024

2024年4月6日発売

1000円(税込)

【VERY NaVY 2024年5月号】4月6日発売!

2024年4月6日発売

1060円(税込)