FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【ALL私物】おしゃれプロのリアルコーデ12選!すぐ真似できるアイデア満載

トレンドファッションと向き合い、日々磨き抜かれた審美眼でコーディネートを組む人気スタイリストさんたちもプライベートではみんな子育て真っ只中のママ。Instagramなどで見る平日オシャレのA面だけでなく、リアルなB面=休日ファッションに迫ると、真似したくなるスタイリングの宝庫でした!

男の子ママ尾辻益実さん「一人時間は“肌見せオシャレ”を解禁」

休日は〝スポーティモード〟の
枠から外れる日

最近の平日コーデはスポーティモード。ともすると少年っぽくもなってしまいそうなアイテムが好きで、それをいかに女っぽく着るかを自分への課題としています。コーデをあまり変えない分、変化するのは足元。撮影へはスニーカー、打ち合わせならバレエシューズなどにハイブランドを取り入れることも多いです。B面=休日では、平日よりも更に本格的なアウトドアアイテムを合わせてキャンプにもよく行きます。また、たまの一人時間には、男子2人とアクティブに過ごす日では避けてしまう上半身の肌見せファッションもここぞとばかりに楽しんでいます。

【A面】

【B面】

@Camp
本気のアウトドアブランドMIXで
休日カジュアル

【OOTD】

SWEAT:NIKE ACG
LEGGINGS:lululemon
SHOES:NIKE ACG

休日は、公園やキャンプなど外で過ごすことがほとんど。平日は、スポーティをモードに寄せているのですが、子どもたちと思いっきり遊びたい日は、ファッション性より実用性の高いアイテムをチョイスしています。靴をゴアテックスのものにしたり、パタゴニアのアウターも出番も多め。NIKEのアウトドアラインACGもよく着るのですが、人と被ることが少ないという点もお気に入りの理由のひとつ。

息子服は実用的なアイテムを
〝ファッション〟として
スタイリング!

HanesのUSA版パックT。厚みもちょうどよく、とにかく丈夫で何度洗濯してもよれない。

無印良品の乾きやすいハーフパンツ。その名のとおりすぐ乾くので夏の定番。

息子たちの服は気に入ったものを大量買いしがち(笑)。

夏キャンプの日。
最低限これがあれば!な
必需品たちです

あれこれ追われず、心も体も開放されるのがアウトドアの醍醐味なので、メークも基本しないのですが、少し血色感を出したい時用にADDICTIONのリップ兼チークを忍ばせています。家族で使う、虫除けや日焼け止めは肌に優しいものを。さっと除菌できるTHEPUSHのウェットシートもコロナ禍以降愛用しています。

【B面】

@Restaurant
男子2人育てからの
〝束の間の逃避服〟は肌見せトップス

【OOTD】

ONE PIECE:CFCL
BAG:thehighlights

産前はフェミニンなブラウスやワンピース、スカートも好きでよく着ていましたが、男の子ママになって、必然的に動きやすさ優先となったこともあり、なんとなく遠ざかっていた「肌見せ」。最近は、子どもはパパに任せて、お友達とライブや華やかなレストランへ行ったりする機会もだんだん増えてきて、解き放たれたかのように好きなファッションを楽しんでいます。

いやらしくなりすぎない
背中あきトップスが
大人の肌見せにちょうどいい

〈右から〉THE SHISHIKUIのキャミソールも、TWのボディスーツも他のスタイリストが手掛けるブランドで、大人が着られる品のいいヘルシーな肌見せがさすが。

Cecilie Bahnsenはバックリボンから見せる少しの肌感もお気に入りです。

Profile

尾辻益実さん

モード誌の編集者からスタイリストへ転身。8歳と6歳の男の子ママで、the highlightsのディレクターも務める。海外セレブスナップから出てきたかのような抜群のセンスの持ち主で、スタッフの間でも一目置かれる存在。

丸林広奈さんのセンスがいい親子リンクコーデ3選

休日は〝ママと一緒♥〟期の
リンクオシャレ満喫中

娘が3歳になって、おしゃべりも上手になり、以前よりも手がかからず行動範囲が広がったことで週末の娘との時間がさらに楽しくなりました! 最近では、〝ママと一緒〟ということを喜んでくれるようになったので、B面ファッションはなんとなく親子リンクを意識しちゃいます。休日の遠出はまだ難しいけれど、近所の公園でのんびり過ごすこともあれば、娘の大好きな遊び場へ行ったり、都内や関東近郊のホテルステイをしてリフレッシュすることもしばしば。行き先に合わせて、「お揃いだね♡」と言ってくれる娘を想像しながらコーディネートを考える時間もとても楽しいです。

【A面】

【B面】

@Shopping
変化球のストライプリンクで
自分らしいオシャレをキープ

【OOTD】

T shirt:MARNO
PANTS:UNION LAUNCHI×RonHerman
BAG:The Animals Observatory
SHOES:CANFORA

【DAUGHTER】

DRESS:The Animals Observatory
BAG:mimi poupons
SHOES:Salt Water

ブルーとホワイトの太ストライプの夏らしさに一目惚れした娘のワンピース。同じ柄のトートバッグもあったので一緒に購入。主張の強いストライプを洋服でリンクする勇気はないですが、バッグくらいなら程よいリンク感。更に、ネイビーのTシャツとホワイトのパラシュートパンツで全体のトーンを揃えました。私自身の服がシンプルなことが多いので、このバッグのポップさがアクセントとなり、今シーズン思いのほか出番多めです。

心配性で荷物多めな私に
嬉しい大容量トート

キャンバス地なので、丈夫で汚れも気にならず使えるから、マザーズバッグとしても大活躍。中身は、着替え・虫除け・サングラス、あとはAnya Hindmarchのポーチに娘のお絵かきグッズやおやつ、絆創膏に母子手帳など、何があっても対応できるセットを持ち歩いています。

【B面】

@Park
洗える服前提の公園スタイルは
キャップとスニーカーをリンク

【OOTD】

CAP:Gramparents
SHIRT:By Malene Birger
TANK TOP:CELINE
PANTS:Wolford
SHOES:adidas
BAG:THE ROW

【DAUGHTER】

CAP:Mini Rodini
SHIRT:The Animals Observatory
PANTS:Illoura The Label
SHOES:adidas

娘の公園服は、洗える&動きやすいが最優先なので、小物でリンク。スポーティなキャップは違うブランドですが、どちらもコーデのアクセントに。adidasのSAMBAは、私は以前から履いていたのですが、キッズサイズを見つけて即購入。うちの子は履き慣れていない靴はいやがるのですが、「ママと同じ3本線のスニーカー履こう?」と誘うとニコニコで履いてくれました。

絶妙な色出しがお気に入りの
The Animals Observatory

The Animals Observatoryのカラフルな色と日本のブランドにはない、ファニーでキュートなプリントがキッズ服ならではの可愛さでお気に入りのブランド。ひょうきんな娘のキャラクターにもぴったり!

【B面】

@Hotel
非日常を楽しむ日は
思い切ってお揃いの白ワンピで

【OOTD】

ONE PIECE:MARNO
BAG:THE ROW
SHOES:Manolo Blahnik

【DAUGHTER】

ONE PIECE:SKALL STUDIO
BAG:MIMI&LULA
SHOES:ZARA

基本的に平日、夫は仕事で忙しいのでワンオペ状態。なので、私にとって週末トリップは、家事をお休みして、家族とゆっくり過ごせる癒しの時間。最近娘もその特別感を理解してきたようで。「お泊まり行くよ!」と言うと、お気に入りのワンピを選んできてくれます。ドレスアップして優雅にディナーとはまだいかず、張り切ってレストランに行っても滞在時間1時間弱だったりもしますが、食事も含め非日常なので、駆け足でもコース料理をしっかり食べつつめいっぱい楽しみます。

親子揃ってカットワークや
白ワンピに目がないです

私がSKALL STUDIOで娘がSea New York。

ともにSKALL STUDIOのもの。

昔から、白ワンピが大好きで、特に繊細なレースや、ヴィンテージ風のデザインなどに惹かれます。小さい頃から着せてきたからなのか娘も好き。海外のブランドはキッズの展開があるところも多く、つい揃えてしまいます。

Profile

丸林広奈さん

シンプルな中にも甘さを欠かさないスタイリングは、VERY誌面・私服ともに大人気。海外のアパレルブランドとコラボするなど、人気は国内にとどまらない。2022年から自身のブランドMARNOのディレクター業も務める。プライベートでは3歳女の子のママ。

カジュアル上手な小山田早織さんのヘビロテブランドは?

休日カジュアル服こそ
お気に入りブランドを

B面の写真から伝わりますでしょうか…? 元気いっぱいの二歳差兄弟子育ての洗礼を受けています(笑)。突然走り出したりもするので(それも二人とも反対方向に)いつでも走り出せる準備が必要。だから子どもと過ごすB面ファッションは、自ずとスポーティカジュアルに。ただ気分が下がらないように、せっかくなら旬なブランドで可愛いアイテムを上手に見つけて楽しみたいと思っています。反動でなのか仕事に行くA面コーデはよりきれいめにシフト中。スタイリングによって、気持ちのON/OFFを自然と切り替えていることもあるのかもしれません。

【A面】

【B面】

@Shopping
キャンプ大好きな家族で行ける
〝ニュートラルワークス.〟が気分

【OOTD】

TOPS:NEUTRALWORKS.
SKIRT:NEUTRALWORKS.
BAG:ORSETTO
SHOES:CABaN

普段せわしなく過ごしているので、大自然の中でデジタル・デトックスできるキャンプは最高のリフレッシュ時間! 春から真冬手前まで3シーズン楽しんでいます。恵比寿ガーデンプレイス内にあるニュートラルワークス.は、ライフスタイル系のアイテムが豊富で、洋服はもちろん、小物や寝具まで、ほとんど揃います。息子たちが、お買物に飽きても隣のPLAY EARTH KIDSの遊び場があるので、夫と交代でいつもより多少ゆっくりお買物ができるのでよく訪れています。

アウトドアシーンで使える
機能性アイテムが揃う!

Tシャツ¥10,780(ニュートラルワークス.)

キャップ¥6,490(ニュートラルワークス.)

パンツ¥14,300(ニュートラルワークス.)

ピローケース(袋付き)¥6,600(ニュートラルワークス.)

店頭に並ぶアイテムから小山田さんがセレクト! 速乾性のあるキャップや、Tシャツ・ハーフパンツ・ピローケースは、吸湿性に加え消臭機能も。これからの季節に嬉しい。

【B面】

@Park
休日仕事終わりでも必ず
「〝ワイルドシングス〟」にスイッチ

【OOTD】

CAP:CELINE
TOPS:WILDTHINGS
PANTS:WILDTHINGS
NECK WALLET:WILDTHINGS
SHOES:CONVERSE

どうしても時間がない時以外は、仕事が終わると一旦家に帰り、公園に対応できる服に着替えるようにしています。心に余裕がもてるように汚れに対しての耐久性がない服は避けています。ワイルドシングスのアイテムは、こなれたカジュアルコーデを簡単に作れるのでB面シーンで大活躍。ナイロンパンツは、汚れがついてもさっと落とせるし、ウエストゴムで楽なのにシルエットも綺麗で特にお気に入りです。

現金、鍵、リップ。
最低限をひとまとめ!

息子たちと公園に行く時は基本的にバッグは持ちません。いかに軽装で動きやすいかが重要なので、ワイルドシングスのネックウォレットとても便利。公園だけでなく、キャンプの時にも重宝します。

【B面】

@Home party
ホムパ&お泊まりの日は
信頼ブランドのカジュアルワンピ

【OOTD】

ONE PIECE:takes.
NECKLACE:MARIHA

時間を気にせずゆっくり過ごせるし、子どもがいるとなんだかんだ家のほうが楽ということで、ホームパーティやお泊まり会もよくします。そんな時は、リラクシーなワンピ一択。ただ、靴やバッグなどの小物がない分、あまりにベーシックすぎると味気なくなるので、シンプルでもシルエットに気が利いたものや、素材感のあるものを選ぶようにしています。その点、普段から愛用しているブランドのワンピースは安心感もあって最適です。

おうちスタイルを
洗練させてくれるワンピたち

DOUBLE STANDARD CLOTHING

_M

家の中で凝ったディテールがあるとそれはそれで浮いて見えるので、浅Vネックの肌見せ感や、ふんわりすぎないティアードなどでオシャレ欲を満たします。

Profile

小山田早織さん

モデルやタレントからの指名も多く、雑誌やTVなど幅広く活躍。スタイリング力のみならず、言葉で伝える能力にも長けており、書籍をはじめ多くのブランドのIGTVなどにも出演。やんちゃ盛りの3歳と4歳の男の子ママ。

VERYバイヤーのマタニティ期は“キャップ”が活躍!

コンサバ育ちママは
〝家族でキャップ〟で休日感を

実をいうとA面もB面もそこまで差はないんです。カジュアルは苦手なので…変わるのはやっぱりバッグの大きさと足元くらいでしょうか。妊娠前はヒールも好きで履いていましたが、今はもっぱらサンダルとスニーカー一辺倒に。夫や息子とペアルックなどはしませんが、3人で出かける時になんとなくまとまり感は欲しいなと思っていて。妊娠中で最近は着られる洋服の選択肢が狭いので、家族三人キャップで揃えることが増えました。

【A面】

【B面】

@Cafe
キャップリンクは
休日のカモフラージュにも

〈右から〉NIKE、SEA、NEW ERA

【OOTD】

TOPS:AURALEE
SKIRT:CAST:
SHOES:green label relaxing
CAP:SEA
BAG:Ron Herman

ファッションとしても、ヘアスタイリング隠しにも使えるキャップが好き。週末の朝、近所のカフェまでモーニングへ行く際は、日焼け止めとキャップでカモフラージュして行くことも。公園や動物園などもよく行きますが、そんな時には手持ちのコンサバ服にレジャーな雰囲気を足してくれる役割として、その日のコーデに合わせてよくかぶっています。

マタニティ期でも
手持ちデニム、はいちゃってます!

ずっとINするスタイリングが好きでしたが、トレンドと妊娠が相まって今はアウトのバランスを楽しんでいます。マタニティ期はオシャレを諦めがちでしたが、普段しないチャレンジができていいなと前向きに過ごせています。#Newansのノースリブラウスは臨月まで使えそうです。

マタニティ用のボトムスでシルエットまで綺麗なものがないと思っていた時に出合った神アイテム、ウエストアジャスターバンド。これさえあればどんなパンツもはけるので毎日助けられています。

汚れたら漂白したらいいよね!
と割り切って使える真っ白トート

赤ちゃんの時ほど荷物も多くないので、最近はこのロンハーマンのバッグが息子と過ごす日の定番。家族と過ごす日は、化粧直しもしないので、私の持ち物はリップくらい。息子の着替え、水筒、除菌シートなど最低限のものとぐずった時用のおもちゃは、私の心の平和のためにも必須です。笑

Profile

大和美帆さん

セレクトショップのバイヤーを、結婚を機に退職。VERYの誌面に読者として登場するとその可愛さに注目が集まり、2022年から経験とセンスを活かし、VERY STOREのバイヤーとして復帰。3歳の男の子ママで、2023年7月出産予定。

近藤和貴子さんが“サロペ”で乗り切ったマタニティコーデ

どこでもサロペスタイルで
高感度な休日マタニティコーデに

ワンピが使えることは、長男のときに実感していましたが、今回の妊娠期間にサロペットが万能すぎることに気が付き、妊娠後期はサロペ一辺倒でした。トップスとボトムスの境目がないので、縦のラインが作れることや、ものを選べば意外とお腹の大きさに対して融通が利き、臨月までいけるものも多く、授乳期も使えるという発見が。レイヤードするインナー次第で印象も変えられて、最後までマタニティコーデを楽しめました。

【A面】

【B面】

@Park
マタニティ期のスタイルアップは
パンツの裾絞りで♡

【OOTD】

TOPS:overneath
CARDIGAN:CABaN
OVERALLS:Curensology
SHOES:New Balance
BAG:BOTTEGA VENETA
HAT:kijima takayuki

妊娠後期、隠しきれないお腹や腰回りの大きさにスタイルアップなんて無縁と思っていましたが、たまたま展示会でオーダーしていた、裾にゴムの入ったジョガータイプのサロペットをはいてみたら、これが目からウロコで。足首のキュッとくびれるデザインがズドンと見えを回避。足もむくんで、足首がなくなりがちなマタニティのスニーカーコーデって難しいと思っていましたが、スニーカー合わせでも野暮ったくならず、妊娠期間中、大活躍でした。

【B面】

@Salon
デニムサロペットもレースや
キルティングで自分らしい味付けを

【OOTD】

TOPS:Whim Gazette
CARDIGAN:TOMORROWLAND
OVERALLS:RED CARD
SHOES:CHANEL
BAG:Valextra

お腹が大きくなってくると、なかなか素敵に着られなかったデニム。薄いカラーが今の気分にぴったりだったレッドカードのサロペットなら、サイドのボタンを外したらマタニティのお腹も入ることに気が付き、出産直前までヘビロテ状態。出産するまでデニムは着られないと思っていたので、デニム欲が満たされて大満足でした。出産前のヘアサロン通いなどの一人時間は、お気に入りの小物たちを効かせて色っぽさとシャープな印象に振ることで、自分らしいオシャレを楽しみます。

着られるものが限られる時期は
小物の差し色でコーデに華やぎを

ワンピースなどの大物で色を盛るとうっかりボリューミーに見えてしまう恐れがあるので、色物使いをアクセントに。お腹の大きさも多少の目眩ましに。
〈右から〉CABaNのカーデ、ASAUCE MELERのストール、STUNNING LUREのシャツ。

Profile

近藤和貴子さん

雑誌や広告、TVと幅広く活躍。等身大なオシャレの提案や、色使いのテクニックにも定評あり。プライベートでは、5歳と0歳1カ月の男の子ママ。今回の撮影は出産直前に撮影。リアルな産後ママとして、その私服にも注目!

撮影/木村 敦(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/RYO(尾辻さん、小山田さん、大和さん)、只友謙也〈P-cott〉(丸林さん) 取材・文/木村幼奈 編集/羽城麻子
*VERY2023年7月号「尾辻益実さん、丸林広奈さん、小山田早織さん、大和美帆さん、近藤和貴子さん 今どきママスタイリスト&バイヤーのB面ファッション」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*文中のシャネルのアイテムは私物です。ブティックへのお問い合わせはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2024

June 2024

2024年5月7日発売

980円(税込)

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

2024年5月7日発売

1060円(税込)