VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ロゴキャップ&バケットハット【20選】猛暑のお出かけマストアイテム!

猛暑の日よけアイテムとして、朝の支度の時短アイテムとして、帽子が必要不可欠なママたちにとってサラッとかぶれるデザインは一番活躍度が高いはず。服を選ばず、雨や曇りの日でも違和感のない、キレイめキャップとバケットハットのおすすめ<20選>を紹介します。

ワンピや甘ブラウスが多いなら華奢ロゴキャップが使え

甘い服を程よくカジュアルダウンしてくれるキャップ。無地だと物足りないけれど、ロゴって難しい……と感じている人も多いのではないでしょうか?今年はキレイめロゴのキャップが豊作なので、きっとお気に入りが見つかりそう!気になるロゴの内容も合わせてご紹介。

撮影/金谷章平

ストリートファッションのアイコン的存在でもあるニューエラのキャップ。カジュアルな印象が強いですが、小さめロゴのデザインなら、ママのキレイめ服に合わせるのに違和感なしです。4400円という価格も嬉しい。

 

撮影/金谷章平

大人気のシー。コットン素材のシンプルなキャップは無駄を省いたベーシックなフォルムで服を選ばずにかぶれます。気になる刺繍のロゴは ”Seavalley Mountain Club”という架空のスキークラブ。分かりやすいワードではないので、じっくり読まれても恥ずかしくありません。

 

撮影/金谷章平

コットンチノの素材感とシグネチャーのポニー刺繍がクラシカルで上品なキャップ。カラバリは豊富なアイテムですが、黒地に赤のマークというのも新鮮で、コーディネートがキリッと引き締まります。キャップはポロ ラルフローレンのもの。

 

撮影/金谷章平

ロゴTに続き、パトゥのロゴキャップが注目されています。大きめのロゴながら、キレイめなフォントで甘い服にマッチします。

 

撮影/金谷章平

ロゴの「The Progress Running Club」はランニングを日課としていたメンバーがコロナ渦にウェルネスなライフスタイルを提唱する事を目的にロンドンで立ち上げられたランニングクラブの名称。きちんと意味のあるロゴだと安心できたりもします。キャップはプログレス ランニング クラブのもの。

 

撮影/金谷章平

フェミニン服に定評のあるサクラのキャップは、太番手のコットンツイル素材、ボーイッシュすぎない小さめのツバでキレイめに使えます。ロゴは「“千の笑顔”が溢れますように」という意味。

 

撮影/佐藤航嗣〈UM〉

なんと1000円以下で買えてしまうGUのこのキャプ。控えめなLAのロゴならサラッとかぶれます。少しヴィンテージ感のあるネイビーカラーも◎。

 

撮影/金谷章平

『FreshService(フレッシュサービス)』という架空の運送会社をイメージして考え出されたモバイル型コンセプトストアのキャップ。サイドにスペックが刺繍されているのも面白い。浅めのサイズ感でツバが長いのが特徴で、真鍮製の留め金がついたサイズ調節のアジャスターもクラシックな雰囲気です。キャップはフレッシュサービスのもの。

撮影/土山大輔〈TRON〉

“SOUVENIR(土産物)”を由来に、ちょっとクセのある機能やデザインが特徴のお土産のように、誰かにプレゼントしたくなるアイテムを展開するブランド、SOU&VEN(スーアンドヴェン)のキャップ。ベージュと黒の配色で、大人っぽくかぶれます。

 

撮影/倉本侑麿

ニューヨーク発Sporty & Richのキャップ。ブランドロゴが落ち着いたフォントと配色で刺繍されていて使いやすそう。お馴染みセレクトショップでも今期多く置かれています。

 

NEXT>>一気に今年っぽくなる「バケハ」の選び方とは?

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)