FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

公園ママの「サブバッグ」ランキングBEST3!卒入園でも使えるものばかり

最近はミニバッグに貴重品を入れて、サブバッグに子どものグッズを入れるのがママのお出かけの定番スタイルに。トートバッグブランドへの需要が高まっている今、公園ママがリアルに使っているサブバッグって…?その疑問に答えるべく、二子玉川公園でSNAPしたママたちが愛用していたブランドをランキング形式でご紹介します! 卒入園のサブバッグとしても使えるので、参考にしてみて。

こちらの記事も読まれています

▶︎VERY的流行語大賞2022 ❶【ピオヌンナル】 を解説!

使い勝手の良さに沼落ちする人が続出!
第3位ピオヌンナル

発売のたびに即完売を繰り返す大人気ブランド「ピオヌンナル」が3位に登場。生地に使われている韓国の伝統的なキルティング・ヌビは、自宅で洗濯できるため、砂埃で汚れたり自転車の前カゴに入れて角が黒くなってしまっても安心。ママバッグにはもちろん、旅行用としても活躍する万能さで、色違いやサイズ違いで複数コレクションする人も。最近では、よりシンプルで無駄のないデザインのPIANOシリーズもきれいめ派のママたちから人気でした。

 

小ぶりなリボンが甘派ママの気分にマッチ
第2位 ジプソフィア

2位は、甘派ママから支持を得ていた「ジプソフィア」のリボンバッグがランクイン。一番人気の「タウンバッグ」はショルダーストラップ付きで斜めがけとしても使えるため、ハンズフリーでいられるのもママにはうれしいポイント。オムツ数枚にお尻拭き、さらにはシールブックや水筒もすっぽり入る十分な容量設計で、公園に行くときにちょうどいいサイズ感なのだとか。開口部はスナップボタン付きで、中が見える心配がないのも◎。

 

偏愛しているママも多数!親子3代での愛用者も
第1位 ファミリア

言わずと知れた大人気ベビーブランド「ファミリア」が堂々の1位に。自分が幼少期に使っていたというママが多く、子どもが寝た後に新作を必ずチェックするというコアなファンも。バッグはA4サイズが支持を集め、大容量設計や防水仕様などの機能面が優秀なものが特に人気の様子。ブランドオリジナルのチェック柄やファミちゃんの愛らしいキャラクターは、シンプルになりがちな公園コーデのポイントに最適なのだそう。

撮影/穂苅麻衣、沼尾翔平 取材・文/川原江里菜、福島美菜

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2024

June 2024

2024年5月7日発売

980円(税込)

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

2024年5月7日発売

1060円(税込)