VERY February 2023

VERY

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【形別6タイプ】普通のコート感覚で着られる!トレンドダウンまとめ2022

「オシャレしたい日にはダウンは着ない」なんて言われていた時期もありましたが、今年のダウン事情はちょっと違いそう。キレイめコート感覚で着られるものや、トレンドのジレやポンチョの形になったダウンまで、暖かく遊び心のあるオシャレが叶います。進化したトレンドダウンをタイプ別にご紹介!

素材や形がキレイめに進化して、よそいきコートとして活躍!

最近はウールやマット素材、シームレスでスッキリ見えといったダウンが続々と登場。ダウンコート=カジュアルというイメージが薄まり、仕事やランチ、ホテルだって行けちゃいそうなキレイめダウンをまずはラインナップ。

 

① ウールコート風ダウン

表面のスポーティな素材感がなくなると一気にキレイめな印象に。流行りのツイードや、ウールの切り替えデザインなら黒ダウンもコンサバに着られます。

シームレスのツイードで、デニム合わせでもこんなにキレイめ。取り外しのダウンカフスつきなので、自転車ママの強い味方です。ダウンはデュノのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
シームレスのツイードで、デニム合わせでもこんなにキレイめ。取り外しのダウンカフスつきなので、自転車ママの強い味方です。ダウンはデュノのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
ツイードとエコファーで甘コンサバさんに受けそう。ダウンはモンクレールのもの。撮影/西原秀岳〈TENT〉
ツイードとエコファーで甘コンサバさんに受けそう。ダウンはモンクレールのもの。撮影/西原秀岳〈TENT〉
読者SNAPより。ウールの切り替えデザインが上品なので、お仕事にもおすすめ。ブラウスとの相性も◎ダウンはヘルノのもの。撮影/木村 敦
読者SNAPより。ウールの切り替えデザインが上品なので、お仕事にもおすすめ。ブラウスとの相性も◎ダウンはヘルノのもの。撮影/木村 敦

② 甘ジャケット風ダウン

ビッグカラーやコクーンシルエットやフリルなど、コンサバ派に欠かせない甘アウター。真冬は寒そうなのがネックでしたが、ダウンなら安心です。

白のビッグカラーデザインにコクーンシルエット。シームレスでよりキレイめに見えます。ダウンはフレイ アイディのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
白のビッグカラーデザインにコクーンシルエット。シームレスでよりキレイめに見えます。ダウンはフレイ アイディのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
今年は特に白のダウンが充実しています。丸みのあるシルエットとクロスステッチが可愛らしい。ダウンコートはデュノのもの。撮影/酒井貴生〈aosora〉
今年は特に白のダウンが充実しています。丸みのあるシルエットとクロスステッチが可愛らしい。ダウンコートはデュノのもの。撮影/酒井貴生〈aosora〉
黒ダウンも甘盛りデザインでコンサバ見え。右から順番に、シームレスで丸みのある形で使いやすい。ダウンコートはブラック バイ マウジーのもの。編み込みとファー、ウエストシェイプのシルエットでエレガント。ダウンコートはソブのもの。フリルたっぷりの甘さながら、オーバーサイズで程よくラフさも。ダウンコートは組曲とセツコサジテールのコラボのもの。撮影/清藤直樹
黒ダウンも甘盛りデザインでコンサバ見え。右から順番に、シームレスで丸みのある形で使いやすい。ダウンコートはブラック バイ マウジーのもの。編み込みとファー、ウエストシェイプのシルエットでエレガント。ダウンコートはソブのもの。フリルたっぷりの甘さながら、オーバーサイズで程よくラフさも。ダウンコートは組曲とセツコサジテールのコラボのもの。撮影/清藤直樹

③ テーラードコート風ダウン

長め丈のダウンだとベンチコートっぽくなりがちですが、フードではなくテーラードだったり、シームレスでモコモコ見えなければキレイめに。淡めのカラーを選ぶと、よりダウンっぽさが軽減します。

真っ黒ではなく、薄めの墨黒なところも今っぽい。淡い色の服ともコントラストがつきすぎすオシャレにまとまります。ダウンコートはアドーアのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
真っ黒ではなく、薄めの墨黒なところも今っぽい。淡い色の服ともコントラストがつきすぎすオシャレにまとまります。ダウンコートはアドーアのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
オフホワイトの色味とシボ感のあるマットな表面でキレイめ。アームが広めなのでインナーを選ばす使えそうです。ダウンコートはカリテのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
オフホワイトの色味とシボ感のあるマットな表面でキレイめ。アームが広めなのでインナーを選ばす使えそうです。ダウンコートはカリテのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

ポンチョやジレ型に進化して“ダウンで重ね着コーデ”も可能に!

ポンチョやジレといったトレンドアイテムにも進出。今っぽくなれるのはもちろん、前を閉めて着るしかなかったダウンが、インナーとの組み合わせを楽しめるように。また、腕が出たりゆったりデザインのものが多いので、動きやすいといったメリットも。赤ちゃんとのお出かけに便利なダウンです。

 

④ ポンチョ型ダウン

抱っこひもの日のアウターとしておすすめのポンチョ。ゆとりのあるシルエットで、赤ちゃんを抱えていてもエレガントに見えます。

ノーカラー、腕が出るデザインなので、抱っこひもをつけていてもスッキリ見えます。腕を動かしやすいのも子連れには嬉しい。ダウンポンチョはル フィルのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
ノーカラー、腕が出るデザインなので、抱っこひもをつけていてもスッキリ見えます。腕を動かしやすいのも子連れには嬉しい。ダウンポンチョはル フィルのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
抱っこひもごと赤ちゃんを包み込んでも余裕あり。上品なカラーで、優雅な抱っこひもスタイルが叶います。ボトムをブーツインして、下半身はスッキリさせるのが◎。ポンチョはウールリッチのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
抱っこひもごと赤ちゃんを包み込んでも余裕あり。上品なカラーで、優雅な抱っこひもスタイルが叶います。ボトムをブーツインして、下半身はスッキリさせるのが◎。ポンチョはウールリッチのもの。撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
マックスマーラの洗練ダウン「ザ・キューブ」シリーズにはポンチョも!短めスリーブで、トップスとのレイヤードが楽しめます。また、サイドのボタンを開けるとスリットにも。ダウンポンチョはマックスマーラのもの。撮影/金谷章平
マックスマーラの洗練ダウン「ザ・キューブ」シリーズにはポンチョも!短めスリーブで、トップスとのレイヤードが楽しめます。また、サイドのボタンを開けるとスリットにも。ダウンポンチョはマックスマーラのもの。撮影/金谷章平
右 ボタンを留め外して、巻きスカートやコートとしても使える万能アイテム。ダウンブランケットはワイ ドット ノルディクスのもの。左 インナーダウン専業ブランド発なので、薄手でかさばらずに暖かい!ダウンポンチョはタイオンのもの。撮影/清藤直樹
右 ボタンを留め外して、巻きスカートやコートとしても使える万能アイテム。ダウンブランケットはワイ ドット ノルディクスのもの。左 インナーダウン専業ブランド発なので、薄手でかさばらずに暖かい!ダウンポンチョはタイオンのもの。撮影/清藤直樹

⑤ ジレ型ダウン

ダウンが流行りのジレにも進化!ひと昔前のダウンベストとはまた違ったキレイめデザインで、羽織るだけでコーデが完成します。

お尻が隠れる丈で使い勝手よし。車移動ならこれだけで外出できそうです。ダウンジレはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉
お尻が隠れる丈で使い勝手よし。車移動ならこれだけで外出できそうです。ダウンジレはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉
メゾンでも使用されている再生ナイロン糸を使用した美しい光沢感は、ダウンとは思えないクラス感あり。ネイビーとブルーのリバーシブルというのも魅力です。ダウンジレはトゥモローランド コレクションのもの。撮影/谷口 巧〈Pygmy Company〉
メゾンでも使用されている再生ナイロン糸を使用した美しい光沢感は、ダウンとは思えないクラス感あり。ネイビーとブルーのリバーシブルというのも魅力です。ダウンジレはトゥモローランド コレクションのもの。撮影/谷口 巧〈Pygmy Company〉
こんなにショート丈のダウンジレまでも。バランスが良くなり、コートの上から羽織るっても可愛い、コーデを新鮮にしてくれるダウンです。ダウンベストはアンスリードのもの。撮影/遠藤優貴
こんなにショート丈のダウンジレまでも。バランスが良くなり、コートの上から羽織るっても可愛い、コーデを新鮮にしてくれるダウンです。ダウンベストはアンスリードのもの。撮影/遠藤優貴

⑥ ストール型ダウン

マフラーやストールでダウンを取り入れるという発想も。カジュアルにはもちろん、キレイめコートにダウン素材をポイントにするなど、新鮮なコーディネートが完成します。

首に触れる面はフリース素材なので、つけ心地も快適。ダウンストールはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉
首に触れる面はフリース素材なので、つけ心地も快適。ダウンストールはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉
腕を通さなくていいので、動きやすさ抜群なうえ、中に着るトップスを選ばないのも嬉しい。もちろん、コートの上から巻いても◎。自転車送迎におすすめです。ダウンストールはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉
腕を通さなくていいので、動きやすさ抜群なうえ、中に着るトップスを選ばないのも嬉しい。もちろん、コートの上から巻いても◎。自転車送迎におすすめです。ダウンストールはバンヤードストームのもの。撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉

いかがでしたか?自転車や公園遊びで防寒必須なママたちの味方であるダウン。今まではデザインで諦めていたことも多かったのが、こんなにオシャレに進化したなら今年のコートの候補にリストアップできそうです。

構成・文/井上さや

*掲載中の情報は過去誌面をもとに再構成したものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

February 2023

February 2023

2023年1月7日発売

880円(税込)