VERY December 2022

VERY

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

王道ジュエリーから“モノより思い出”まで。特別な存在になる 「プッシュギフト」モノガタリ

海外から始まり最近では日本でも徐々に浸透しつつある「プッシュギフト」文化。そこには新たな家族の誕生を祝いつつ、お互いを想い合うからこそ生まれる、幸せな「モノガタリ」がありました。

こちらの記事もおすすめです

▶︎産後ケア施設で新しい家族のキックオフをしよう

注目の「プッシュギフト」とは?

「プッシュギフト」とは、十月十日の妊娠期間を経て、出産という大仕事を終えた女性に、感謝を込めて贈られるプレゼントのこと。夫が妻のために考えたプレゼントを贈るケースが多いそう。そのほかに、産後ママ自身の記念買いというケースも。

プッシュギフトは一生ものになるジュエリー派が最多

ママになった記念のギフトとして人気なのは、ずっと身につけられるジュエリーたち。今回お話を伺ったファミリーにもさまざまなプッシュギフトモノガタリがありました。

「プッシュギフトで
私の想いを尊重してくれる
夫の優しさに気づけました」

キング祐美さんご家族
(31歳・会社役員/11カ月の女の子のママ)

「プッシュギフトは妊娠中から一生の記念として肌身離さずつけられるものが欲しいと考えていました」とジュエリーをリクエスとしたというキング祐美さん。そんななかで出合ったのがカルティエのネックレスです。お守り=アミュレットというコレクション名なうえ、パールが娘の誕生石でもあったので、真珠の母=マザーオブパールのこちらを即決したそうです。

From papa

何よりも妻の気持ちを最優先したいと思い、リクエストどおりに。感謝の気持ちを伝えたくて、手紙を添えて贈りました。

\プッシュギフトは/

カルティエの
「アミュレット」ネックレス

キング祐美さんのプッシュギフトモノガタリについてもっと読む

▶︎【カルティエの“お守り”ネックレス】プッシュギフトに何もらった?①

目線は家族だからこそHappyな
プッシュギフト体験記♡

髙師このみさん
(32歳・専業ママ/3歳の男の子のママ)

「出産お疲れ様、これから家族で支え合おう」という夫からの言葉とともに贈られたこのブレスレット。結婚指輪など我が家の〝節目ジュエラー〟カルティエで、息子の名前を刻印してもらった世界にひとつだけのもの。目に入るたび幸せな気持ちにさせてくれます。

\プッシュギフトは/

カルティエのID プレート ブレスレット

From papa

息子が誕生した時の気持ちを忘れないためにと決めたブレスレット。僕自身も目に入るたび初心に返れます。

深谷江里子さん
(33歳・会社役員/3歳の男の子と0歳の女の子のママ)

第一子誕生時に、夫がサプライズで子育てのお守りの意味を持つマザーオブパールのアルハンブラをプレゼントしてくれました。第二子のプッシュギフトは夫婦で話し合い、「夫婦協力して育児を頑張ろうね!」という意味も込めてお揃いのリングを贈り合いました。

\プッシュギフトは/

第一子
ヴァン クリーフ&アーペルのネックレス

第二子
エルメスのリング

From papa

医師という仕事柄、命懸けの出産を多く見てきたこともあり、妻の妊娠時から何か贈ろうと決めていました。

髙桑 縫さん
(28歳・ショップ経営/3歳の男の子のママ)

普段は贈り物のセンスが少々独特でお茶目な夫。そんな彼がサプライズでミキモトのパールセットを「お疲れ様」と贈ってくれた時は感動すると同時に母になったことを実感。後から私の母にまで相談してくれたと分かり、その気持ちが嬉しかったです。

\プッシュギフトは/

ミキモトのパールネックレス&イヤリング

From papa

約3カ月かけて、義母に相談しながら準備しました。妻の喜ぶ顔を見て、本当にあげてよかったと思いました!

木村優衣さん
(29歳・専業ママ/3歳の女の子と0歳の男の子のママ)

SNSでプッシュギフトの存在を知り、普段から身につけられるジュエリーを夫にリクエスト。せっかくなら自分たち夫婦らしいブランドを選びたいね!と一緒に探し選んだのがこのジュエリー。友人との食事や夫とのデートの時に身につけて大切に使っています。

\プッシュギフトは/

第一子
Hirotakaのピアス

第二子
Messikaのリング

From papa

特別なプレゼントだと思ったので、自分たちらしいブランドをと妻と一緒に探したことも良い思い出です。

西岡裕子さん
(32歳・メーカー勤務/6歳の男の子と4歳の女の子のママ)

私の父が母の出産時に指輪を贈っていたのを素敵に思い、私も出産したら記念になるものが欲しいと夫に話していました。長男出産後、夫がサプライズムービーを作ってくれ、そのなかに指輪を買いに行こう!とメッセージが。覚えていてくれたことも嬉しかったです。

\プッシュギフトは/

第一子
ヴァン クリーフ&アーペルのリング

第二子
ヴァン クリーフ&アーペルのピアス

From papa

妻から義父の素敵なエピソードを聞き、自分も何か形に残るもので出産への感謝を伝えたいと思いました。

浦上光紗さん
(33歳・IT通信関連勤務/2歳・0歳の女の子のママ)

第二子誕生後、家に遊びに来た友人からプッシュギフトの存在を教えてもらい、その場にいた夫も乗り気に。重ねづけを楽しめるブシュロンのキャトルを贈ってもらいました。こうして節目のたびにリングを買い足して、想いも重ねていけたら素敵だなと思っています。

\プッシュギフトは/

ブシュロンのリング

From papa

男性側にとっても、意味のある素敵な贈り物だと思います。第一子の時にもプレゼントしてあげたかった!

バッグや靴のプッシュギフトは「エルメス」に人気が集中

岡田雅弥子さん
(29歳・専業ママ/5歳・3歳・0歳の男の子のママ)

今までは母業で使える黒や紺のバッグをプッシュギフトでお願いしていたのですが、三男の時は自分軸で使える色&サイズのバーキンに。三男妊娠中切迫早産で動けず、夫が家事育児仕事と大変だったので、夫も自分にプッシュギフトとして時計を贈っていました(笑)。

\プッシュギフトは/

エルメスの
バーキン 25㎝ ゴールド

From papa

少し大きくなった息子と、贈ったバッグを持って出かけている妻の姿を見ると感慨深いものがあります。

苅谷純子さん
(33歳・商社勤務/1歳・1カ月の女の子のママ)

長男の出産時、SNSで知ったプッシュギフトの存在を夫に伝えました。育児中も使えるものは何かと考えた結果、さっと履けて気分も上がる〝一生モノのつっかけ〟をと夫とエルメスに行って選びました。足元が黒で締まるので子育て中のほっこり見えも回避。

\プッシュギフトは/

エルメスのオラン

From papa

オランを嬉しそうに履いているのを見て、こちらまで嬉しい気持ちに。次男のプッシュギフトも検討中です。

プッシュギフトに「役に立つもの」を選ぶ理由

「その時々で〝役に立つもの、
喜ぶもの〟を選んでくれました」

石川佑里子さんご家族
(30歳・専業ママ/6歳・5歳の男の子と1歳の女の子のママ)

ひどいつわりや切迫早産で数カ月間の入院を経験するなど、3人ともに大変だった妊娠中。妊娠間近のタイミングで、夫から「産後に欲しいものをいくつか教えて」という提案が。心身ともに本当に辛かったので、少しでも私の気持ちを明るくしたいと考えてくれた夫の心遣いにグッときました。私が挙げたリストのなかから、夫が贈りたいと思ったものがプレゼントされるというワクワク感も楽しくて。「出産お疲れ様」の言葉ももちろん嬉しいですが、「これからの子育て頑張ろう」という気持ちが形になった気がして嬉しかったです。長男の時は、マザーズバッグ用のトートバッグ。次男の時は年子育児で手ぶらでお出かけできるバックパック。3人目の長女の時は、あまりに長い入院生活できれいな海が見たくなり沖縄旅行でした。3人分のプッシュギフトの軸にあるのは、その時々でいちばん〝役に立つもの、喜ぶもの〟。私の効率的にものを考える性格をよく知っているのだと思います。

From papa

実は「プッシュギフト」という言葉はこの撮影で知りました(笑)。妊娠中大変だった妻を見て何か贈りたいと自然と考えていました。

\プッシュギフトは/

第一子
グッチのトートバッグ

6年使っても型崩れしないレザートートは、いまだに現役。ポップなカラーリングが気分を上げてくれます。

第二子
プラダのバックパック

年子育児に大活躍だったバックパック。長く愛せることを意識して、プラダの黒のナイロンを選択。

「モノよりコト派」のプッシュギフト思い出集

家族の思い出と子どもの
成長を願った国内旅行

 

瀬古あゆみさん
(31歳・専業ママ/2歳の男の子のママ)

本当はジュエリーを買いに行く予定でしたが、緊急事態宣言になり買いに行けず時は流れ…コロナが落ち着いた時に、改めて夫と話し合い、おうち時間が多かったので家族の思い出になる旅行をリクエストすることにしました。

宮古島「ホテルシギラミラージュ」。海とプールだけの行き来でも嬉しそうな息子。

熱海「あたみ石亭」では自然の緑と波の音に癒されました。

東京タワーを一望できる
ホテルステイで贅沢時間を満喫

 

桃井真由さん
(32歳・ライター/1歳の男の子のママ)

コロナ禍での妊娠・出産で、どこにも出かけられず過ごしていたので、非日常空間で過ごす時間を切望していました。夫からプレゼントは何がいいか聞かれ、迷わず素敵なホテルステイをリクエストしました。

「アンダーズ 東京」の東京タワーが一望できる部屋に宿泊。ルームサービスやエステで、心も体もリフレッシュ。

産後ダイエットで
パーソナルジム20万円

 

高橋夏果さん
(32歳・ライター/5歳の女の子と2歳の男の子のママ)

長女の時はシャネルのジュエリーでしたが、2人目は妊娠前から10㎏から増えてしまった体重を元に戻すためパーソナルジムと骨盤矯正をリクエスト。プレゼントしてもらった手前、本気で取り組めたのも良かったです。

結果、2カ月で約8㎏瘦せられました。途中から夫も通い始め、夫婦のコミュニケーションも取れました。

サプライズのお花と手作り
フルコース料理のおもてなし

 

等 奈未さん
(33歳・IT関連勤務/1歳の男の子のママ)

里帰り出産から家に帰ると、私の大好きなお花と妊娠中ずっと我慢していた生ハムなどを使ったフルコースのお料理をサプライズでプレゼントしてくれました。私を喜ばせようと時間をかけて作ってくれたことが嬉しかったです。

付き合っている頃から記念日には必ずお花をプレゼントしてくれる夫。出産後も私の大好きなダリアをプレゼントしてくれました。ピンクのお花はお花屋さんからのプレゼント。

撮影/五十嵐 洋(静物)、NANAMI、相澤琢磨(ともに人物) 取材・文/高橋夏果、桃井真由 編集/羽城麻子
*VERY2022年6月号「我が家の「プッシュギフト」モノガタリ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*企画内のエルメスおよびシャネルの商品は私物です。ブティックへのお問合わせはご遠慮下さい。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

December 2022

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)