VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【盛りすぎない甘口コーデ5選】夏コーデに“ベーシック回帰現象”あり!

ふんわりスカートや甘ブラウスが欠かせない甘コンサバ派さんに、今年の夏は変化の兆し!甘い中にも爽やかさを演出するベーシックスタイルに気持ちが傾いている様子。甘いけれどベーシック、ベーシックだけれど無難すぎない好バランスコーデをお届けします♡

こちらの記事も読まれています

▶︎夏のジュエリー、重ね付けのコツは?

今年たくさん出ている半袖ニットは、Tシャツよりもちょっとかしこまって見せたい時に最適。スカートはたっぷりの分量でも重くならず軽やかなリネン素材。ヘビロテアイテムなので投資の価値あり!
半袖ニット¥41,800(オーラリー)スカート¥86,900(エブール/エブール GINZA SIX店)バッグ¥58,300(へリュー/ハウス オブ ロータス 二子玉川店)ミュール¥31,900(ピッピシック/ベイジュ)

たっぷりの分量で動くたびに
揺れてドラマチック

ebureの白リネンスカート

白地にストライプ柄で表情豊か。スカート¥86,900(エブール/エブール GINZA SIX店)

ハイゲージできちんと感
夏も着られるドライなカシミア

AURALEEの半袖ニット

上品な光沢はカシミアならでは。ドライな着心地で涼しげです。半袖ニット¥41,800(オーラリー)

体のラインを拾わず、Tシャツ苦手さんも着やすいきれいめTシャツの代表格。
カットソー¥9,900(エブール/エブール GINZA SIX店)スカート¥15,400(エミ/エミ ニュウマン新宿店)バッグ¥52,800(モダン ウィーヴィング/ショールーム セッション)ネックレス¥15,400(フィリップ オーディベール/アルアバイル)イヤリング¥12,100(ビームス/フィリップ オーディベール)パンプス¥39,600(ピッピシック/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

毎年大ヒット! ゆったりだけど
シャープな見え感が絶妙

ebureのベージュTシャツ

ツヤと程よいドレープ感で上品な印象に。カットソー¥9,900(エブール/エブール GINZA SIX店)

タック入りでウエストのボタンが見えないデザインなので、デニム素材のスラックス感覚で穿けます。デニムのカジュアルさとスラックスのきれいめのいいとこ取り。
ブラウス¥20,900(デ・プレ)デニムパンツ¥37,400(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)バッグ¥35,200(ヴァジック/ヴァジックジャパン)カチューシャ¥2,530(AKTE)サンダル¥49,500(ブレンタ/ビームス ハウス 丸の内)

Noボタンでスラックス感覚で
穿けるきれいめデニム

GALERIE VIEの淡色デニム

淡色で優しい印象。デニムパンツ¥37,400(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

パッと着てサマになる甘黒ワンピは夏の必須アイテム。シワになりにくい素材も嬉しい。
ワンピース¥23,100(ミースロエ)バッグ¥15,950(バグマティ/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)ストール¥30,800(アソース メレ/ビームス ハウス 丸の内)ネックレス¥11,000(エスネ/アーセンス ルミネ新宿1)ビーサン¥20,900(ファビオルスコーニ・フォー・アナイ/エッセンス・オブ・アナイ)

ノースリだけど二の腕隠れて
着やすい甘黒ワンピ

MIESROHEの黒ギャザーワンピ

たっぷりしたシルエットで着やせ効果も期待できる!ワンピース¥23,100(ミースロエ)

エクリュカラーが夏のきれい色をオシャレに見せてくれます。
ノースリーブTシャツ¥4,950(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)パンツ¥24,200(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)バッグ¥25,300(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)ネックレス¥8,800(エスネ/アーセンス ルミネ新宿1)バングル¥22,000(フィリップ オーディベール/ビームス ハウス 丸の内)サンダル¥27,500(ファビオルスコーニ フォー オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)

センタープレスとサテン
素材で上品なリラクシー

Whim Gazetteのジョグパンツ

ロングセラーの白。パンツ¥24,200(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

撮影/菊地 史〈impress+〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/岩田槙子 ヘア・メーク/塩澤延之〈mod’s hair〉 モデル/青木裕子 取材・文/栗生果奈 編集/翁長瑠璃子
*VERY2022年6月号「【大特集】あらゆるシーンをノンストップで横断できちゃう心強い味方 ONもOFFもこれで乗り切る 私たちにはオールマイティ服がある! Part4 それぞれの派別オールマイティ・ベーシック」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE