VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【トレンド目線の“万能オシャレ”まとめ】オシャレな人が「本当に着回してる服と小物」9

ママらしい実用とオシャレの両立には一家言ありなVERYスタッフのプライベート愛用品を調査してみると、テイストをまたいでカブったオールマイティ名品が続出!オシャレ上手なみんなの“本当に使える”をトレンド目線でまとめました。

よく手に取るからこそ、アガるものを選びたい♡
VERYスタッフたちの
2022オールマイティオシャレ

ママたちの「注目バッグ」は?

街でも公園でも!
カブり多発なロンシャンのネットバッグ

ライター古谷沙季さん
柄物とも合わせやすいので高頻出。バッグINもできるのでエコバッグとしても便利。

ライター木村幼奈さん
モノトーンにレザーバッグは重たく感じる春夏にこの軽さと抜け感がちょうどいい!

ライター栗生果奈さん
平日ワンマイルが多い今、手ぶら感覚な非レザー&カジュアル素材の斜めがけが活躍。

「ビジューつきサンダル」は今年も人気

毎日カジュアル派も
足元にキラキラを足したい気分

ライター垣内優美さん
マノロ×ビルケンは華やかで盛れるところとガシガシ履ける気楽さが子育て世代に嬉しい。

ライター高橋志津奈さん
服は甘さ控えめですが足元くらいは、と挑戦。いつものカジュアルに変化がついて◎。

夏パンツは「白」と「ピンク」が使える

〝ゆるいのにモード〟な
バレルパンツって万能!

読者モデル平山真弓さん
極太パンツも白なら尖りすぎずクリーンな印象に。ZARAなら惜しまず公園にも行けます。

ライター塚田有紀子さん
楽なのにモード見えが叶うSEAの美形バレルパンツはもはや洗う暇がないほど活躍。

白Tでも心強い!
コンサバ派の毎日にピンクパンツ

パンツ¥18,920(アンクレイヴ ホワイト/オンワード樫山)

ライター北山えいみさん
ドゥロワー&アンクレイヴのピンクパンツはスウェットTで〝オシャレしてます感〟が出せる!

ライター高橋夏果さん
通年モノトーンが多いけれど、ピンクは意外にも白でも黒でも合わせやすいと発見。

Tシャツは「ロゴ入り」が使いやすい!

PATOUのロゴTで
普段着にも胸張れるオシャレ感♪

ライター垣内優美さん
おそと遊びの日からお出かけまでボーダーレスに活躍してくれ、高コスパっぷりを発揮。

ライター木村幼奈さん
高感度なブランドロゴTはオシャレしたい日も楽したい日も、どっちにも効く万能さ。

スタイリスト岩田槙子さん
レース衿は自分でも意外なセレクトでしたが、パトゥの洒落た甘さが刺さりました!

今どき2大人気「アクセ」はコレ!

編集部で見ない日はない!?
ブランイリスのリングと
シャルロット シェネのピアスがあれば安心♪

スタイリスト縄田恵里さん
程よいボリューム&コンビで合わせを選ばず、手持ちの中でも1、2位を争う出番の多さ。

ライター高橋志津奈さん
モードな存在感で、マスク着用時でも映える横顔を作ってくれるので手放せません。

ライター黒﨑梨緒さん
ボリューミーなのに女っぽいバランスに感動、きちんとシーンでも困らない上品さも♡

ライター北山えいみさん
ノーピアス派なので日々のアクセはリング頼み。コレ一つでしっかり盛れてる気が。

夏コーデは「柄パン&スカート」で更新

「毎日Tシャツ」の季節到来!
甘派も辛派も柄ボトムスが頼り

スタイリスト縄田恵里さん
白Tの季節こそ柄ボトムスの出番。ユナイテッドアローズのリラクシーパンツがさっそく活躍。

ライター北山えいみさん
ドットやギンガムなどTシャツを盛り上げる甘柄スカートに目がなく、一目惚れでした!

ライター古谷沙季さん
ワンツーコーデに陥りがちな毎日送迎もマドモアゼル ロペの柄スカートでいっきに映える。

パンツ以外で取り入れる「デニム」が新鮮!

トレンドの今年、
みんなの
デニム愛が再燃中♡

スタイリスト岩田槙子さん
デニムが気になってマディソンブルーで購入。デニムパンツにはない女っぽさが新鮮!

ライター栗生果奈さん
なぜか甘い服が着たくなる春夏、アクネのGジャンがいい感じに甘さを抑えてくれます。

ライター高橋志津奈さん
セリーヌのデニムシャツはクロップド丈が秀逸。旬な雰囲気とバランスを叶えてくれます。

差がつく「スニーカー」は配色が鍵!

夏場のモノトーンには
D.A.T.E.の映えスニーカー

スタイリスト縄田恵里さん
自分のワードローブにハマる配色のデイトは、活動量が多い男の子ママに欠かせません。

ライター栗生果奈さん
金子綾さんコラボはモノトーンになじみつつ盛り上げてくれる色使いがさすがすぎる!

スタイリスト岩田槙子さん
気をつけないとついつい頼りすぎ(笑)。合わせに困らない絶妙なカラーリングがにくい。

夏の「黒」は“軽さ”に注目!

トライしやすい女っぽさ!
〝透け黒〟が意外と使える

ライター黒﨑梨緒さん
ウィム ガゼットのカットソーはシアー感がありつつ透けすぎないからシーン問わず大活躍。

ライター木村幼奈さん
マチャットのチュールトップスはタンクやロゴTに重ねて手軽に脱無難を叶えてくれそう。

ライター古谷沙季さん
きちんとシーンもOKな、丈と抜け感が絶妙に使いやすいエストネーションのシアースカート。

撮影/イ・ガンヒョン、木村 敦、久保嘉範(すべて人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/TOMIE、加藤史帆〈PEACE MONKEY〉 スタイリング/石関靖子 取材・文/田中幸恵、増田奈津子、嶺村真由子 撮影協力/菅原萌衣 編集/太田彩子
*VERY2022年6月号「【大特集】あらゆるシーンをノンストップで横断できちゃう心強い味方 ONもOFFもこれで乗り切る 私たちにはオールマイティ服がある! Part1 チームVERYのオールマイティ服SNAP」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載されているエルメス、シャネルのアイテムは私物につき、ブティックへのお問合わせはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

FEATURE