VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【ALL私服で披露】神山まりあさん「私が着たいキャメルとベージュ」コーデ9選

ファッションは「夫の母の影響も大きく、今も自分の“好き”がブレない姿勢が憧れ!」というVERYモデルの神山まりあさん。「70歳になっても着られるような服」だけを残して普遍的なクローゼットを目指していて気づいたのが「キャメル&ベージュ」が自分らしいということ。「目下のテーマは上品&洗練の〝イタリアンマダム〟」と語るまりあさんの、気になるベージュコーデを披露!

こちらの記事も読まれています

▶︎新生活、本当に役立つレザー小物7選

私が着たいキャメル&ベージュ
お手本はディオール!

DIOR

「毎シーズン気になる大好きなブランドの一つがディオール。どんな時代でも正統派で、着ると淑女の気分にさせてくれます。ベージュのトレンチコートも毎シーズン、さまざまなブランドをチェックするほど好き。今日、今シーズンの新作を着ることができて嬉しいです」。潔いパリッとした白シャツの合わせで。
トレンチコート¥759,000 シャツ¥165,000※参考価格 バッグ¥462,000(すべてディオール/クリスチャン ディオール)

ALL私物で春の気分をお届け!

数あるキャメルとベージュのなかでもこよなく愛しているのは〝サンドベージュ〟。私の肌に合う黄みの少ないベージュです。着こなしは服のシルエットを生かしてあくまでもシンプルに。

1.リゾートスタイルもアンチカラフルで大人に変化

ONE-PIECE:THE ROW
HAT:Shinonagumo
NECKLACE:Bijou de M
NECKLACE:CELINE

2.デニム×デニムもベージュトレンチでシックにまとめて

COAT:THE ROW
JACKET:CELINE
PANTS:CELINE
SHOES:JIMMY CHOO

3.今年に気になるミニスカートはワントーンで

JACKET:THE ROW
TOPS:Ron Herman
SKIRT:MADISONBLUE
BAG:CHANEL

4.こんなヌーディなコーデには赤リップでメリハリ

TOPS:COZ manufactured by WRAPINKNOT
PANTS:MADISONBLUE
EARRINGS:MARIA BLACK
BAG:LOUIS VUITTON

5.ベルト使いのウエストマークでスタイルアップ

SUIT:MADISONBLUE
BELT:HERMÈS
BAG:HERMÈS

6.ジャケットは義母から譲られた大切なもの

JACKET:HERMÈS
TOPS:HERMÈS
PANTS:Theory
SHOES:GUCCI

7.黒を効かせるベージュコーデも私らしい合わせ

SHIRT:THE ROW
KNIT TOPS:MUJI
PANTS:DRIES VAN NOTEN
GLASSES:OLIVER PEOPLES

8.コラボキャップもベージュを作っちゃった♪

COAT:The Frankie Shop
TOPS:MUJI
PANTS:Max Mara
CAP:NEW ERA

9.オーバーサイズのコートをバサッと羽織るのも大好き

COAT:BOTTEGA VENETA
BLOUSE:THIRD MAGAZINE
PANTS:MOTHER
BAG:THE ROW

.

撮影/金谷章平 スタイリング補助/石関靖子 ヘア・メーク/福川雅顕 スタイリング&モデル/神山まりあ 取材・文/嶺村真由子 編集/藤田摩吏子
*VERY2022年4月号「神山まりあさん責任編集 私が着たいキャメル&ベージュ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。
*このページに掲載のものはすべてモデルの私物です。ブティックへの問い合わせはご遠慮下さい。

この記事もおすすめ

FEATURE