VERY October 2022

VERY

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【カーディガンコーデ12選】この春注目のデザイン&合わせ方とは?

初夏の陽気かと思えば、急に肌寒くなることもある春。そんな温度調整が難しいこの時期に重宝するのは、やっぱりカーディガン。ただ便利な一方で、定番アイテムだけに今っぽさに欠けがちなのが悩ましいところですよね。そこで今回は、旬なデザインや地味見えしない合わせ方など「今年らしくカーデを着こなすためのテクニック」をお届けします。

今年っぽく見える着こなしのコツは?

①ボタンを閉めて「ニット感覚」で

カーディガンの着こなしテク「前ボタンを閉めてニットのように着る」

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

カーデ=羽織るという概念を崩すと、逆に堅さが抜けてどこかモードな表情に。ジャストサイズのカーデなら着回しもしやすく、さらに透け感のある素材を選べばぐっと今っぽい印象になります。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

②最旬は「ブラウス合わせ」

カーディガンの着こなしテク「大きめな襟が特徴的なブラウスと重ね着」

この春もまだまだ人気継続中のデコラティブな甘めブラウスは、カーディガンとの相性が最高。レイヤードすることで襟元のデザインも引き立ちます。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

今季人気のデザインは?

ジャケ見えカーデ」が便利と話題

ツイードジャケット見えカーディガン

今季の注目は、ジャケットより軽快、でもカーデ以上のフォーマルを演出してくれる「ジャケット見えカーディガン」。カジュアルアイテムとの相性も良く、温度調整のみならずきちんと感の調整もできる優れもの!

▶︎アイテム詳細はこちら

 

「黒カーデ」コーデ3選

合わせるアイテムを選ばない定番アイテム、黒カーデも合わせ方やデザインの更新を。今季らしく新鮮に着こなして。

 

黒カーディガンコーデを使ったモノトーンスタイル
撮影/菊地 哲〈MUM〉

スウェット素材なら
無条件にモード感

デザイン自体はプレーンなカーディガンでも、スウェット素材を選べばコーデのアクセントになります。上下スウェット×白Tのシンプルコーデも、プルオーバーでなくカーデを選べばラフになりすぎずモードな印象に。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

黒カーディガンに白のフレアスカートを合わせたコーデ

撮影/木村 敦

ボタンを活かしてニット感覚で
それだけで今年の表情に更新!

コンパクトなサイズ感の1着は、前を閉じてニット感覚で着られるのも魅力。無地ニットよりも洒落感が出て、ただ羽織るよりも今年らしい着こなしに仕上がります。色使いなどでボタンがアクセントになっているデザインがおすすめです。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

ジャケット見え黒カーディガンを使ったコーディネート

撮影/木村 敦

大ぶり襟とは最高の相性!
黒カーデなら甘さも上品に

今季も大人気の白ブラウスは、ノーカラーの羽織りとの相性も抜群! 襟の存在感を際立たせ、さらに黒のカーデなら甘さをシックに引き締めてくれます。「春はブラウスを着たい」と思っている人は、ボリュームのあるブラウスにも羽織れるサイズ感のカーデを1着は押さえておきたいところ。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

「春色カーデ」コーデ3選

華やいだ色が着たくなる春。フレッシュなカラーなら、夏前まで活躍してくれそう。

 

イエローカーディガン×グリーンパンツスタイル

撮影/佐藤航嗣〈UM〉

淡いイエローなら色×色も難なく◎
インナーで中和するのがコツ!

イエローのカーデは、白に馴染む淡いトーンを選ぶとほかの色を足しやすく、スタイリングの幅が広がります。カーキのパンツなど、メンズ感のあるアイテムもキレイめな表情に。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

ピンクカーディガン×黒パンツコーデ

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE)

無性に着たくなる甘色ピンクは
ざっくりラフに取り入れたい

春に着たくなる色といえばやっぱりピンク。魅力を感じつつも甘さゆえに敬遠しがちな人は、ラフに羽織れるカーデがおすすめ。白Tに黒パンツという定番の合わせも、一気にテンションが上がるスタイルに更新!

▶︎アイテム詳細はこちら

 

グリーンカーデ×黒スカートコーデ

撮影/有馬秀星〈MOUSTACHE〉

この春の最旬&人気急上昇の緑は
あえて黒と合わせてパキッとモードに

パキッとした緑はコントラストを強めに、モードに着こなすのがおすすめ。インナーを見せず、黒とのバイカラーでまとめて。旬なカラーを主役にすると、それだけでスタイリング全体が今っぽい印象に。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

「ジャケ見えカーデ」おすすめデザイン3選

送迎や通勤はもちろんのこと、動きやすさときちんと感を両立してくれるので、子連れのお出かけにも重宝。合わせやすいデザインは…?

 

パールがあしらわれたジャケット見えカーディガン

撮影/渡辺謙太郎

パールで華やかさもひとしお
オケージョンシーンにも◎

パールで縁どられたデザインは、アクセ要らずの華やかさ。いつもの黒パンツにさっと羽織るだけでも、シンプルカジュアルからきちんとコーデに昇華します。デイリー使いはもちろん、合わせるアイテム次第でオケージョンシーンにも対応可能。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

ネイビーのジャケット見えカーディガンコーデ

撮影/魚地武大〈TENT〉

ふんわり袖の存在感が絶妙
かっちりしつつ甘系モードに

ふんわりフォルムの袖やフレアの切り替えなど立体的なデザインも、ジャケットに近いしっかりとした素材感なので着映え度◎。地味に見えがちなシャツとネイビーカーデの合わせも、どこかモードな表情に。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

白のジャケット見えカーディガンコーデ

撮影/佐藤航嗣〈UM〉

1着あると便利なツイード調
実はTシャツ×デニムとも相性最高!

無条件にキレイ見えするツイード調カーデ。コンサバにまとめたいシーンには言わずもがな、実はラフなスタイリングにもハマるのが大きな魅力。シンプルカジュアルに華やぎときちんと感を出してくれるので、旅行やホテルランチにも大活躍です。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

「ユニクロのカーデ」狙い目3選

カラバリ買いできるプライスで頼れるユニクロ。狙いたいのは、やっぱり使いやすいベーシックなデザイン、そして優秀な機能性! 毎シーズンごとの新作チェックは必須です。
※本記事掲載写真はすべて誌面掲載時に販売していたアイテムです。最新モデルはユニクロ店頭・ECにてチェックを!

 

ユニクロ クルーネックカーディガン

撮影/西崎博哉

[クルーネックカーディガン]
定番色や差し色、多色でおさえたい!

季節ごとに素材違いで登場するクルーネックのデザイン。羽織りの役目はもちろん、ボタンを留めてニット感覚でレイヤードするのも旬な着こなしです。豊富なカラー展開も人気の理由で、アクセントカラーやベーシックカラーなどで多色持ちしている人も多いのでは? 春夏に向けた薄手素材なども登場するので、ぜひ改めてチェックを。

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

ユニクロ UVカットカーディガン

撮影/魚地武大〈TENT〉

[UVカットカーディガン]
忙しいママを助ける優秀機能素材

様々な高機能素材アイテムを輩出しているユニクロですが、やっぱりこれからの季節に有難いのはUVカット。さっと羽織るだけで紫外線ケアできるので、ご近所へのお出かけに重宝するはず。自転車や水際シーンなど、日焼け止めにプラスして対策強化したいときにも◎。

▶︎アイテム詳細はこちら

 

ユニクロ メンズカーディガン

撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉

[メンズカーディガン]
ざっくりなサイズ感が絶妙!

おしゃれな人は新作が出るたびにチェックするのが当たり前になったメンズラインのトップス。とくにカーディガンは、インナーを選ばず、ゆるく羽織れるサイズ感が秀逸なんです。メンズならではの無垢デザインと、ユニクロならではのハイクオリティな素材感による、高見えも嬉しいポイント。最新カーデにも注目を!

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

まとめ

サッと羽織れるカーディガンは、オールシーズンで活躍してくれる優秀アイテム。それだけに、着こなしやデザインには更新が必要です。単なる温度調整にとどまらせない、むしろスタイリングの完成度をアップさせてくれるカーデの合わせ方を意識して、この端境期をお洒落に乗り切りましょう。

文/磯部薫

※本記事は過去掲載記事を元に再編成したものです。掲載商品はすでに販売終了している場合がございます。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

October 2022

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)