VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

“ジャケットを着ない”派の入園・入学式コーデ見本

数ある学校行事の中でもより厳かな雰囲気な卒園式や入学式。「マナーとしてジャケットは着た方がいい?」と悩む声も聞きますが、実際にノージャケットで参加するママも多い様子。そこで、今回は昨年ジャケットなしで卒入園・卒入学式に参加した先輩ママたちのコーディネートを紹介していきます。

ZARAのジレが主役。手持ちアイテムでまじめすぎないコンサバに

明賀琴絵さん(37歳/4歳の男の子のママ)【東京】

「スポーツをメインとした幼児園の入園式は、スポーツ選手のトークショーなど2時間近くありました。 園の雰囲気がカジュアルなので、黒紺に限らずベージュや着物のママも。私はZARAのジレをメインに手持ちのアイテムを使ってまじめすぎないコンサバを意識しました。シャツはノーク バイ ザ ライン、パンツはライター高橋志津奈さんと23区コラボのエディターズパンツ、パンプスはヘディングサウスのものです。よりきちんと感が出るように、髪型はセンターパートのシンプルなローポニーでミニマルに」

 

袖のボリュームが華やぐブラウスをメインに!

門田麗奈さん(33歳/4歳と2歳の男の子のママ)【東京】

「デイリーに着られるものがいいなと、入園式はすべて手持ちの服でコーディネートしました。ユニクロのストレッチテーパードアンクルパンツは動きやすいのと、低身長でもくるぶし丈にくる丈がお直しなしで履けるのが嬉しいポイント。清潔感のある黒で式でも浮くということはなかったです」

 

ジレできちんと感といつもの自分らしいおしゃれを両立

北川紗織 さん(39歳/4歳男の子のママ)【東京】

「入園式にふさわしいきちんと感がありつつ、いつものテイストを変えなくてすむコーデを考えてユナイテッドアローズのロングジレを主役に。動きやすくてパンツに合うのもポイントでした。トップスはロエフ、パンツはグビグビ、タビシューズとバッグはマルジェラです。ロエベのブローチは洗練された華やかさが出せるのでつけてよかったと思っています。」

 

着物のママは少ないとリサーチしていたので、大好きなブランドで揃えました

赤澤聖子さん(39歳/7歳男の子・3歳の女の子のママ)【関西】

「長男の入学した公立小学校は着物で参加する方は少ないかなと思ったので、顔周りが明るく見える白のトップスに淡いクリーム色のパンツを合わせました。上下とも普段からよく着るブランドのMACHATTのものです。普段にも使えるので、そのあとも重宝しています。小学校まで歩いて行ったので、足元はヒールなしの靴を選んで正解でした。インターナショナルスクール時代の友だちはほとんどいなかったので、シンプルな服にして良かったと思っています」
※掲載のエルメス、シャネルのアイテムは赤澤さんの私物です。ブティックへのお問合わせはご遠慮ください。

 

白のドレスシャツを選んだら、センスが合いそうな素敵なママと知り合えました

福留絵里子さん(37歳/3歳男の子のママ)【関西】

「入園2週間ほど前に保育園が決まったこともあって、しっかりと準備ができなかったのが正直なところ。近いエリアで同じような園に入れている同僚ママにリサーチしたら、スーツを着てくる人は少なかったそう。シャツかワンピースを着ている人ばかりだったと聞いて、ROKUのドレスシャツにStunning LUREのサテンパンツを合わせました。決めすぎないほうがいいとアドバイスをもらっていたので、わかりやすいブランドは避けたつもり。実際出席してみてセンスが似ていそうなママは素敵な白シャツを着用されていたので、私も白シャツにして良かったと思った記憶があります」

 

取材・文/高橋夏果(関東分)、伊波那津子(関西分)、佐野祐子(名古屋分)

この記事もおすすめ

FEATURE