VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【細見えブラウス3選】Aラインの華やかデザインはお教室ママがお手本

バサッと着るだけでサマになり、ウエストまわりの心配も無用。甘めでゆるいシルエットのトップスの楽チンさを知ってしまうと手放せなくなる気持ち、わかります。きちんと感や可愛さをキープしながらもウエストINしないでサマになる甘ブラウスを研究。座ったりで何かと慌ただしい子どものお着替えが必要な、バレエ教室などのお稽古向きの「Aラインシルエットのブラウス」をセレクトします。

こちらの記事も読まれています

▶︎掃除が苦手な人が“優秀”と認めた掃除アイテムとは?

バレエ教室ママは…
Aラインシルエットなら子どものお着替え時も楽チン!

【上】CADUNE 【下】CELFORD
上から シフォンの裾を取り入れたドッキングデザインは、付け外しもできる便利な2way。ブラックブラウス¥24,200(カデュネ)着くずれしにくいハリ素材がお着替え中も優雅。控えめなスカラップフリルが品良く着こなせます。ホワイトブラウス¥16,500(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)

お着替え中の座り姿もサマになるフレアシルエットを

立ったり座ったりで何かと慌ただしい子どものお着替えが必要なお稽古には、フワッと広がるAラインシルエットで解決。座る姿に華やかさも加わるスカラップヘムデザイン。ブラウス¥49,500(YOKO CHAN)パンツ¥15,000(ノーク)バッグ¥64,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)ピアス¥13,200(ニナ・エ・ジュール/ショールーム 233)リング¥14,300(リプサリス/ロードス)女の子/すべてスタイリスト私物

.

撮影/渡辺謙太郎(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/只友謙也〈P-cott〉 スタイリング/竹村はま子 モデル/牧野紗弥、ヴェロ・ニナ 取材・文/鍋嶋まどか 撮影協力/WAKAMAY BALLET STUDIO 編集/髙田彩葉
*VERY2022年2月号「お稽古ママ的トレンド2022 Part3 絶対にINしたくない私のアウトでサマになる甘トップス研究」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE