VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【送迎ママの黒紺コーデ】長く使える定番×ちょいモードでマンネリ打破

お稽古や母行事の日は、華美すぎずにオシャレ見えするコーデを楽しみたい。ベーシックな黒や紺ながら、トレンド感が出せて気分が上がる。そんな読者のリアル黒紺コーデをお届けします。

柴田奈々さん
制約のある黒紺オシャレは、
最大限の振り幅で楽しみます

トレンド感のある黒紺を織り交ぜて気分転換を。娘が2人いるとお稽古に通う期間も長くなるので、基本的には黒紺アイテムは数年着られるような良いモノに投資するようにしていますが、それだけだと飽きたり無難すぎて気分がアガらないことも。程よく個性も出せる黒紺デザインを厳選して、時には遊びを取り入れます。

Profile
主婦。34歳。私立園に通う4歳の女の子、2歳の女の子のママ。通園も黒紺率が高め。

エレンディークのモードな紺で
マンネリを解消!

GUCCIのローファーは合わせやすく疲れない!

ELENDEEKの服は、異素材の組み合わせやシルエットなど紺でも最大限遊び心を出せるのが魅力。スカート丈が長いので椅子に座る時も安心です。

【COORDINATE】
ONE-PIECE / ELENDEEK
BAG / FENDI
SHOES / GUCCI

バックがプリーツになった異素材の組み合わせがユニーク。

長く使えるベーシック黒紺は
惜しまず王道に投資

子どもの荷物が多いので自分の持ち物は斜めがけ小バッグで完結。

お稽古だけでなくその後も着られる正統派の黒紺服はFOXEYやTheoryに投資。派手さはないけれど、その分長く使えるジョンスメのニットも優秀。

【COORDINATE】
KNIT / FOXEY
PANTS / JIL SANDER
BAG / SAINT LAURENT

.

撮影/イ ガンヒョン(人物)、草間智博〈TENT〉(静物) 取材・文/増田奈津子 編集/太田彩子
*VERY2022年2月号「お稽古ママ的トレンド2022 Part1 みんなの「マイベスト黒紺」拝見」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE