FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

VERYモデル鈴木六夏さん読者宅で大改造!“ミニマムクローゼット”作り

スペースは広がらないのに子どものモノが増えて、どんどん小さくなる私たちのクローゼット。そんな中でも、ワードローブを賢く回すママたちのクローゼット事情を教えてもらいました。見えてきた結論…それは、〝オシャレは服の数ではなく、揃え方〟でした。

こちらの記事も読まれています

 秋冬コーデの主役になるアクセサリーウォッチ

7年越しに思い切って断捨離!
「ミニマムクローゼット」に
変えたら、今の私らしい
スタイルが見えてきた!

溢れる服で悩む読者のクローゼットをVERYモデル・鈴木六夏さんが大改造!

 

◉クローゼットを大改造したのはこの方

【PROFILE】
山田梨菜さん(31)

・2歳・0歳男の子のママ
・総合商社勤務(育休中)
・都内の3LDKマンション在住

山田さんのお悩み

整理整頓が苦手。服を断捨離する習慣がなく、上手い収納法もわからないので、とにかく服が探しづらいのが悩み。第2子出産後は服のテイストにも悩み始め、たくさん持っているのにコーディネートにも詰まりがちです。

VERYモデルイチのミニマリスト
鈴木六夏さん

VERYモデル。ライフオーガナイザー1級の資格を持ち、ファッションのみならずミニマムなライフスタイルは多くの女性から支持を集める。THE 9 SHOPのオーナーで、ミニマムクローゼット @rikuka.closetや@rikuka.62でのお台所LIVEが人気。

Rikuka’s Advice

ミニマムクローゼット作りの基本は「今の生活スタイルに合わないものは手放す」「どうなりたいかを明確にする」こと。山田さんは授乳中で抱っこ紐が欠かせず、上のお子さんのプレ幼稚園で自転車送迎も始まったところ。ハンサムなコンサバスタイルを目指したいとのことなので、パンツ軸に絞ったワードローブがオススメです。───by 鈴木六夏さん

 

残すべき服の基準は、
「明日それを着て、
どこへ行っても誰に会っても
自分が恥ずかしくない服」です

ミニマムオシャレ Rule①

「長めトップス+パンツ」
スタイルを自分の軸に

ドッキングトップスを多く持っていたので、きっと長めのトップス+パンツが山田さんらしいスタイル。パンツは週5日着回せる5本を残し、産後の体形カバーができて、レイヤードもしやすい長めトップスに絞ります。

トップスは印象がはっきり出るものなので、リッチに見えるをテーマに厳選。

母業にも使える黒パンツは2本と多めに。他はカラー別に1本ずつ残しました。

ミニマムオシャレ Rule②

好みの柄を知って
テイストを絞る

柄物は、自分がよく着る柄が決まっていることが多いです。山田さんの場合は、ボーダーとポロベアちゃん。自分の好きな柄ということは、着回し方も自然とわかっていることが多いので厳選して残しておくのが◎。

乳幼児期に着る頻度が減るニットは、3着あればOK。産後に着ないタイトなものは潔く断捨離。

柄のマイ定番が見つかれば、自分に必要なトップスだけ残せます。

ミニマムオシャレ Rule③

たまに着たくなる
気分の上がる服も残しておく

ベーシックで揃えるのが基本だけれど、たまに着たくなる自分の気分が上がる服を残して自分の機嫌を服でとることも心の余裕が生まれるので大切。元々甘めが好きな山田さんはワンピースやスカートを残しました。

短いスカートは目指すスタイルに合わないので断捨離。自転車送迎で穿く機会も少ないので4着で十分着回せます。

《BEFORE》
結婚する前から、7年分の服を
溜め込んだクローゼット。
どんなアイテムを持っているかさえ
わからない状態に…

\私のクローゼットは/
クローゼット1つ+ラック2つ分

一見スッキリ見えるメインクローゼットとは別に、寝室や別室のハンガーラックに収まりきらない大量の服をかけて置いている状態。引出しの中身も、様々なアイテムが混在しています。

《AFTER》
服の数は減ったのに、
コーディネートはグッと増えた!
私らしさが詰まったクローゼットに大変身♡

\私のクローゼットは/
クローゼット1つ分

断捨離してすべてがこのクローゼット内に収まったので、もうハンガーラックは必要なくなりました! 引出しの中もカテゴリごとに整理。探している服がすぐ見つかるように。

\ゴミ袋5袋分も断捨離!/

山田さんの感想

着る服がないと思っていたけれど、整理することで「こんなに素敵な服を持っていたんだ」と気がつきました。買い足すべき服も見えてきて、産後から悩んでいたオシャレが楽しくなりそうです!

六夏さん流・
収納ワンポイントアドバイス

◉Point1

ハンガーは揃える。見た目はもちろん、ハンガーの数以上服が増えず無駄買い防止にも。

◉Point2

畳む服は〝縦置き収納〟。探す手間を省くのと、整理の苦手な方は物の把握が大切です。

◉Point3

パンツは逆さに吊るすと、重みでシワができにくくセンタープレスもキープ。ケアがラクになります。

.

モデル/鈴木六夏 撮影/杉本大希 ヘア・メーク/小松胡桃〈ROI〉 取材・文/高橋夏果 編集/髙田彩葉
*VERY2021年11月号「マンションで暮らす私たちの、クローゼットが狭すぎる‼︎」より。
※この企画内に掲載のエルメスは私物です。ブティックへのお問い合わせはご遠慮ください。

*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

May 2024

May 2024

2024年4月6日発売

1000円(税込)

【VERY NaVY 2024年5月号】4月6日発売!

2024年4月6日発売

1060円(税込)