VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

買物大好きおしゃれさんの“収納テク&断捨離ルール”が参考になる!

スペースは広がらないのに子どものモノが増えて、どんどん小さくなる私たちのクローゼット。そんな中でも、ワードローブを賢く回すママたちのクローゼット事情を教えてもらいました。見えてきた結論…それは、〝オシャレは服の数ではなく、揃え方〟でした。

無類のお買物好き
だからこそ、定期的な断捨離で
服の量をコントロール

常にトレンドの服はチェックしたいので、様々なアイテムに挑戦し、定期的に古着屋さんへ出します。2年間着なかったもの、洗濯で型崩れしたものは潔く断捨離しています。

【PROFILE】
島田はるかさん(30)

・5歳の女の子のママ
・IT系勤務
・都内の2LDKマンション在住

\私のクローゼットは/
ウォークインクローゼット1つ分

薄手の長袖は常にかけておいて、季節の変わり目に対応できるようにしています。上にはバッグを縦収納して空間を無駄なく活用。

ミニマムオシャレ Rule①

産後から変化しやすくなった体形。
サイズの合わないものは
潔く捨てられるよう
ボトムスはプチプラに割り切る!

サイズが変化しやすいパンツはユニクロ、GUで購入。店舗にエコボックスもあり罪悪感もゼロ。マチャットのブラウス、プラダのハット、バッグを合わせて高見えキープ。

 

ミニマムオシャレ Rule②

トレンドアイテム は
基本ワンシーズン楽しんで
リサイクル

トレンドのデザインはワンシーズンで終わりやすいので、その時とことん着倒します。あまり似合わなかったものは古着屋さんで早めに整理。最近のお気に入りはyuwのブラウスとCELFORDの黒ワンピ。

 

ミニマムオシャレ Rule③

畳んで収納できる
「LUDLOWのバッグ」を
いろんなシーンで使い回し

気軽に持てる素材だけれど、きちんと感もあるLUDLOWのバッグは、ご近所からお出かけまでシーンを選ばず重宝。ENFÖLDのシャカアウターに合わせたのは数年前からずっと愛用しているLUDLOWです。

 

収納TIPS

型崩れしにくいMAWAはおうち洗濯派の救世主。

シーズンものは、義母に譲ってもらったケースに収納しています。

◉SHOES
トレンドアイテムを
引き締める黒シューズ

黒はどんなトレンドとも合う万能カラー。

◉for PAPA
ミニマムな夫は
タンスとハンガーラックのみ

夫は在宅勤務でさらに少ない服でも着回せるように。

.

撮影/杉本大希 ヘア・メーク/小松胡桃〈ROI〉 取材・文/高橋夏果 編集/髙田彩葉
*VERY2021年11月号「マンションで暮らす私たちの、クローゼットが狭すぎる‼︎」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE