VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

申真衣さんも愛用【黒ニット×ブルーデニム】コーデ4選

カジュアルすぎるから、選び方がわからないから、とブルーデニムから遠ざかっていた最近。でも、なんだか、新鮮に見える! と思わせてくれたのがシンマイちゃんでした。モノトーン派のシンマイちゃんの黒×ブルーデニムのオススメとは?

シンマイちゃんも引き続き愛用

ブルーデニムMIXで
黒が新鮮見え

 

ニット¥27,500(アストラット/イウエン マトフ 横浜店)デニムパンツ¥39,600(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)ベルト¥61,600(トッズ/トッズ・ジャパン)バッグ¥35,200(マニプリ)サングラス¥37,400(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥55,000(カラットアー/イセタンサローネ)ブレスレット¥12,100(イン ムード/フォーティーン ショールーム)

 

「カジュアルだと思っていた
ブルーデニムが
モードに見える新鮮さ」

モノトーンも好きですけどブルーデニムは変わらず好きなアイテム。定番ではあるけれど、すぐに古くも感じてしまうので、デニムも着こなしもこまめに更新してます。最近新調したデニムは、インスピレーションをSNSから。90’sっぽくて懐かしい感じを見ていていいなと思いました。グウィネス・パルトロウのデニムスタイルは今見ても古くなく素敵。夏はシャネルのゴールドサンダルや細ストラップなど90’sで合わせていたけど冬はどう合わせようかな。

 

クラシカルなディテールや
小物づかいに薄ブルーが
ちょうどいい〝隙〟に

フリルの衿、端正な靴やバッグとクラシカルな要素を盛ったスタイルはエレガントなのに可愛さもあって憧れ。キレイめのパンツを合わせても素敵ですがブルーデニムにすることで断然、新鮮。太いシルエットの薄ブルーでカジュアルですが、ハイウエストなのでクラシカルなアイテムともバランス良くまとまります。
取り外し可能な衿付きニット¥26,400(エストネーション)デニムパンツ¥34,100(エー・ゴールド・イー/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ)バッグ¥333,300 パンプス¥116,600 ブレスレット¥77,000(すべてロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥426,800(TASAKI)

 

  女っぽいニットが
堂々と着られるから新鮮

今年こそは欲しいと思っている人も多い本命アイテム、シアーニット。デザインのある肌見せニットもトレンドです。潔く着て楽しみたいなら、デニムの合わせは外せません。

 

シルク混の上質なシアーニットは
とっておきの1枚に

袖がフレアになっていて、ディテールまで女らしい。
ニット¥25,300 キャミソール¥8,800(ともにエブール/エブール GINZA SIX店)デニムパンツ¥29,700(ザ ストア バイシー/ザ ストア バイシー 代官山店)バッグ¥267,300(トッズ/トッズ・ジャパン)ネックレス¥198,000 リング[右]¥1,650,000(すべてカラットアー/イセタンサローネ)

 

体に沿う肌見せニットも
狙いの90’s的スタイル

アメリカンスリーブの肌見せニットにブルーデニムはシンマイちゃんも気になってる90’s的着こなし。ボーダーニットをonして秋の初めの肌見せ分量を調節。
ボーダーニット¥28,600(ティッカ)ノースリーブニット¥19,800(Theory/リンク・セオリー・ジャパン)デニムパンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)ピアス¥55,440 バングル¥91,300 ブレスレット¥88,000(すべてヴァガス/イセタンサローネ)

.

撮影/三瓶康友 スタイリング/大野千歩 ヘア・メーク/間 隆行〈Lila〉 モデル/申 真衣 取材・文/栗生果奈 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年10月号「【大特集】結局、重ねる季節は黒がいい!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE