VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

オシャレママの“送迎ヘア”拝見!ヘアバンドでON&OFF切り替えテクニック

働くママたちの前に綿々と続く仕事と母業の繰り返しの日々。上手に切り替えているオシャレ上手なママたちは、効果的で簡単なスイッチングを実践していました。今回は、送迎ママのヘアバンドを使ったオシャレテクをご紹介します。

仕事と母業の切り替えは洋服より
こっちの方が手っ取り早い!

みんなの
送迎スイッチング
ヘアアクセ

 

結ぶ代わりにヘアバンド
前髪のありなしが
今の私のママスイッチ

山本香苗さん

WORK time

お出かけや仕事の時は、黒髪を生かしたナチュラルで上品な感じが気分。出産してからつくった短めの前髪やサイドにオイルをつけてねじって、母業の時にはなかなか作れないニュアンス感を楽しんでいます。

Switching

バッグに忍ばせるヘアバンドの色は、その日の気分とコーディネートで決めています。ボブで髪が結べずイヤな汗をかいてしまうこの時期も、ヘアバンドのおかげで涼しく快適です。

MAMA time

仕事の時間が押してお迎え時間ギリギリになった日も、その後の公園タイムもヘアバンドスタイルで。最近作った前髪とデコ出しのギャップでハッピー感が増すらしく、息子にも好評です(笑)。

2歳の息子の保育園、買物、仕事……。1日にいくつもの用事をこなす私の相棒は、ママチャリ。子供を連れて長い距離を移動することもある中で、お気に入りの短い前髪が風で煽られて変なクセがつくのがわずらわしく、そんな時はヘアバンドで前髪も一緒に髪全体を収めて、母業スイッチオン。ヘアバンドのおかげで、風で乱れた髪を気にせずそのまま保育園のお迎えや公園対応も可能です。かつてはベリーショート時代もあったほどショートヘアがマイ定番なので、ロングの人にとってのヘアゴムみたいに、私にとってはヘアバンドが欠かせないんです。コスパの良いZARAなら、気兼ねなくヘアバンドを旬のものに更新できるので常にチェックしています

.

撮影/山根悠太郎(人物)、清藤直樹(静物) ヘア・メーク/高山ジュン〈nude.〉 取材・文/吉田なぎ沙 編集/永吉徳子
*VERY2021年9月号「みんなの送迎スイッチングヘア&アクセサリー」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE