VERY January 2022

VERY

January 2022

2021年12月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

カジュアル派でも挑戦しやすい「ローファー」コーデ3選

撮影/渡辺謙太郎
撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉
撮影/花盛友里

サンダルの毎日からスニーカーに履き替えたけれど、少し飽きてきた…なんて方におすすめなのが「ローファー」。きちんとした見た目ながらも履いてみると意外と楽ちん!そこで今回は、カジュアル派の方におすすめの「ローファー」コーデをピックアップしました。これを参考に、秋コーデをアップデートしてみて。

カジュアル派におすすめの
「ローファー」コーデ3選

撮影/渡辺謙太郎

×ソックスで秋らしさをトッピング

残暑が続く時季でも快適な「ブルーシャツ×ショートパンツ」コーデ。いつもならスニーカーのところを、黒ローファーにするだけで、全体の洗練度がアップします。さらにグレーソックスを合わせれば、秋らしい上品な足元に。
バッグ¥48,400(イアクッチ /イアクッチ 大丸東京店)シャツ¥10,500(コス/コス銀 座店)ボーダーT¥9,900(ジャーナル スタンダード レサ ージュ/ジャーナル スタンダ ード レサージュ 銀座店)パンツ¥19,800(エトレトウキョウ)傘¥2,530(グローバルワーク/アダストリア)ピアス¥8,580ブレスレット¥ 7,480(ともにドーターズジュエリー)ソックス¥1,980(シックストックス/ノーデザイン)レインローファー¥ 14,300(トラディショナル ウェザーウェア/トラディショナル ウェザーウェア 青山店)

 

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉

厚底ならスニーカー感覚で履きこなせる!

ハイテクスニーカーが好きな人もシフトしやすい「厚底ローファー」は、スキニーコーデをスタイルアップしてくれる優れもの。重くなりがちな秋色コーデこそ、真っ白な足元で抜け感を添えて。
ローファー¥86,900(トッズ/トッズ・ジャパン)ニット¥36,300 Tシャツ¥13,200(ともにエイトン/エイトン青山)スキニーパンツ¥23,100(ディーゼル/ディーゼル ジャパン)腰に巻いたシャツ¥35,200(シチズンズ・オブ・ヒューマニティ/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパン)バッグ¥19,800(NOMADIS/エスケーパーズオンライン)サングラス¥37,400(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥29,700(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)

 

撮影/花盛友里

緩急をつけて上級者感を演出

定番の「ニット×デニム」のカジュアルスタイルは、あえてローファーを合わせて、リッチに昇華させるのがコツ。黒ソックスに合わせれば、ショートブーツ風に仕上がり、バランスよくまとまります。
ニット¥23,000(エトレ トウキョウ)パンツ¥39,000(ラグ&ボーン /ラグ&ボーン 表参道店)ショルダ ーバッグ¥98,000(ピエール アルデ ィ/ピエール アルディ 東京)エコバッグ〈 白 〉¥ 2,400 〈ベージュ 〉¥ 2,700(ともにジャーナル スタンダード レリューム/ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店)シューズ¥130,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)ピアス¥ 27,500リング¥27,500(ともにエナソルーナ)ソックス/スタイリスト私物

文/岸本真由子

※掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
※掲載の金額は税抜価格で表示しています。

この記事もおすすめ

FEATURE