VERY January 2022

VERY

January 2022

2021年12月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「太って見えないTシャツコーデとは?」二の腕、お尻カバーに◎

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉
撮影/渡辺謙太郎
撮影/渡辺謙太郎

猛暑日が続く中、やっぱり頼りになるのは「Tシャツ」。でも、薄手ゆえに体のコンプレックスが目立ってしまうことも。そこで今回は、体型カバーできる「Tシャツ」を使ったおすすめコーデをご紹介します。二の腕やお尻周りが気になる…なんて方、必見です!

こちらの記事も読まれています

▼【Tシャツの色別】夏のカラーTシャツコーデ5選

体型カバーできる
「Tシャツ」コーデ3選

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

気になるお尻周りをフレアデザインがカバー

裾がフレアになっていることで、シンプルな白Tでもオシャレ見え抜群!後ろが長く、気になるお尻周りを簡単にカバーできます。ボトムスは、くすみカラー&センタープレス入りのパンツを合わせるのが正解。大人な配色やメリハリのあるシルエットが、上品な女性らしさを演出します。
Tシャツ¥14,300(Cen.)パンツ¥20,900(ソーノ/ミラク)バッグ¥7,590(コントロールフリーク/キャセリーニ)ネックレス/スタイリスト私物

 

撮影/渡辺謙太郎

黒×フリル袖で華奢見えを実現

甘く見えがちなフリル袖のTシャツも、シックな黒なら大人っぽく、引き締まった印象に。さらにボリュームのあるフリル袖が、腕の華奢見せに一役買ってくれます。ベージュのパンツやバッグを合わせれば、軽やかな抜け感が生まれ、夏らしいカジュアルコーデが完成。
Tシャツ¥19,800(フリッカ/フリッカ インターナショナル)パンツ¥13,500(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)ピアス¥19,800(レム)サンダル¥26,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)

 

撮影/渡辺謙太郎

七分袖で腕をすっぽりカバーして

七分袖のTシャツで潔く肘までカバーすれば、華奢な印象に仕上がります。長めの袖で暑苦しく見えがちな分、全体をホワイトでまとめて爽やかに。エクリュカラーのデニムを合わせれば、ホワイトコーデにメリハリが生まれるので、キャメルのバッグでアクセントをつけるのもポイント。
Tシャツ¥13,200(エブール/エブール GINZA SIX店)デニム¥18,000(ノーク バイ ザ ライン/ノーク)スニーカー¥17,050(ナイキ スポーツウェア/ナイキ カスタマーサービス)シルバーネックレス¥37,400(オール ブルース/エドストローム オフィス)ピアス¥36,300(トムウッド/ステディ スタディ)ゴールドブレスレット(右)¥13,200 シルバーブレスレット(左)¥24,200(ともにMARIA BLACK/ショールーム セッション)シルバーブレスレット(右)¥59,400(SOPHIE BUHAI)ゴールドブレスレット(左)¥293,700〈hum〉(ともにエスケーパーズオンライン)リング(右)各¥11,000(左)各¥6,600(ともにles bonbon/フーブス)※パールネックレス(TASAKI)とバッグ(ボッテガ・ヴェネタ)は私物

 

薄着のシーズンでも、フレアヘムやフリル袖のTシャツを選ぶことで、簡単に体型カバーが叶います。皆さんもこれを参考に、華奢見えするTシャツコーデを実践してみては?

文/岸本真由子

*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
※掲載の金額は税抜価格で表示しています。

この記事もおすすめ

FEATURE