VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【エルメスのオランSNAP】上品ブラウンは夏小物と相性抜群で愛用者多数!

お出かけが減った今だからこそ、長く使えるものやたくさん使いたいお気に入りを厳選したい!という質にこだわるママが増えた今年。想いに応えてくれるブランドアイテムの存在感が増しています。みんなが何に投資をしているか3都市スナップで大調査。今回は、オシャレママの足元を席巻した、エルメスのサンダル「オラン」をピックアップ。小物との合わせで威力を発揮した、ブラウンの魅力に注目!
※私物のため、エルメスブティックへのお問合せはお控えください。

 

HERMÈS

夏小物と品よく調和したのは
“オラン”のブラウン!

 

カジュアルにもキレイめにも
履けるフラットサンダル

亀田 葵さん(37歳・専業主婦)
カテゴリーレスなデザインが、オランの魅力だと思います。カジュアルな日もキレイめな日もどっちでも頼れちゃう。送迎の関係でネイビー服が定番なので、今年はゴールドで足元に抜けを出したいなと考えています。

白&ゴールドを揃えておけば
どんなコーデにも対応

細川真奈さん(35歳・会社経営)
なんといっても履き心地が良く毎日でも履きたくなるので白とゴールドの2色を使い分けています。CELFORDのワンピースも女らしくしたい日は白を、カジュアルな日はゴールドを、とカラーで印象を変えて楽しんでいます。

オランの上品ブラウンが
モノトーン服のポイントに

近藤優子さん(30歳・美容業)
モノトーンやネイビーの服が多いので、ブラウンのサンダルが程よくポイントに。数ある茶色の中でもエルメスの品の良さはさすが。華奢すぎず主張しすぎない存在感で、パンツにもスカートにも短パンにも合わせやすいです。

たくさん歩く家族でプチ遠出は
疲れ知らずなオランが活躍

池澤絵里菜さん(32歳・主婦)
3歳になる娘と遠出のお出かけも増えて、歩きやすさに惹かれて昨年オランデビュー。上品なタンカラーがショートパンツなど夏のカジュアルの子どもっぽさを払拭して、こなれた雰囲気に。ブラウスはmachatt、パンツはyori。

絶妙なブラウンだからカラー
ボトムスでも馴染ませ上手

高橋美由紀さん(37歳・大学教員)
男の子ママでペタンコがマスト。ボトムスが色物だと合わせる靴を迷いますが、オランがあるので安心です。大きめ衿のブラウスは最近ハマっているPATOUで、パンツはyoriのもの。甘いテイストが好きです。

使い勝手が良すぎて
茶と白の2足買いしました

吉川香織さん(34歳・メーカー勤務)
コロナ禍でお出かけできなくなり、長く使えるものを買おうと思うようになった結果、やっぱりエルメス!という結論に。akikiの鮮やかなグリーンワンピを上品に見せたかったので、キャメルのオランとピコタンを合わせました。

今年やっとGETできた
駐在時代からの憧れサンダル

大橋麻世さん(32歳・主婦)
ジャカルタに駐在していたとき、現地のママたちが履いていて素敵だなと思ったので、次の駐在時には持っていきたいなと購入。セリーヌのバッグと合わせて使うことが多いです。ワンピースはMARIHAのもの。

.

撮影/イマキイレカオリ、LEE KANGHYUN(東京分)、安井利恵〈スタジオシン〉(名古屋分)、久保嘉範(関西分) ヘア・メーク/福寿瑠美〈PEACE MONKEY〉、RYO〈ROI〉、小松胡桃〈ROI〉 取材・文/増田奈津子、高橋夏果(東京分)、佐野祐子(名古屋分)、田中幸恵、井上さや(関西分) 撮影協力/中部電力 MIRAI TOWER 編集/鈴木恵子
*VERY2021年8月号「SNAPで見えてくる、私たちのハイブランド最新勢力図2021 PART1」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE