VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

スタイリスト厳選「名品パンツ」4!加藤かすみさんの動きやすいオシャレ

VERYのカバーも手掛ける人気スタイリスト・加藤かすみさんは、プライベートでは9歳の男の子ママ。センスフルな私服選びの裏側には、考え抜かれた効率化がありました。動きやすいのにオシャレにも妥協がないパンツコーデは、ママのワードローブのヒントが満載です。

 

▶︎こんな記事も読まれています

【30代ママ目線で考える、この春買うべきトレンドパンツ3選】

 

 

名品セットアップ:
Drawer
❝楽ちん動きやすいの代名詞
ニットアップは部屋着に見せないplus 1で❞

 


春めくアウターでキレイに見せつつ
現場に必須の機動力を

スウェット見えするニットが緊張感を出したくない今の気分にぴったり。今年らしい裾リブがポイント! 上品なグレージュがスニーカー合わせでもカジュアルすぎない女っぽさを保ってくれます。 ニットパンツ ¥43,000 ニットプルオーバー ¥43,000〈ともにドゥロワー〉 スニーカー ¥24,000〈ノヴェスタ フォー ドゥロワー〉(すべてドゥロワー 六本木店) コート ¥154,000(マッキントッシュ/マッキントッシュ 青山店) バッグ ¥12,000(エルエルビーン/ジャーナル スタンダード レリューム 自由が丘店)

 

名品デニム:
INSCRIRE
002 Flare Denim
❝迷った時はコレ!というシルエットが今っぽい
切り札デニムをつねに一本❞

 

【デニム着回し 1】

近所中心の最近はデニムで
息子とマンガ読んでます(笑)

細すぎないブルーデニムのリラックス感がしっくり。休日のお供はマンガ。もともと好きでしたが息子が友人から情報を仕入れてくるようになり改めてハマり新刊は2人で奪い合いです(笑)。 プルオーバー ¥16,000(サード/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店) デニムパンツ ¥27,000(アンスクリア/アマン) シューズ ¥12,500(サリエラ/ジャーナル スタンダード レリューム 自由が丘店)

 

【デニム着回し 2】

ジャケットを着る打ち合わせも
デニムなら無理なくきれいに

Zoomも増えたけど「初めまして」シーンではジャケットを着るなどTPOを意識。程よいフレア&ハイウエストのトレンドを押さえたデニムでこなれた印象に。 デニムパンツ ¥27,000(アンスクリア/アマン) ジャケット¥33,000(カデュネ/カデュネ プレスルーム) ブラウス ¥24,000(マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店) ピアス ¥43,000(アグメス/ビームス ハウス 丸の内) バッグ ¥36,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

 

名品パンツ:
MUSE de Deuxième
Classeのカラーパンツ
❝実は着回しが利いて気分もアガるカラーパンツは
きれいめシルエットの鮮やか色を❞

 

【パンツ着回し 1】

仕事終わりに学童へダッシュ
鮮やか色で日常も明るく

きちんとした素材&シルエットを選べばワンピースのようにシーンレスで使えるのがカラーパンツの魅力。ベージュを合わせれば、品よくまとまって仕事やお出かけにもOK。 パンツ ¥31,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店) コート ¥68,000(サードマガジン) Tシャツ ¥5,500(アルアバイル) シューズ ¥29,000(FABIO RUSCONI for ANAYI/essence of ANAYI) バッグ ¥32,000(マディソンブルー)

 

【パンツ着回し 2】

マンネリを感じた時は
思い切って×カラーでリフレッシュ

スタイリング組みの日は動きやすくアガる服で頭もフル回転に。腰回りはフィットして膝下が広がるフレアが今っぽくスタイルアップを叶えてくれます。 パンツ ¥31,000(ドゥーズィエム クラス/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 六本木店) ニットプルオーバー ¥38,000〈オーラリー〉 左手 バッグ ¥14,000〈メゾン エヌ アッシュ パリ〉(ともにジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) 右手 バッグ ¥36,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン) シューズ ¥48,000(クレジュリー/エスケーパーズオンライン)

 

スタイリスト 加藤かすみさん
VERYのカバーをはじめ、雑誌・ブランドからオファーが絶えずモデルから信頼も厚い人気スタイリスト。実家が洋品店を営んでいた影響もあり物心がついた時からスタイリスト一直線。愛知県の専門学校を卒業後、セレクトショップ勤務を経て上京。白幡啓さんに師事し23歳の時に『ViVi』でデビュー。現場で出会ったフォトグラファー(本企画も撮影!)と結婚し、現在は9歳の男の子ママ。趣味はマンガ・美術鑑賞。

▶︎あわせて読みたい

ウールパンツはラフにはく!今どきのきちんと見えバランス

冬のエコレザーパンツ4選!ニットとの着こなし最旬バランス

.

スタイリング/加藤かすみ 撮影/菊地 史〈impress+〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/塩澤延之〈mod’s hair〉 モデル/東原亜希 取材・文/増田奈津子 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年3月号「【大特集】ママスタイリストさんたちの「普段着オシャレ」最高峰♡Part1」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE