VERY June 2021
VERY NAVY

VERY

June 2021

2021年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

色っぽくなれる「セルフォード」最新アイテム6選【2021春】

いま、媚びずに色っぽくなれると話題のブランド「セルフォード」。ほどよい甘口ディティールできちんと見えるのに、着ていてラク、その上女っぽくなれると、メリットがたくさん。今春の一押しアイテムとおすすめコーデをご紹介します。

 

▶︎合わせて読みたい

【セルフォード】着ている30代がなぜか皆色っぽく見える理由

 

 

scene

夫とランチデート

甘め嫌いのパパもクリアできる
黒小物ハンサムコーデ

セルフォードの2021年春ワンピース

セルフォードのワンピースコーデ

背中のほんのり肌見せで
いつもだけどいつもと違う
楽しみだよを服に込めて

セルフォードの得意とするチラリ肌見せは、日常をちょっと離れた夫とランチのワクワク感が現れます。他は黒小物やレザージャケットで揃えれば、分かりやすい甘さが苦手な夫にもその気持ちが伝わるはず♡。バックフレアワンピース¥22,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)ライダースジャケット¥138,000(チンクワンタ)バッグ¥36,000(VASIC/ヴァジックジャパン)ブーツ¥22,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ネックレス¥27,000 バングル¥59,000(ともにアダワットトゥアレグ)

.

scene

おうちリモートワーク

洒落見え、そのうえお尻まで隠れる
ボリュームトップスで

セルフォードのシャツレイヤードニット

いつものスキニーや楽チンパンツにも
スポッと着るだけで上半身映えして仕事仕様

おうちリモートの日はニットパンツで楽チン優先。そんなパンツでもニットとふんわり袖のレイヤードは簡単にきちんと見えして安心。シャツレイヤードニット¥16,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)ニットパンツ¥7,200(Mila Owen/Mila Owen ルミネ新宿2店)ピアス[片耳で]¥14,000(e.m./e.m.表参道店)

 

セルフォードのチュニックブラウスコーデ

サックスブルーが午前中でも顔色をパッと明るく。リモート中に立ってもお尻カバーでき華やかさも両立。ボリュームチュニックブラウス¥13,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)デニム¥19,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)イヤカフ¥10,000(ジェーン スミス/UTS PR)ネックレス¥24,000(e.m./e.m.表参道店)リング¥8,000(ジュエッテ)

.

scene

ママ友外交

バランスよく
カジュアルダウンしてくれる
きれいめデニムと合わせて

セルフォードの白ブラウスコーデ

セルフォードの白ブラウスコーデ

透け感の白トップスに
ノンウォッシュデニムが先輩ママでも好印象

白・ボリューム袖・透けは甘さの真骨頂だけど、ストレートの濃紺デニムとの合わせならカジュアルダウンのさじ加減が絶妙。手洗いOKも嬉しい。シアースリーブカットソー¥12,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)デニム¥22,000(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)ストール¥24,000(スロー)バッグ¥29,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)ブーツ¥48,000(PIPPICHIC/ベイジュ)ピアス¥14,000 バングル¥20,000(ともにジュエッテ)サングラス¥25,000(BLANC)

.

セルフォードのプリーツスカートコーデ

セルフォードのプリーツスカートコーデ

主役級プリーツスカートは深みGジャンで
もっと話したいリラックス感を醸しだす

タイダイ柄のプリーツが新鮮! スカートの柄を引き立てるグレーみのあるGジャンと黒小物の差し色効果でおしゃべりに夢中であっという間にお迎え時間になるほどリラックス。スカート¥21,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)Gジャン¥32,000(Graphpaper/グラフペーパー)ニット¥6,000(サニーレーベル/アーバンリサーチ サニーレーベル グランツリー武蔵小杉店)バッグ¥69,000(ミチノ・パリ/サードカルチャー)スニーカー¥14,000(プラス ダイアナ/ダイアナ 原宿店)ピアス¥26,000 リング¥30,000(ともにルフェール/UTS PR)

.

セルフォードのニュアンスカラーのブラウスコーデ

せるフォードのニュアンスカラーのブラウスコーデ

旬カラーのセージグリーン
久しぶりのママ友ともグッと親近感UP

春夏トレンドのカラー、セージグリーンは甘めトップスと相性よし。切りっぱなしではないストレートデニムと合わせて春らしさはキープしつつ気負い感なし。パワショルニットカーディガン¥13,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)デニム¥16,000(モナーム/カイタックインターナショナル)バッグ¥53,000(アニタ ビラルディ/CPR TOKYO)シューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)ピアス¥26,000(フォークバイエヌ/UTS PR)バングル¥35,000(e.m./e.m.表参道店)

.

▶︎こんな記事も読まれています

最も今っぽい!リラクシーカジュアルってどんなスタイル?

30代に人気の「styling/」春に着たい注目アイテム4選

 

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人物)、清藤直樹(静物) モデル/優木まおみ ヘア・メーク/秋山 瞳〈PEACE MONKEY〉 スタイリング/縄田恵里 取材・文/立花あゆ 編集/永吉徳子

*VERY2021年3月号「『きちんと』見えして実は『楽』=セルフォードに行きついた人たちがなぜかみんな色っぽい理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE