VERY June 2021
VERY NAVY

VERY

June 2021

2021年5月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【セルフォード】着ている30代がなぜか皆色っぽく見える理由

最近、「この人色っぽいなあ」と感じていたママたちが共通して着ていたのがセルフォードの服と判明。「きちんと見えしてしかも楽」というのがセルフォードママたちの熱い声でした。ただ色っぽいだけではなく、私たちが欲しい“きちんと”も“楽”も、三拍子揃ったセルフォードの魅力を紐解きます。

 

▶︎こんな記事も読まれています

着心地よくて女っぽい!30代の“おうちセットアップ”と“締め付けないランジェリー”

 

セルフォードの服が
「きちんと」「楽ちん」「色っぽい」
を兼ね備える3つのポイント

 

point ❶

気になるところを
ゼロにしてくれるボリューム感

セルフォードのブラウスが主役のカジュアルコーデ

気になり始めた二の腕のたぷたぷ感やたくましさを華奢に見せてくれるボリューム袖や、身頃にも生地を贅沢に使ったアイテムが揃っています。たっぷりと膨らんだボリュームはフェミニンで、1枚で見栄えも抜群。共布ベルト付きボリュームスリーブアシンメトリーブラウス¥13,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)イヤリング¥13,000(ジュエッテ)

point ❷

繊細なのに力強い。
安心感あるリッチなレース使い

セルフォードのレースのスカート

ブランドのアイコン的レーススカートは毎回、モチーフを変えて登場。今年の春夏レースはよく見るとツバメ柄! レースのスカートといえばリッチでエレガントな印象ですが、読者さんいわく「自転車をガシガシこぐ日でも大丈夫」なほどしっかり生地でまさに私たち向け。スワローレーススカート¥18,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)ロゴスウェット¥6,300(SNIDEL/SNIDELルミネ新宿2店)リング¥27,000(ルフェール/UTS PR)

point ❸

見せてるけど見せすぎない、
程よい肌見せ

セルフォードの背中空き白ワンピース

肌見せ服にはチャレンジしてみたくても、やりすぎない加減が難しいところ。でもセルフォードは見せるところがあっても、その分隠れている部分は生地感たっぷりでさりげない肌見せがとっても上手。結果、ほんのり女っぽくしてくれるのはさすが。ワンピース¥22,000(CELFORD/CELFORDルミネ新宿1店)イヤリング[片耳で]¥14,000(e.m./e.m.表参道店)

 

\セルフォードファンが言いたい!/

「甘い服って……実は楽なんです」

 

❝お腹やお尻をカバーして
なんてことないパンツでも
大人可愛いが叶うトップスに夢中❞

 

◉立花あゆさん・VERYライター

セルフォードのトップスが好きで毎シーズン買い足しています。その理由はお尻まで隠れる丈やふんわり袖、ほんのり背中見せなど好きな要素が1枚にぎゅっと詰まっているから。トップスが華やかだと、ボトムスはデニムやスキニーなどの変わり映えしないアイテムでもこれだけでコーデが完成するので重宝するんです。美容担当という仕事柄、肌やメーク映えが気になりますが、セルフォードのトップスは上半身が一気に盛れて顔映えするので頼りにしています。いくつになっても甘め服が着たい気持ちを、気恥ずかしくなく叶えてくれるからこれからも買い集めます!

着ていると必ずほめられるトップスです。ボリューム袖、ほんのり肌見せ、お尻隠しとディテールがパーフェクト。コーデを考える余裕がない撮影の日でもバタバタな日に見えません。

去年買った同じ形の黒のブラウスが大活躍してくれたので、今年の春はレースタイプを更新。首の後ろがリボンになっていて髪をまとめても可愛い。淡い水色とボリューム袖、首の詰まりが肌のキレイな優しそうな人に見えるので助かります。

その他のお気に入りたち。透けやレースなど1枚で女らしくなれるトップスが必ず見つかります。ふんわり感が気になる上半身のボリュームもカバー。シーズンレスに着用しています。

.

❝公園からランチへもOK
女の子ママとして忘れたくない可愛さも
兼ね備えられます❞

 

◉上原桃子さん(40歳・2歳女の子ママ)

昔は色使いや柄が鮮やかで派手なアイテムが好きだったのですが、母になり、きちんと見えることも意識するようになりました。もともとの華やか好きも諦めなくていいし、そのうえ年上の方からも褒めてもらうことがあるのがセルフォードの服。2歳になった娘は活発になりほぼ毎日公園遊びですが、一緒に座っていられるようにもなったので、公園の後のランチやカフェ時間が私の楽しみ。そんなスニーカーやペタンコがマストの公園からのランチにも対応できる上品さもあるのが心強いです。乳幼児ママだからできる、程よく甘いコーデをカジュアルダウンして楽しんでいます。

ラベンダーカラーのレースに一目惚れして購入。公園にはNIKEのウィンドブレーカーを合わせて風と汚れも防ぎつつこのままランチへGO。このレーススカートがあればこれだけで春らしく、テラス席にも映えます。

ボリューミー袖のワンピは急いでいる日に楽チン。スニーカー合わせでも習い事に行けます。これで食事に行ったら隣のマダムに素敵なワンピースねと褒められました! 手洗いもOK。

.

❝カジュアルが苦手でも
合わせを考えずに甘さをキープして
上手にドレスダウン❞

 

◉奥山杏奈さん(30歳・4歳女の子ママ)

もともとコンサバな甘めの服が好きですが、娘が幼稚園に入り、園行事などカジュアルシーンが増えました。カジュアル慣れしていない私でも合わせるものをあれこれ考えなくてよく、好きな甘さの範囲でカジュアルダウンできるのがセルフォードの魅力です。1枚で華やかなスカートなのでトップスはシンプルなものを合わせればOKだし、娘も夫もフレア感やレースが好きらしく、着ていると必ず褒めてくれるのもつい集めちゃう理由です。先輩ママと一緒にいても浮かない品の良さと存在感のあるアイテムなので、疲れている日、忙しい日も信頼しています。

光沢のあるパープルがインパクト大ですがこれだけで女っぽい気分になれるのがお気に入り。スカート以外は黒にして、スカートのリッチなフレア感を楽しんでいます。脚さばきがいいので、ちょっと遠出して大きい公園へも。

平日は仕事に休日はスウェットを合わせて子供と買物へ行ける汎用性の高いレーススカートはヘビロテです。大きめのレースなのでドレッシーになりすぎず、でもエレガント。しかも義母や年配の方ウケがいいんです。

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人物)、清藤直樹(静物) モデル/優木まおみ ヘア・メーク/秋山 瞳〈PEACE MONKEY〉 スタイリング/縄田恵里 取材・文/立花あゆ 編集/永吉徳子

*VERY2021年3月号「『きちんと』見えして実は『楽』=セルフォードに行きついた人たちがなぜかみんな色っぽい理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE