VERY March 2021

VERY

March 2021

2021年2月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

今欲しいブランドカーディガン!ずっと大切に着たい10選

いいものを長く大切に着たいという風潮の中で、ママが投資するなら? おすすめしたいのは、トレンドに関係なくずっと着られるカーディガン。着ていて気分が上がる高揚感、脱いだときのちょっとした優越感。心がヤサグレた時も優しく包み込んでくれる上質な肌ざわり。カッチリ服は難しい、授乳期、追っかけ期のママもこれなら挑戦できる。子育て期をずっと一緒に乗り切る相棒を今年こそ見つけよう!

 

▶︎あわせて読みたい

矢野未希子さん「ずっと大事に着たい」私服5選

 

BRAND:

GUCCI

リバーシブルなのも嬉しい!
アイコニックなGGがアクセント

ベージュと水色のリバーシブルは一枚で二度美味しい。大ぶりのGGパターンが毛足の長いモヘアウールに配され、上質なカジュアルスタイルに見せてくれます。カーディガン¥260,000 バッグ¥233,000 パンプス¥95,000(すべてグッチ/グッチ ジャパン)その他/スタイリスト私物

.

BRAND:

PRADA

これぞ一生モノとファン多数!
シンプルを極めた洗練ベーシック

見た目はベーシックでも、格上げ効果が絶大なシルクカシミア素材はプラダの定番名品。Vネックの開き加減や体のラインを拾いすぎない計算し尽くされたフォルムなどさすが。飽きのこない絶対的に一生ものデザインは少しずつ集めるのにはぴったり。黒カーディガン[カシミア/シルク]予定価格¥149,000 白カーディガン[カシミア/シルク]予定価格¥114,000(ともにプラダ/プラダ クライアントサービス)

 

▶︎【PRADAのナイロン】が今ウケてる理由!買いのアイテム一挙公開【2021】

.

BRAND:

FENDI

カジュアルにもドラマチックにも
エターナルな魅力の好印象ホワイト

ゆったりとしたシルエットでドレスにもパンツにも合わせやすいフォルムが絶妙。シンプルながら、袖つけのギャザー使いなどでクチュール感も。太リブのあしらいでラフさもあるから、デイリーにも着やすい。程よい地厚さもあり、軽アウター感覚でヘビーユーズするのにもぴったり。白カーディガン[モヘア]¥210,000(フェンディ/フェンディ ジャパン)

.

BRAND:

LOUIS VUITTON

絶対的なシグネチャーデザインは
ずっと使えるモノトーンを選択

シグネチャーとなるモチーフを前面に押し出したカーディガンは定番。フロントと裏地がシルクだから肌あたりもよく、着心地満点。ヴィンテージライクな雰囲気を醸し出すゴールドボタンはトランクのキーをモチーフに。カーディガン[ウール/シルク]¥201,000 バッグ¥452,000 スニーカー¥127,000(すべてルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)その他/スタイリスト私物

.

BRAND:

DIOR

着こなしもいろいろ楽しめる
ベーシック+αのデザインが嬉しい

そのまま羽織ってもカシュクールのように着ても可愛い。インにもアウトにも着やすいほどよいざっくり感もベスト。同素材のリボンベルトは結び方次第で違う表情を演出してくれる効果も。テイストを選ばないシンプルさと、さりげなくメゾン感をアピールできる背中のBEEマークがポイント。カーディガン各¥145,000(ともにディオール/クリスチャンディオール)

.

BRAND:

BOTTEGA VENETA

ジャケット感覚のきちんと感と
ざっくりローゲージが好バランス

サラッとした肌ざわりで着心地は軽快。ラベンダーとフォンダンの絶妙なカラーリングもメゾンならではの唯一無二の存在感。ラフに扱っても型崩れしにくい風合いも、安心感高め。カーディガン[コットン/ナイロン/ポリウレタン]各¥257,000(ともにボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)

.

BRAND:

SAINT LAURENT

肉厚でコートみたいに暖かく、
ふわふわ感が抜群に可愛い

ふわふわと起毛感のある表面に反し、べースはしっかり編み込まれた肉厚ニット。ヒップラインが隠れる丈感と相まってコートライクに着られそう。鮮やかなカラーリングやくるみボタンも可愛い。カーディガン[モヘア]¥180,000 バッグ¥139,000(ともにサンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス)その他/スタイリスト私物

トレンド関係なくずっと着られるから
投資しがいがあります


ジャケットやコートはサイズ感や丈感など、意外とトレンドに左右されますが、カーディガンは10年前に買ったものも、ずっとスタメンで活躍しているものが多く、コストパフォーマンス的には何よりも優秀だと思っています。いつからか海外に行った際にはバッグよりもカーディガンをつい見てしまうくらい。使える場が多いから、一枚あると便利です。(スタイリスト 斉藤美恵さん)

.

▶︎あわせて読みたい

ブランドバッグは斜めがけが旬!大人に似合うきれいめデザイン4選

ブランドの「ミニショルダー」が乳幼児ママにちょうどいい!

 

撮影/東 京祐 モデル/東原亜希 ヘア・メーク/福川雅顕 スタイリング/斉藤美恵 取材・文/塚田有紀子 編集/永吉徳子

*VERY2021年2月号「一張羅カーディガンを、ずっと大切に着てみたい!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE