VERY May 2021
VERY NAVY

VERY

May 2021

2021年4月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ひとつ結びの簡単アレンジ4選!関西おしゃれママの垢抜け術

「ただ結んだだけに見える」「輪郭が露わになっちゃうから、家ではいいけどひとつ結びで外出できない」など、意外とひとつ結びって難しいと感じてるママも多いようですが、そんな悩みも一掃! ひと手間足すだけで女っぽいひとつ結びを実践している関西読者のテクをご紹介します。

 

▶︎あわせて読みたい
あの人の“ひとつ結び”が可愛い理由!yoriデザイナー・外村久美子さんの場合

 

 

#01_ 平井由利子さん(33歳)の場合

ダウンスタイルよりも
気になるフェイスラインを
ごまかせちゃいます

「顔まわりがぼやんとしているのが悩みなので、目線を顔から分散させるために必ず髪の毛は巻くのがマイルール。毛先をフワッとさせることで自然と目くらましになります(笑)。きっちり結ぶと逆に疲れて見えちゃうので、あくまでもきっちりしすぎないのがポイント」。(平井さん)

朝、起き抜けは高めポニテで顔をぎゅっと引き上げます

くるりんぱ+レザーリボンでデニムコーデもこなれ感UP

低めシニヨンには太めのカチューシャで引き締め効果

 

#02田中愛梨さん(29歳)の場合

後れ毛次第で女っぽさと
小顔効果が狙えるから
ひとつ結びが好き

「2歳の息子との毎日は髪はひとつにまとめることがほとんど。“ただ結んだだけ”に見えるのは嫌なので、必ず髪の毛を巻くことと、後れ毛の出し方に気をつけています。お手本は田中みな実さん。リボンやデザインゴムはアレンジした感が出るのでオススメです」。(田中さん)

髪にゴムの跡がつかないようゆるっと結ぶのがポイント

ゆる巻きした髪を手グシでまとめてラフ感を演出

シニヨンは耳まわりの後れ毛を多めに残すことで女っぽく

 

#03_ 松井真矢さん(37歳)の場合

オイルやバームをしっかり
使えば、疲れて見えずに
女っぽくなれる

「素髪を結ぶだけだとどうしても疲れて見えちゃうのでスタイリング剤がマスト。オッジィオットのワックスが使いやすくて◎。前髪の流し方ひとつで全体の印象が大きく変わることに気づいてから、その日着たい洋服のテンションに合わせてアレンジを楽しむように」。(松井さん)

気合いの朝はオールバックですっきり、高めポニテ

デニムを女らしく着たい日は薄く前髪を下ろす

首筋に沿うようひとつ結び&流し前髪でフェミニンに

 

#04 _ 山荘紗也加さん(30歳)の場合

マンネリしがちな
ボブヘアもひとつ結びの
おかげで新鮮に♪

「ボブ=アレンジがきかないという思い込みがありましたが、衿足に落ちた髪やきっちりまとめることを気にしなければ、逆にラフな仕上がりでなんとなく女らしく見えることを発見! カチューシャやスカーフを使えば落ちてくる髪も気にせずオシャレに見えて一石二鳥」。(山荘さん)

オイルでウエットにし、手グシでまとめただけの簡単ヘア

長さが足りない後れ毛も味方につけたくるりんぱアレンジ

上段はねじってピン留め+くるりんぱすれば手が込んで見える

撮影/久保嘉範 メーク/金田英里 取材・文/田中幸恵 編集/鈴木恵子
*VERY2021年1月号「関西ママの〝ひとつ結び〟が女っぽい理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE