VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

主演映画も公開!杏さんが「子どもたちが寝たあとにやっていること」

──各国を代表する女性監督と女優がタッグを組んだ短編作品を集めた映画『私たちの声』が9月1日に公開される女優の杏さん。現在はお子さん3人とフランスで暮らしています。杏さんに、仕事と育児で慌ただしい日々の暮らし、自分の時間を作るヒントを聞きました。

予定通りにはいかない毎日だけれど……

──働く女性として、親として忙しい日々を送る杏さん。「自分の好きなこと」「やりたかったこと」と向き合う時間はどのように作っていますか?

私自身、時間作りがうまい方ではなくて、隙間時間にできることを探してやるような状況です。本当はヨガやピラティス教室に行ったり、マッサージにも行ったりしたいのですが、毎度時間を作るのは難しくて、子どもたちが寝た後にオンラインのヨガ動画を見たりします。毎日がそんな感じなので計画的にはいかなくて、自分の楽しみは大事なのですが、子どもが急に熱を出すこともありますし、予定が直前に変わる可能性も考えながら日々を過ごしています。

 

「火を使わない朝ごはん」が定番になって

──フランスに住み始めてから暮らし方や心境の変化はありましたか?

大きく変わったのは料理ですね。フランスでは、朝食の準備で火を使わないのも一般的です。ヨーグルトとパンとか、ビスケットみたいなものを牛乳に浸して食べるとか、ごく簡単なものですませる家庭が多いようです。昼食や夕食の調理法も、さっと茹でるとか焼くだけとか、あまり工程を踏まないものが多いので簡単です。もちろん日本に帰ってきて色々な料理を試すのも楽しいのですが、普段はごくシンプルな家庭料理が多くなりました。台所にずっと立って細々と何かしていることは少なくなりましたね。朝、火を使わないだけでも、家事はだいぶ楽で、冷蔵庫とテーブルを行ったり来たりするだけといった感じです。

 

 

渦中にある人は声を上げられない

──映画の中では、料理や洗濯、ママチャリに子どもを乗せて送り迎え、など育児や仕事で忙しい読者にとってもリアルなシーンが多いです。杏さん演じる主人公・ユキの姿に共感する人は多そうですね。
私も日本では電動自転車を持っていましたが、3人の子の育児をするには使いづらいこともありました。子ども用座席に乗せられる子の体重や人数には規定があります。同乗できる子は2人までで、月齢が低く体重の軽い子を前の座席に乗せる決まりになっています。双子を含め3人の子がいる私の場合は子ども全員を乗せることができず、あまり活用できていなかったんです。「今、困っています」と問題提起をしないと世の中は簡単に変わらないかもしれないけれど、日々の暮らしを回すので精一杯という中で声を上げるのは難しいという人が多いと思います。その時々の悩みは切実でも、時間が経てば子どもはすぐに大きくなってしまうので多くの人がその悩みから卒業していってしまうというところにも、育児を取り巻く問題が解決しづらい背景があるのかなと感じました。

 

映画『私たちの声』より『私の一週間』【©WOWOW】

 

「もう無理」と言ってしまうほうが楽になることも

──映画の中では、仕事や育児で慌ただしい日々の中、上の子につい厳しく接してしまってハッとする。そんなシーンもありました。普段の杏さんも「もう無理」とか「どうしよう」とか思うことがあるのでしょうか?
日々育児をしていると、どうしてもそういった瞬間はありますね。あえて子どもに今の気持ちを正直に言ってしまうこともあるんです。「ちょっとごめん! お母さん無理かも。休んできてもいい?」なんて言うことはあります。私がただ仕事で疲れているだけなら、ちょっとだけがまんして遊びに付き合ったり、様子を見てあげたりすることも多いのですが、きょうだい喧嘩がものすごくて仲裁ばかりで疲れたときなどは、「隣の部屋に行ってくるね」と。「疲れちゃったからちょっとだけ休ませて」と正直に伝えたら、子どもたちも分かった様子で、その後はきょうだいだけで遊んでくれたりすることもあるんです。

 

杏(あん)

2005年以降パリ・コレクションなどの国際的なファッションショーで活躍し、 2006 年ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。 2007年に女優デビューし、『名前をなくした女神』(2011年)で連続ドラマに初主演する。 NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年)でヒロイン役を務め、近年では映画『キングダム 運命の炎』に出演。2022年には国連WFP親善大使に就任するなど、 女優業を中心にナレーターや声優など多彩な活躍を続ける。 本作が、待望の海外デビュー作品となる。

ヘア・メーク/犬木 愛〈AGE〉スタイリング/杉本学子〈WHITNEY〉
ブラウス¥29,700 パンツ¥24,200〈ともにLE PHIL〉  ネックレス¥25,300〈SASKIA DIEZ〉 リング¥37,400〈GABRIELA ARTIGAS〉 ピアス¥12,000〈MOUNIR〉 (すべてLE PHIL NEWoMan 新宿店) ・お問合わせ先 LE PHIL NEWoMan 新宿店 03-6380-1960

杏さん主演の最新映画が公開!

映画『私たちの声』 

 

 

9 月 1 日(金)新宿ピカデリーほか全国 ロードショー

WOWOW初の国際共同作品映画『私たちの声』は、各国で活躍し、高い評価を得ている女性監督と、トップ女優がともに女性問題を描く映画作品。日本からの作品『私の一週間』は唯一無二の存在感が光る女優・杏と、『そこのみにて光輝く』『きみはいい子』など作品が国内外の映画祭でも高い評価を受ける監督・呉美保による短編映画。毎日慌ただしく働きながら2 人の子どもたちを育てるシングルマザー・ユキの暮らしを描いている。

製作・企画・プロデュース:WOWOW /配給:ショウゲート ©2022 ILBE SpA. All Rights Reserved.

取材・文/髙田翔子
撮影/秋山博紀

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)