FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

中谷美紀さん2拠点生活で「働く場所とくつろぐ場所が明確に」

現在、ドイツ人音楽家のパートナーと、ウィーンで暮らす中谷美紀さん。日本とウィーンを行き来する暮らし、家族で過ごす時間、身体のなかから健やかに生きるコツ……。WOWOWで1月22日より放送・配信スタートする『連続ドラマW ギバーテイカー』で主演を務める中谷美紀さんに、普段のウィーン暮らしについてお聞きしました。

日本とオーストリアを行き来する
暮らしのなかで……

――2018年の結婚後、生活の中心はウィーンに置きつつ、日本で仕事を続ける中谷さん。移住後の暮らしを綴ったエッセイ『オーストリア滞在記』も印象的でした。2拠点生活はいかがですか?

これまでも一つの仕事が終わるたび、なるべく旅に出るような暮らしをしていたんです。ある役柄を演じた後はどうしても演じていた役を捨てる、というか忘れる作業が必要になります。“転地療法”と称して、作品を撮り終わったら旅をするのを楽しみにしていました。結婚後、拠点がウィーンにできたことで、陸路で近隣の国々へ出かけることも増えました。これは、人、物、お金の自由な移動を保障しているEUの利点です。今は、働く場所とくつろぐ場所が明確になったので、毎回新鮮な気持ちです。仕事に向かうときのモチベーションも上がりやすくなったような気がします。

 

――パートナーのティロ・フェヒナー氏は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団などで活躍するビオラ奏者です。ウィーンは、音楽、美術、建築、グルメなど魅力の多い街ですよね。

アートが本当に大好きで、美しい作品に触れるために生きていると言っても過言ではありません。寝ることと食べること、自然に触れることと同じくらい大事な生きがいです。そう思っているからこそ、ドラマや映画、舞台で演じるときは、自らお金を払ってまで見たい、価値があると思える作品に昇華させられるかどうかを最も大切な指針にしています。

 

中谷美紀さん3

ジャケット¥660,000パンツ¥400,000パンプス¥129,800<すべてディオール>リング¥396,000<ディオール ファイン ジュエリー>(すべてクリスチャン ディオール)

 

家族全員、国籍も髪の色も
苗字も違うんです

――自宅には時折、義理の娘さんが遊びに来ます。中谷さんがステップファミリーならぬパッチワークファミリーと呼ぶ家族の姿を見ていると、いろいろな夫婦や家族の形があっていいのだ、と何だか心が軽くなりました。

私は日本、夫はドイツ、娘はオーストリア人です。全員パスポートの国籍も苗字も違います。髪の色も、黒、ブラウン、ブロンドと家族でありながらばらばらなんです。普段、夫の元パートナーのところにいる娘は時々我が家に遊びに来ます。これから思春期を迎えるし、大変なこともあるかもしれないけれど、今のところ楽しくやっています。本当のママなら娘の遊ぶ様子を見守っているものなのかもしれませんが、私は彼女と一緒になって本気で遊ぶことを求められるんですよね。こちらはゼイゼイ言いながら付き合っています(笑)。お医者さんごっこなどのごっこ遊びを楽しみますが、ドイツ語の勉強にももってこいなんですよ。私は大体患者役を担当するのですが、彼女が演じるお医者さんがけっこう横暴なんです(笑)。熱があるので病院に来ました、と言っているのに運動しなきゃダメと言って筋トレさせられたり……。

 

「料理人になったら?」はうれしかった

――エッセイには家族で食卓を囲む風景もよく出てきます。野菜たっぷりの料理もとてもおいしそうで……。

彼女から、「ねえ美紀、俳優なんかやってないで料理人になれば?」と言われたことが一番うれしかったです(笑)。偏食の彼女ははじめて見るものはなかなか食べてくれません。茹で卵は好きなくせにオムレツは食べない、とか難しいんですよ。でも、手を替え品を替え試してきました。海苔が嫌いだから手巻き寿司を嫌がったけれど、海苔の代わりに薄焼き卵を出してあげたら喜んだり。おみそ汁は苦手でしたが、つくねを入れてミートボールのスープよ、といったら嬉々として食べてくれたり。食わず嫌いの食べ物も、実際に作っている様子を見せると、すすんで食べてくれたりするんですよ。はじめは嫌いだと言って手を付けなかったオムライスも最近、「おいしい」と言ってくれるようになりました。

 

中谷美紀さん4

 

必要な栄養を意識したら、
心も身体も安定するように

――身体のことを考えながらおいしく食べる工夫も参考になりました。体調が変化しやすい年ごろの読者に向けたアドバイスはありますか?

読者の皆さんのほうが詳しいのではないかなと思うのですが、体調管理で大事なのはやはり栄養です。良質のたんぱく質と鉄分、ビタミンをしっかり摂っていただきたいです。必要な栄養をきちんと身体に入れると、精神的にものすごく安定しますし、よく眠れます。仕事もバリバリできるようになりました。私は糖質をたくさん摂ると体調が悪くなってしまうので、パンやパスタは全粒粉を使ったものに置き換え、料理やお菓子作りには砂糖の代わりにラカンカやキシリトールを使っています。糖質制限、最初はつらかったのですが、ウィーンにはおいしい全粒粉パンもたくさん売られているので我慢しなくて済みます。また、必要な栄養をすべて食材から摂ることはほぼ不可能なので、サプリメントもよく使っています。特にVERYの読者の皆様におすすめしたいのはヘム鉄とビタミンB群ですね。特にビタミンB1、B2、B6、B12あたりはぜひ意識して摂っていただけたらストレスフルな日常が楽になるのではないでしょうか。

 

PROFILE
中谷美紀(なかたに・みき)

1976年生まれ。東京都出身。1993年に俳優デビュー。『嫌われ松子の一生』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。また、2013年の『ロスト・イン・ヨンカーズ』では読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞するなど舞台でも活躍。著書に『オーストリア滞在記』(幻冬舎文庫)などがある。直近では、2023年1月27日公開の映画『レジェンド&バタフライ』(東映)に出演するほか、 『連続ドラマW ギバーテイカー』(WOWOW)主演。2023年3月16日〜4月15日、舞台『猟銃』のニューヨーク公演が決定。インスタグラム @mikinatakanioffiziell

『連続ドラマW ギバーテイカー』
2023年1月22日(日)放送・配信スタート

主人公・倉澤樹(中谷美紀)は元小学校教諭の刑事。彼女は12年前、当時小6の教え子・貴志ルオトに、愛する娘を惨殺された過去を持つ。倉澤は被害者遺族として絶望を味わい、 “自分と同じように苦しむ人を一人でも多く救いたい”という想いのもと、刑事になった。その強い信念に突き動かされ、事件解決に奔走する日々を送ること12年。倉澤は娘の命日を目前に、ルオトが医療少年院を退院することを知る――。原作はすえのぶけいこによるマンガ『ライフ2 ギバーテイカー』(講談社)。
WOWOWにて毎週日曜22:00~※第1話無料放送(全5話)

【お問合わせ先】
クリスチャン ディオール 0120-02-1947

撮影/伊藤彰紀<aosora> スタイリング/岡部美穂 ヘア・メーク/下田英里 取材・文/髙田翔子

この記事もおすすめ

MAGAZINE

June 2023

June 2023

2023年5月6日発売

930円(税込)

【VERY NaVY 2023年6月号】5月6日発売!

2023年5月6日発売

980円(税込)