VERY December 2020
VERY NAVY

VERY

December 2020

2020年11月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

青山祐子ブログ「スポーツの秋!香港から見る日本の部活動の未来」

香港内での新たな新型コロナ感染者が1日10人以下の日が続き、

ようやく幼稚園、学校が再開されました。

3歳の娘は、実に8ヶ月ぶりに幼稚園へ登園です。

あまりに長いブランクに、泣いて行くのを嫌がっていましたが、

少しずつ慣れ、笑顔で通えるようになりました。

お兄ちゃんたちの学校も8ヶ月ぶりにランチを含めた通常のスケジュールに戻りました。

スポーツ施設が使えるようになり、早速サッカーの練習試合が行われました。

みんなブランクを感じさせない、いい動きを見せていました。

それもそのはず、

コロナ規制でサッカー場が使えず、外で4人までしか集まれなかった先月までの期間、

子供達はプライベートレッスンを受け続けてきたからです。

公園や空きスペースに陣取る各クラブチームのコーチ達。

コンゴの元代表ストライカー、身長190cmのナイジェリア人、インド、ブラジル、フランス、イギリス、アメリカ人など、様々な国から香港に来てプロリーグに所属し、その後コーチとなって子供達を個人指導をしている光景は圧巻でした。

私の子供は、日本代表の経験もある元川崎フロンターレの井川祐輔コーチが個人指導してくださるという、私から見てもなんとも羨ましい状況です。

もう1年半近くお世話になっています。

個人の技を徹底的に磨くことで、チームの中でより活躍できるようになるので、

強くなりたい子供達は、クラブチームと並行して、普段から個人レッスンも受けています。

狭いスペースを使った、個人技指導専門のサッカー塾もあります。

香港の学校では、スポーツ、文化の課外活動は様々な民間のクラブが運営しています。

学校が各民間クラブをまとめ、施設を貸し、クラブによっては運営資金を提供します。

シーズンごとに違うクラブへ参加したり、違う学校の子供も参加できます。

メリットは、専門の知識、経験を持った指導者から学べること。

より強いチームへと参加クラブを変えることも可能です。

例えば、民間のテニスクラブが学校で放課後にレッスンを行うのです。

もっと上手になりたければ、他のクラブも含めてグループ、個人レッスンを申し込めます。

上手な選手はクラブの選抜チームで練習し、試合に参加します。

大人向けのレッスンもあります。

民間クラブが学校の課外活動を支えるので、

学校の先生は授業に集中できます。

日本では学校の先生が、全く経験がなくても部活の顧問になることがあります。

私は中学高校で新体操部に所属していました。

県代表になるチームだったので、ベテランの先生が中高をまとめて指導し、

新体操を知らない先生が顧問になっても、ベテランの先生に全てを任せていました。

練習はかなり厳しく、お正月ぐらいしかまとまった休みがなく、

先生が全国大会や様々な遠征へ引率してくださいました。

学校の授業より、部活動に当てる時間の方が圧倒的に長く、

多くのプライベートな時間を割いて熱心に指導してくださった先生には本当に感謝しています。

 

いま、日本では、こうした学校の部活動のあり方が問題になっています。

先生方に長時間労働を強いることになったり、少子化で子供が集まらないため休部、廃部となったり。

日本には、サッカーや野球など民間のクラブチームが数多くありますが、

学校の部活とは別組織で、参加できる大会も別です。

甲子園、高校総体、全国中学大会などへは学校の部活に所属していないと参加できません。

日本の学校の部活を、香港のようにクラブチームが運営し、大会にも参加できるようになったら。

子供達は、専門知識を持った指導者から学べ、

学校の先生は授業に専念できる。

チームへの参加、変更が柔軟であれば、子供たちの選択肢が増える。

少子化でも、複数の学校から集まった子供が一緒にチームを編成できる。

と思うのですが、みなさんいかがでしょう。

先月、名古屋市は、市立小学校で、放課後に教員が指導していた”部活動”ではなく、民間委託による新しい活動を始めました。

 

日本の学校の部活動改革はこれからです。

将来的には、民間クラブが学校の部活動を受け持つとともに、

大人向けのレッスンも設け、

地域のみんなが生涯、文化、スポーツ活動を楽しめる場が日本にできてもいいのではないでしょうか。

青山 祐子YUKO AOYAMA

青山祐子 筑波大学卒業後、NHKに入局。長野、トリノ、ソルトレークシティー、北京、バンクーバーオリンピック現地キャスター、2008年4月~2011年4月 NHK「ニュースウォッチ9」メインキャスター、NHK「スタジオパークからこんにちは」司会など、スポーツからトーク番組、ニュースキャスターなどさまざまに活躍し、2019年に退職。2020年よりフリーに。プライベートでは4児の母で香港在住

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ