VERY STORE
VERY September 2020

VERY

September 2020

2020年8月6日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

前田有紀ブログ「家族の輪郭」

すっかり7月になって夏らしい日々ですね。

家の外では夕方になるとひぐらしの音が少しずつ聞こえるようになりました。真夏がもうすぐやってきますね。

 

私はあっという間に臨月になりました。

こちらのコラムは月に一度を目安に綴っているのですが、

少し前の記事を振り返ると、少しずつお腹が膨らんでいってきているのがわかります。

1人目の時は、毎日こまめに体調やお腹の様子をメモに書いていたのですが、

2人目になるとかなりズボラになり何も残せていません。

そのため、ここで綴る月一のブログが貴重な記録になっています。

 

先日の産院での検診で、「お、いい感じに降りてきてるね〜」と

先生からコメントがあり、いよいよだ!と我が家でもスケジュール調整や

必要なものを用意したり、名前を再考したりとソワソワしています。

 

振り返ると、想像していた妊娠期間と違っていたのは、

やはり長男となる息子と過ごした時間がとても色濃かったこと。

4月からのステイホームからはじまり、保育園から自宅保育に切り替わり、

私も夫も住まいのある鎌倉から東京の往復がなくなり、

家族3人きりで過ごすことが当たり前になり、

本当にたくさんの気がつくことがありました。

これまで、いつも両親や友達ファミリーなどたくさんの人と触れ合いながら、

いろんな場所に出かけて、忙しく日々を過ごしていたので最初は寂しくもありましたが、

人に会わなくても、どこかまで出かけなくても、

3人でいられたら十分楽しめるということ。

 

ステイホーム期間によく寝る前に3人で布団に寝転んで遊んでいると、

「こんなにたのしい!こんなにたのしい!」と息子が口癖のようにいっていました。

(つたない言葉ながら彼の中では「最高に楽しい!」という意味だと思います。)

 

そっか、なにか特別な体験をしたり、たくさんの人に会ったりしなくても、

息子にとって、父母と笑顔で過ごす今が最高に楽しいんだ。そう気付かされました。

 

自然あふれる鎌倉での暮らしがあれば、みんなが元気であれば、

「家族3人きりでもこんなに楽しい!」ってこと。

それは我が家にとって、この期間に再確認することができた「家族の輪郭」です。

これからまもなく出会える4人目の家族を迎え入れ、

新しい家族の幸せの形を見つけていくのが楽しみです。

 

次の記事は、出産後になると思います。いいご報告ができますように。

 

前田 有紀MAEDAYUKI

前田有紀 フラワーアーティスト。大学卒業後、テレビ朝日アナウンサーとして活躍後、2013年に退社し、イギリスへ留学。帰国後、3年間の花屋での修行を経て、オリジナルフラワーブランドguiを立ち上げる。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ