VERY STORE
VERY March 2020

VERY

March 2020

2020年2月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

ギャップ萌え

OWLS ARE HOOT!
 
03 Sugekari Park.JPG

長女と私で真剣に作った雪ダルマ。右か左か。どっちが雪ダルマかわからないこの写真は、2008年2月14日、東京が大雪に見舞われた日に撮影した写真です。思えば昨日、千葉も大雪でしたね。東京はというと朝6時半頃に都内で一瞬ちらついただけ。慣れない雪に翻弄されたり小躍りしたり。降り積もるほどの雪はクリスマス以上のドラマをもたらしてくれます。でもでも、本格的に寒くなるのはこれから。なのに撮影は春物に移行しつつあり、すでに春夏物を買い揃えてしまった私としては、この季節に冬アイテムを追加することは異例の事。なんですが...。
 
PDCT AKI-K Broaches.JPG

表参道のLOTUS CAFÉで開催されていたiromono marketに、maegamimamiのMAMIちゃんと共に出店していた金澤あきさんのショップaki-k。そこに細やかな刺繍やニッティングのアクセサリーがたくさんあって。そして、私の目を引いたのがコレなんです。
 
PDCT Aki-K Broach on Marc Jacobs Knit.JPG

フクロウの毛糸ブローチ。隠れフクロウ好き。でもって、ファッション業界に身を置く主人が「何を今さら」ってな顔して「フクロウきてるよ」なんて言うものだから。
 
PDCT Owl Broach and iPhone case.JPG

確かにBURBERRY PRORSUMの2012AWコレクションではフクロウがフィーチャーされていたし、MARC BY MARC JACOBSのiPhoneカバーアニマルシリーズでもフクロウが一番人気らしいし、イギリスのオンラインブランドASOSにもフクロウアイテムが一杯だし...。ファッション業界のマーケティングにまんまと乗せられる女、ここにアリ。でもでも、コロンとした可愛い動物アクセサリーやモチーフを、イイ大人が、イイ女が、イイおかんが取り入れるそのギャップ。狙います。Googleで動物ブローチって検索したら一杯出てきました。裁縫は苦手なので、器用なアーティストさん達の手を借りて、この冬はギャップ萌えファッションを実行。猫の手も借りたいほど忙しい人には猫ブローチがおススメですよ!

クリス-ウェブ 佳子YOSHIKO KRIS-WEBB

2011年から専属モデルを務める。モデル業のほか、ラジオでのトーク、本誌巻頭エッセイを執筆し、書籍化するなどマルチな分野で活躍。交友関係、行動範囲はグローバルな彼女は二女の母でもある。

【あなたにおすすめの記事】

FEATURE

この記事もおすすめ